脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 永久脱毛 > ヒゲの永久脱毛で後悔しないコツは?メリット・デメリットや回数の目安を解説

ヒゲの永久脱毛で後悔しないコツは?メリット・デメリットや回数の目安を解説

ヒゲの永久脱毛で後悔しないコツは?

毎日の面倒なヒゲ剃りから開放される手段の1つが脱毛です。最近はメンズ専用のサロンやクリニックなど、初めての人でも気軽に通える店舗が増えてきました。

しかし、ヒゲを永久脱毛することはメリットだけではありません。デメリットを知らずに脱毛を始めてしまうと後悔につながりかねません。

この記事では、ヒゲを永久脱毛できる方法や永久脱毛するメリット・デメリット、実際にヒゲを永久脱毛をする際に参考にしてほしいヒゲ脱毛の効果が出る回数や脱毛できる範囲の目安、そしてヒゲの永久脱毛ができる医療脱毛クリニックや脱毛中の注意点について説明しています。

ヒゲを永久脱毛できる脱毛方法

日本で永久脱毛する場合、医療脱毛が唯一の方法

ヒゲを脱毛する方法はいくつかありますが、日本で「永久脱毛」と呼べるのは医療脱毛クリニックなどでできる医療脱毛のみです。医療脱毛は医療用レーザーやニードルを使用して、毛を作る役割を果たす「毛乳頭」にダメージを与える事で毛を生やす力をなくしていきます

永久脱毛の定義

「永久脱毛」と聞くと「生えてる毛を100%完全に生えなくする」というイメージがありますが、実際には全ての毛を二度と生えてこなくさせるという意味ではありません。

永久脱毛は米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように定義付けられています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

契約回数分が終わり脱毛効果に満足したあとでも、ホルモンバランスの変化などによって再度ヒゲが生えてくる場合もあるので、その点は覚えておきましょう。

ヒゲを永久脱毛する方法①医療レーザー脱毛

ヒゲの永久脱毛で一般的なのが、医療用レーザーによる脱毛です。

医療用レーザーは毛のメラニン色素に反応してレーザーを照射するタイプや、色素の濃さに関係なく毛包に弱いエネルギーを与えるタイプなど、機種により得意とする毛質・肌質が異なります。医療レーザー脱毛は1回の脱毛にかかる時間が短時間ですが、使用する機種によってはほくろや濃いシミの上にある毛や、白ヒゲ等は照射できない場合があります。

ヒゲを永久脱毛する方法②医療針(ニードル)脱毛

ヒゲを永久脱毛できるもう1つの方法が、医療針による脱毛です。医療針ができるクリニックはかなり少数ですが、医療レーザー脱毛と違いほくろや濃いシミの上に生えているヒゲや色素の薄い白ヒゲでも脱毛することができます。

ただし、1本ずつ処理するため時間がかかり、毛穴に直接針を指すため強い痛みを伴います。

永久脱毛ができる脱毛方法には医療レーザーとニードル脱毛がありますが、現在多くの医療脱毛クリニックで採用されているのは医療レーザー方式の脱毛です。

ヒゲを永久脱毛するメリット

ヒゲを永久脱毛するとどんなメリットがあるかまとめました。

髭剃りの時間から開放される

ヒゲの生え方や処理方法にもよりますが、多くの男性は1回の髭剃りで約5分ほどの時間を費やしています。中には毎日ヒゲを剃る必要は無かったり、休みの日はヒゲを剃らないという方もいると思いますが、日常的にそれを繰り返すと考えるとものすごく時間を消費することになります。

ヒゲを永久脱毛することで身支度にかかる時間を削減できるので、外出前の時間を有意義に過ごすことができるようになるでしょう。

肌へのダメージが減る

毎日シェービングを続けていると、肌に負担がかかり、カミソリ負けをしてしまうことがあります。特に敏感肌の方は、シェービングフォームを使ったり髭剃り後に肌を保湿するなど予防していても、ヒリヒリしたり発疹ができてしまうことがあります。

ヒゲを永久脱毛すると肌に負担をかける機会自体が減るので、日常的に受けるダメージも減らすことができます。

青ひげが無くなる

色白の方だと特に気にする方が多いと思いますが、髭剃りで肌の表面のヒゲを無くすことができても、毛根に埋もれている青ひげまでは処理できず、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。

レーザーやニードルによる髭脱毛では毛根内部の毛にも効果があるため、永久脱毛することで青ひげを無くすこともできます。

後悔しないために知っておきたいヒゲの永久脱毛のデメリット

永久脱毛でヒゲをなくすことはメリットだけではありません。後悔しないためにヒゲを永久脱毛するデメリットも確認しておきましょう。

痛みが強い

永久脱毛でどうしても避けられないのが脱毛の痛みです。

医療レーザーは使用する機種によって痛みを感じにくいものもありますが、基本的には黒く太い毛ほど反応するよう作られているため、太い毛であるヒゲは痛みを感じやすくなります。しかも顔は体と比べ皮膚が薄く、通っている神経の数も多いため、照射時の熱によって感じる痛みが大きくなりやすい特徴があります。

ニードル脱毛の場合は毛穴に直接針を指して処置していくため、レーザー脱毛以上に痛みを強く感じるようです。

永久脱毛ができる医療脱毛クリニックの多くは、希望すれば麻酔を使用できるところが多いので、永久脱毛の痛みが心配な人は麻酔ありと明記してあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

途中ヒゲがまばらな時期がある

体毛はそれぞれ毛周期が違うため、抜けていく速度もそれぞれです。これはヒゲに関しても例外では無く、脱毛を続けていくと生え方がまばらになってしまう時期が出てきます。

まばらな状態で伸びてしまうと格好よくはないので、気になる場合は毎日剃ることで目立たなくすることができます。

一時的に泥棒ヒゲになる

医療レーザーでヒゲ脱毛をすると、一時的に泥棒ヒゲのように髭が濃く見えてしまう事があります。

これはレーザーによって焼き切れなかったヒゲが熱により膨張して肌の表面に浮き上がるため、脱毛をする前よりも濃くなったように見えてしまいます。

およそ3日~10日ほどで抜け始めるので、毛抜き等で抜いたりせずに自然と抜け落ちる事を待ちましょう。

脱毛をはじめたての1~2回目ぐらいの時期に特に出やすいので、気になる方はマスク等をして過ごすようにすると良いでしょう。

再びヒゲを生やすことはできなくなる

ヒゲの永久脱毛をしたあとでも、時間が経つとほんの少し髭が生えてくることはありますが、脱毛前のように再び元気に生え始めることはありません。

医療脱毛クリニックは、1回コース・3回コース・5回コースというように回数プランを用意しているクリニックが多いので「ヒゲを完全に無くしてしまう事が不安」という方や「少しは残したい」という方は少ない回数から契約してみると良いでしょう。

ヒゲの永久脱毛の範囲・回数・期間の目安

髭の永久脱毛を実際に始める前に、医療脱毛クリニックでレーザー脱毛をする時の、範囲や回数、通うペースの目安を把握しておきましょう。

ヒゲ脱毛の範囲の目安

「ヒゲ」と一括りにして説明してきましたが「アゴひげ」「鼻ヒゲ」などヒゲの中にも様々な種類があります。

髭脱毛ができるクリニックでは、主に以下のように分類されている事が多いです。

  • 鼻下
  • ほほ
  • もみあげ
  • アゴ
  • アゴ下

それぞれ1部位ずつ脱毛するプランよりも、複数の部位がセットにされたプランの方が料金が安い場合が多いので、自分の脱毛したい部位がセットに含まれている医療脱毛クリニックで永久脱毛をすると良いでしょう。

ヒゲ脱毛の回数の目安

髭の濃さや脱毛時に使用する機種によって効果の出方には個人差がありますが、ヒゲ脱毛で効果が出る回数の目安は以下の通りです。

3~4回:髭が薄くなりはじめる。青髭が改善される。

5~8回:髭がへり、自己処理がラクになりはじめる。

10~15回:髭がほとんどなくなる人が出始める。

鼻下など特に皮膚が薄いパーツは照射するレーザーのレベルを下げなければ火傷してしまう恐れがあるため、回数が1~2回増える場合があります。

ヒゲ脱毛の通うペースの目安

永久脱毛のうち医療レーザーによるヒゲ脱毛の場合、ヒゲが生え変わるサイクルにあわせてレーザーを照射させるため6~8週間に一回を目安に通うクリニックが多く、青髭が目立たなくなるのに約半年、ヒゲがほとんどなるまでには平均1年半くらいかかる計算になります。

ただ、何回か脱毛していくと、だんだん生えてくるヒゲの毛質や毛量が変化して生え揃うのに時間がかかるようになります。ある程度生え揃った状態でレーザーを照射したほうが効率よく脱毛できるため、回数を重ねるごとに通う間隔は開いていくと覚えておきましょう。

ヒゲの永久脱毛ができる主な医療脱毛クリニックの値段

最後に、全国的に展開している医療脱毛クリニックで、医療レーザーによるヒゲの永久脱毛ができる主なクリニックの値段を紹介します。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、上口ヒゲ(鼻下)・アゴ・アゴ下の人気3部位が、6回30,350円(税込)で脱毛できます。

痛みに弱い方のために用意されている笑気麻酔は1回につき2,200円(税込)です。

全国に79院と店舗数が多く、店舗移動も可能なので予約が取りやすい事も特徴です。

プラン名 料金 麻酔
ヒゲ3部位
(上口ヒゲ・アゴ・アゴ下)
1回 9,980円
3回 20,160円
6回 30,350円
笑気麻酔(ガス麻酔)
1回/2,200円
ほほ+もみあげ 1回 8,650円
3回 20,160円
6回 30,350円
1回 6,180円
3回 17,730円
6回 29,280円
※価格は全て税込み

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックの「ヒゲ脱毛完了コース」は、6回目の照射終了後3年間、1回につき110円(税込)で追加照射ができます。

気になる部位1ヶ所を1回11,000円で受けられるトライアルコースもあるので、医療脱毛を体験してみたいという方にも向いています。

プラン名 料金 麻酔
髭脱毛完了コース※1
(鼻下・アゴ・アゴ下)
6回 75,680円
6回目以降 1回ごとに110円
笑気麻酔(ガス麻酔)
1回/2,200円
麻酔クリーム(皮膚麻酔)
1回/3,300円
全部位
(鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首)
1回 52,800円
トライアル1部位 1回 11,000円
※価格は全て税込み
※1ほほ・もみあげは6回64,460円(税込)、首は6回49,500円(税込)で追加可能

メンズリゼ

リゼクリニックはコース終了後、1回料金が定額の半額以下になることが特徴です。

学割・乗り換え割・ペア割などの割引キャンペーンもあるので、それらを活用出来る方は利用してみると良いでしょう。

プラン名 料金 麻酔
セレクトヒゲ3部位 ※2 1回 26,400円
3回 49,280円
5回 75,680円
コース終了後 1回 12,430円
笑気麻酔(ガス麻酔)
30分/3,300円
麻酔クリーム(皮膚麻酔)
1回/3,300円
ヒゲ全体脱毛セット 1回 33,880円
3回 64,680円
5回 100,980円
コース終了後 1回 16,940円
※価格は全て税込み
※2鼻下、ほほ+もみあげ、あご、あご下の中から3部位選んで脱毛するプラン

ヒゲを永久脱毛するためには継続的に通う必要がありますが、医療脱毛クリニックの中には、初診料・再診料・薬代などの料金が発生し、コース料金以外の部分でもお金がかかってしまうクリニックもあります。 上記の3院はそれらが一切かからないので、料金表に記載した通りの値段で通えます。

ヒゲを永久脱毛している間の注意点

医療レーザーの場合、高出力でレーザーを照射していくため、照射時の熱によって肌に負担がかかり赤みや痛みが生じることがあります。

それを踏まえたうえで、ヒゲの永久脱毛をした後に注意すべき点を紹介します。

脱毛当日の髭剃りはNG

髭が濃い人だと1日に複数回髭を剃る事が日課だと言う方もいるかもしれませんが、脱毛した当日の髭剃りは控えるようにしましょう。

ヒゲ脱毛をした直後は肌にかかる負担が大きく、刺激を受けやすい状態です。その状態で髭剃りをするとカミソリ負けをしやすくなったり、赤みやかゆみが起きる可能性があるので注意しましょう。

日焼けを避ける

ヒゲ脱毛に通っている間は日焼けをすることはNGです。

前述した通り、永久脱毛の際に使われるレーザーは、毛のメラニン色素に反応して照射を行うものがあります。

日焼けしている状態の肌はメラニン色素を多く含み、肌が炎症を起こす可能性が高いので、脱毛自体を拒否されてしまうことがあります。

脱毛当日に日焼け止めを塗るのはNGですが、それ以外の日で日差しが強い日はなるべく日焼け止めを塗って過ごすようにしましょう。

脱毛した日は飲酒・入浴を控える

飲酒や入浴を行うと体内の血行が良くなります。

脱毛により肌に熱が籠っていたり傷がついている状態で血行が良くなると、肌に炎症が起きたり内出血が発生する場合があります。

湯船に浸からずシャワーを浴びるだけであればOKとするクリニックも多いのですが、脱毛後24時間は飲酒・入浴は控えましょう。

肌荒れ等が起きたら相談を推奨

永久脱毛ができる医療脱毛クリニックには医師や看護師が必ず常駐していて、脱毛により起きた肌荒れなどに対しては無料で対応してくれるクリニックが多いです。

脱毛後に塗り薬を提供してくれるクリニックもありますが、もし炎症などが起きた場合はすぐに連絡をすると良いでしょう。

ヒゲの人気3部位6回が30,350円の湘南美容

湘南美容クリニックは、鼻下・アゴ・アゴ下の3部位が6回30,350円です。そこにほほ・もみあげ・首を含めたヒゲの全部位を脱毛するとなると6回89,980円となります。

ヒゲの永久脱毛は長期戦になるので、ストレスフリーで通い続けられることを求められます。

湘南美容クリニックは店舗数が多いため総合的な予約枠が多く、プランや麻酔等のオプション以外の部分で料金も発生しないため、長期的に通うことにも適していると言えます。

鼻下・アゴ・アゴ下の3部位であれば1回10~15分ほどで終わるので、ちょっとした隙間時間に通う事も可能です。

記事閲覧数 ランキング