脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > ブライダル脱毛に通うおすすめの時期

ブライダル脱毛に通うおすすめの時期

女性にとっての結婚式は、生涯の伴侶との誓いとお披露目の日であるだけでなく、一生の思い出ともなる場。お祝いに駆けつけてくれる方々に、隙の無い、一番キレイな姿を見て欲しいですよね。そのための肌磨きとして、ブライダル脱毛はもはや定番とも言える存在になっています。今回は、花嫁姿を一層輝かせるためのブライダル脱毛について、脱毛のスタート時期を含めた脱毛計画について考えていきましょう。

失敗しないブライダル脱毛〜スタート時期は最低半年前がオススメ!

一般的に「ブライダル脱毛」と言えば、結婚式のドレス姿(和装も含めて)のために行う脱毛全般を言います。脱毛サロンにはあまり「ブライダルコース」の設定などはなく、必要な部位を考えて、自分で組み合わせて利用するのが普通です。

ドレスに合わせて脱毛するべき部位は、基本のワキと腕に加えて背中、そして顔と襟足周り(うなじ)が人気です。必要な部位だけの脱毛にとどめるのではなく、せっかく通うのだからと全身脱毛を選ぶ花嫁さんも近年多くなっています。脱毛サロンでの全身脱毛コースの場合、顔が範囲に含まれていない場合もあるので注意しましょう。

脱毛サロンに通い始める時期としては、遅くても半年前から脱毛をスタートするのがオススメです。ドレス姿で露出が多くなる背中や顔の毛は細い産毛なので、脱毛の効果が現れるのが遅くなり、一度の照射ではあまり違いを感じられない可能性があります。半年前から通い始めることで、結婚式までに3回程度の照射を受けることが可能になり脱毛コース終了とまではいきませんが、脱毛効果が実感できるようになります。できれば1年前から脱毛を開始できればより脱毛効果を実感できるようになります。

また、脱毛は体質や体調によって、かゆみや炎症が起きてしまう可能性があることや、1回の照射ではほとんど脱毛効果が感じられないため、結婚式の直前に初めて脱毛を受けるのはおすすめしません。

脱毛サロンよりも早く脱毛が進む医療脱毛に通ったとしても、コースを終えるまでには5回以上、1年ほどかかるのが脱毛です。ブライダル脱毛をする場合、結婚式の日時が決まったら即、通い始めたとしても早すぎるということはありません

時間がない時のブライダル脱毛は?〜最適時期と注意点

迷っているうちに結婚式が近づいてしまった、または忙しくてタイミングを逃してしまった場合でも、脱毛を始めることは可能です。ただし、脱毛の効果の程は回数に応じたものになるので、ブライダルシェービングの手配も必要です。シェービングの話題は後述するとして、式がせまってから脱毛をする時には、いくつか抑えておきたい注意点があります。

まず、脱毛そのものが初めての人は、肌への影響なども未知数ですから、直前に脱毛することは避けましょう。「脱毛を受けると数日後に毛が抜け落ちてくるので、タイミングを合わせれば一度でも効果あり」というブライダル脱毛の紹介文も見かけますが、肌荒れなどの可能性を考えるとオススメできません。また、顔や背中の産毛については、それほど劇的な効果は期待できないことも…。せっかくのハレの日を憂い無く迎えるためにも、無理して脱毛することだけは止めましょう!式前は忙しさや緊張感で、体調も崩しやすい時期ですから、その点でも初めて脱毛をするのには向きません。

脱毛サロンに通った経験があり、気をつけるべき点や体質的な問題がないことのわかっている人は、式に合わせての計画してみても良いかもしれません。それまでの経験と照らし合わせて、式当日を体毛の少ない状態で迎えられるように予約を確保しておきましょう。脱毛後の毛抜けが落ちるタイミングは、一般的には2週間くらいと言われますが、脱毛の進み具合や個人差があります。

とはいえ、体質は変わることもあり、体調はその時次第ですから、やっぱり無理は禁物です!ブライダル脱毛は必ずしもしなければならないものではありませんから、よく検討した上で実行してくださいね!

ブライダル脱毛後のシェービングはどの時期にするのが正解?

花嫁さんの身支度のひとつとして、脱毛以外によく行われているのがブライダルシェービング。顔と、首から背中にかけてのドレスで目立つ部分の産毛を剃り、同時に表面の角質層を薄く取り除くことで、肌の色が明るくなり、お化粧のノリが良くなると言われています。カミソリを直接肌に当てるため理容師の資格が必要で、理髪店やブライダルシェービング専門サロンなどで受けられます。

以前はほぼ必須と考えられていたこのブライダルシェービングですが、カミソリ負けや肌荒れの問題もあり、実は誰にでも一律でオススメできるものではありません。実際、式の準備として受けたシェービングで肌荒れを起こし、当日が台無しになってしまった人も…。肌の弱い方は、特に要注意なのです。最近では肌への刺激を抑えるという意味もあり、電気シェーバーでの産毛剃りだけで済ませる人も増えています。

ぶっつけ本番でのケアは危険すぎるということで、ブライダルシェービングの専門サロンでは、事前にお試しのシェービング(1ヶ月以上前)を行い、大丈夫なら式前のお手入れ(3~4日前)に進むというステップを踏むこともあります。お試しシェービングとお試しメイクを、前撮りに活用するコースなども近年は人気です。

ブライダル脱毛とシェービングを併用する場合、肌への影響を考えると日程が近すぎるのは不安ですよね。脱毛後の乾燥状態でシェービングを受けると、肌へ負担となる可能性も当然高くなってしまいます。十分に期間をあけるか、式前の時期の脱毛はブライダルシェービングの範囲外(ワキと腕全体)のみに留めるようにして、お肌をなるべく労るスケジュールに調整してくださいね!

ブライダル脱毛とシェービングは両方する意味はある?

脱毛と剃毛はどちらも肌への負担が大きいため、両方のお手入れを長期で続けるのは避けた方がよいです。特に結婚式前は肌に影響があるといけないので、両方行うのは避けておきたいところです。

理想としては脱毛サロンには事前に通って毛量を減らしておき、式のための準備としてブライダルシェービングを行うのが良い、ということになるでしょう。

計画的にブライダル脱毛をしていないとして、どちらかを選ぶとすれば、即効性の面から見てもシェービングが正解!ただし、上で説明したように肌荒れを起こす可能性もあるので、信頼できるサロンで行う事と、1ヶ月ほど前にお試しも済ませておくことをお忘れなく!

脱毛を継続している、または数回照射をしたけれどまだ産毛が減った感じがしない人も、シェービングで悩みを解決するのがオススメです。ただしその場合はシェービングサロンで脱毛との兼ね合いを相談して、必要とあれば脱毛をお休みするようにしてください。