脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 永久脱毛 > 自宅で簡単に永久脱毛はムリ??効果のあるセルフ脱毛の方法を解説

自宅で簡単に永久脱毛はムリ??効果のあるセルフ脱毛の方法を解説

永久脱毛は自宅でも行える?効果のあるセルフ脱毛の方法

自宅で永久脱毛が行える光美容器はあるのか、自宅で永久脱毛はできないのか?を調査しました!

自宅で効果があるセルフ脱毛の方法を解説し、自分で簡単にできる光美容器についてもご紹介しています。

※本記事では、家庭で使用ができる脱毛器のことを家庭用光美容器(または光美容器)と表記しています。

永久脱毛は自宅でできる?

永久脱毛をしたいけど、通うのが面倒だしお金がかかる、人前で肌を見せることに抵抗があるという方のなかには自宅で永久脱毛ができたらいいなと考えている方は多いと思います。

確かに自宅で簡単に永久脱毛ができれば自分の好きなタイミングででき通う手間もなくなりますが、結論から言えば永久脱毛は自宅ではできません。

永久脱毛はレーザー脱毛を取り扱う医療クリニックや皮膚科のみができ、毛根を刺激して行うため痛みを伴うこともあり、専門の医師にしかできない脱毛法になります。

永久脱毛は自宅でできる脱毛ではないので、永久脱毛を考えているならクリニックなどの医療機関を検討するとよいでしょう。

永久脱毛は米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって定義付けらています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

「永久脱毛=永久に毛が生えてこない」という脱毛方法を指すわけではありません。

自宅で永久脱毛はできない?!効果のある方法とは

自宅で永久脱毛を行う方法は難しいというのが現状ですが、処理後の毛穴が目立たなくなり自宅で簡単にできる自己処理の方法としては毛抜き、カミソリ、除毛クリーム、ワックス、電動シェーバー、家庭用光美容器の6つがあげられます。 この6つの特徴としては以下のとおりです。

毛抜き

毛抜きはピンセットなどで毛根から毛を引き抜く方法です。

毛根から抜くため次の毛が生えてくるまでに2~3週間の長い期間がかかるのでキレイな状態を保つことができますが、毛穴を傷めてしまう原因にもなります。

毛穴が傷むことで角質がたまりやすく毛穴が塞がってしまい、次に生えてくる毛がなかにたまってしまう場合もあります。

毛抜きは毛を抜くことでキレイに処理できるので実際に行っている方も多いと思いますが、肌に影響を与えてしまう点を考えるとなるべく避けたい自己処理法です。

カミソリ

カミソリはT字の刃で肌表面をすべらせるように毛を剃っていく方法で、処理後は1日~3日ほどで毛が生えてきます。

どこでも売っているので手に入れやすく急な予定にも対応しやすい方法ですが、刃で肌表面が削られてしまうため肌の乾燥を招きやすく、人によっては毛穴が目立ちやすくなったり、繰り返すうちに毛が太くなってしまう場合があります。

泡立てたボディーソープや石鹸などをつけてから剃る方も多いと思いますが、肌への刺激になるためシェービング用のクリームを付けて剃る方法が望ましいです。

カミソリは急を要する際には取り入れやすいですが、肌への刺激があるため使用後は必ず保湿をするなど肌のケアも合わせて行いましょう。

電気シェーバー

サロンやクリニックで脱毛を行う際に推奨されることの多い自己処理の方法で、刃が直接肌に触れることなく毛のみを処理することが可能です。

使用感がソフトで肌を傷めることなく処理できますが、電池の交換が必要だったり場合によっては壊れる可能性があるため、カミソリと比べても多少のコストがかかり、ほそく細かな毛の処理までは難しいのが現状です。

処理後は1~3日ほどで毛が生えてきますが、持ち運びできるものが多く簡単に処理でき、サロンやクリニックでも剃り残しがあった場合に電気シェーバーで対応している点からも、肌に優しく自己処理したい方には向いている方法と言えます。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かして除毛していく方法です。

毛が生えるスピードは部位や人により異なりますが、除毛後3日~1週間ほどはキレイな状態を保つことができます。

根元から毛を溶かすので処理後は毛穴が目立つこともなく肌がすべすべになるので、見た目と肌触りは満足のいくものが多いですが、毛を溶かす成分が入っているため人によっては肌に刺激を感じる場合があります。

除毛クリームには強い成分が配合されているため、肌質問わず必ずパッチテストを行ってから使用するのが望ましいです。使用感がよく保湿性が高い除毛クリームも多く販売されているので、肌に合えば日頃のケアに使用するのもアリです。ただし、除毛クリームは内容量に限りがあるので全身の除毛をするというより、腕や脚など部分的なケアに使用するとよいでしょう。

ワックス

ワックスは毛を抜いて除毛していく方法で、処理後2週間~3週間はキレイな状態を保つことができます。

毛抜きと同様、毛根から毛を引き抜くため見た目ではキレイに処理できますが、毛穴を傷めてしまう場合があります。ワックスは粘着力の強い液体を肌に塗布し、剥がすと同時に毛を引き抜いていくため強い痛みを感じることが多く、毛穴だけでなく肌への影響も大きいです。ワックスで自己処理する際には毛を1cm以上生やしておく必要もあるため、処理前の見た目も気になるところです。

毛穴や肌への影響を考えても、とくに肌が敏感な方にはあまりおすすめできない処理方法です。

家庭用光美容器

家庭用光美容器はサロンと同じ光を使って脱毛していく方法で、フラッシュ式やレーザー式などの脱毛方式が搭載されています。

家庭用光美容器はカミソリや電動シェーバーなどに比べると価格がぐんと高くなりますが、しっかり行えばサロンで脱毛したような脱毛効果を得ることができます。

サロンやクリニックに通って脱毛するより時間はかかりますが、回数を重ねれば脱毛効果が期待できます。

自宅で永久脱毛をするのは難しいですが、家庭用光美容器ならサロンやクリニックと近い脱毛方法でお手入れを行うことができます。

カミソリや電気シェーバー、除毛クリーム、ワックスなどは市販でも購入でき自宅で簡単にできる処理方法ですが、サロンやクリニックで行える脱毛とはまったく別物になります。物理的に毛を処理していくため肌に負担がかかるばかりか、処理後は数日~数週間ほどで新たな毛が生えてくるので再度処理が必要になります。

家庭用光美容器は使い始めは自己処理が必要ですが、カミソリや除毛クリーム、ワックスなどと違って何度か使用していくうちにサロンやクリニックで脱毛するような効果が得られます。

永久脱毛までの効果は難しいですが、自宅で簡単に脱毛したいと考えているなら、家庭用の光美容器を使って脱毛していく方法もありでしょう。

自宅で簡単に脱毛が行える家庭用の光美容器とは?

販売されている家庭用光美容器には様々な種類がありますが、そのなかでも脱毛効果があるものは、サロンでも用いられている「フラッシュ式」や医療脱毛で用いられるレーザーを家庭用に出力を抑えた「レーザー式」の光美容器です。

この2つの方式を採用している光美容器は、メラニン色素に反応する光を照射し、毛を作るはたらきをしている部分にダメージを与えて脱毛を行います。

家庭用なので素人でも照射できるよう光の出力は抑えて作られていますが、正しく使うことで毛が生えるスピードが遅くなったり生えてくる毛が少なくなるなどの「減毛・抑毛」の効果が実感できます。

さらに家庭用の光美容器は、以下の点をポイントに使うことで高い効果が期待できます。

  • 光美容器で決められている使用頻度で使用する
  • 継続して使用する
  • 肌の保湿ケア

販売されている光美容器には使用頻度が決まっているので、決められた間隔に合わせて使用していきます。そしてある程度回数を重ねて毛が生えるスピードが遅くなったと感じてきたら、毛が生えるタイミングに合わせて継続的に使用しましょう。

そうすることで次第に毛質が柔らかく細くなり、全体的に毛量が減るので自己処理の頻度も減っていきます。

また光美容器は熱を照射して脱毛していくので肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥している状態で照射してしまうと、痛みを感じやすくなるばかりか脱毛効果もおちてしまうので、いつもより念入りに肌の保湿を行ってください。

家庭用の光美容器であっても以上のことを意識して使用すればサロンと同じ脱毛効果が見込めるので、自宅で簡単に脱毛したい方は光美容器も検討してみるといいでしょう。

自宅で簡単にセルフ脱毛するならコレ!

自宅で簡単にセルフ脱毛したいという方に光美容器を3つご紹介します。

ケノン

ケノンはカートリッジが交換でき、脱毛したい部分や毛質によって使い分けることができ、時期により様々な購入特典が用意されています。

標準で付いてくる「スーパープレミアムカートリッジ」は、最大で300万発照射が可能で、10日に1回の頻度で全身脱毛を行っても33年分もの照射回数が搭載されています。

スーパープレミアムカートリッジ1つだけでも十分な回数が備わっていますが、別購入の「美顔スキンケア」や「ラージ」「エクストララージ」「ストロング」は用途や脱毛部位によって交換することができます。

照射回数が多いものがいい、家族で使い回したいという方に向いている光美容器です。

価格 69,800円(税込)
照射面積 4.5c㎡~9.25c㎡
使用頻度 2週間に1回
照射可能部位 顔(眉、目、唇は除く)・脇・腕・胸毛・お腹・手の甲指・モモ・すね・Vライン
機能 照射レベル10段階調整・連射モード・自動モード・タッチセンサー

脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボ・ホームエディションは、大手脱毛サロンの「脱毛ラボ」から販売されている家庭用の光美容器で、業務用と変わらないパワーで作られています。

サロン同様の脱毛効果が期待できるだけでなく、顔やVIOまで全身の脱毛を行えます。

片手に収まる大きさで簡単に操作でき、照射面積が4.16c㎡なので広範囲から細かな部分の照射が可能です。

冷却クーリング機能が付いているため照射後の肌の冷却が不要なところも魅力のひとつです。

カートリッジ一体型になっているため交換の必要がなく、全身の脱毛を行っても300回分の脱毛ができます。

価格 64,980円+税
照射面積 4.16c㎡
使用頻度 使用開始1ヶ月~3ヶ月は2週間に1回
4ヶ月以降は1ヶ月に1回
照射可能部位 おでこ・こめかみ・小鼻・鼻下・もみあげ・あご周り・ワキ・うなじ・腕・手の甲と指・乳輪・胸・脚・背中・VIO・ヒップ
機能 照射レベル5段階調整・連射モード・冷却クーリング・タッチセンサー・照射回数表示

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリアは日本で唯一アメリカの政府機関(FDA)から許可を受けている光美容機器で、医療脱毛で使用されている蓄熱式ダイオードレーザーと同じレーザーを照射できる光美容器です。

レーザーなので多少の痛みを感じやすいですが、家庭用に作られているため自宅で簡単にレーザー脱毛が行えるという点で多くの方に支持されています。

医療脱毛クリニックで脱毛するより弱いですが、脱毛回数を重ねて長期的に使用すれば、自己処理の頻度を軽減するこができます。

ただし、トリアは充電1回で使用時間は30分と短く、照射面積が狭いので全身の脱毛を行うには時間がかかります。

全身の脱毛がしたい場合は部位を日ごとに分けて脱毛するか、気になる部分のみに脱毛していく方法が適しています。

価格 40,530円(税込)
照射面積 1c㎡
使用頻度 2週間~4週間に1回
照射可能部位 顔の鼻から下・ワキ・腕・脚・手足の指・腹部・胸・背中・Vライン
機能 照射レベル5段階調整

自宅で永久脱毛できない?!クリニックを検討するならココ

どうしても永久脱毛したいという方は、効果が高いクリニックでの脱毛を検討してみましょう。

全国展開し通いやすいクリニック3つをご紹介します。

レジーナクリニック

レジーナクリニックには全身脱毛プランと好きな部位を選ぶ部位別の脱毛プランがあり、それぞれの脱毛プランは、1回・5回・8回から脱毛回数を選べます。

カウンセリング時には、ひざ下ひじ下に無料のテスト照射が4ショット受けられ、痛みを感じやすいVIOには無料で麻酔クリームの対応もあります。

脱毛プラン以外の診察料や処置料金などの追加料金がかからないので、脱毛にあまりお金をかけたくない方は検討してみるとよいでしょう。

脱毛範囲 全身脱毛
部位別脱毛
脱毛料金 全身脱毛(顔・VIO除く)5回189,000円+税
全身脱毛(顔・VIO含む)5回369,000円+税
VIO脱毛セット5回84,000円+税
両ワキ脱毛セット5回12,000円+税
脱毛に通う頻度 2ヶ月に1回
麻酔の使用 無料対応あり
シェービングサービス 剃り残し無料対応
テスト照射 可能
店舗移動 可能(転院として手続きが必要)

エミナルクリニック

エミナルクリニックの脱毛プランは全身脱毛のみを扱っています。

全身脱毛といっても、顔やVIOを除いたプランや顔またはVIOを含むプラン、顔とVIOを含む3つのプランがあり、1回と5回で選べます。

学生証の提示で10%オフになる「学割」や、他店からエミナルに乗り換えた場合の「のりかえ割」、友達や家族と一緒に契約した場合の「ペア割」などのキャンペーン割引きが豊富にあります。

部分別の脱毛はありませんが、最初から一気にまるごと脱毛したい方にはエミナルクリニックでの脱毛が向いています。

脱毛範囲 全身脱毛
脱毛料金 全身脱毛(顔・VIO除く)5回159,000円+税
全身脱毛(顔・VIO含む)5回268,000円+税
脱毛に通う頻度 1ヶ月前後に1回
麻酔の使用 有料対応あり
シェービングサービス 手の届かない部位の剃り残しは無料対応あり
そのほかは1部位1,000円(税込)で対応可能
テスト照射 可能(契約後に利用可)
店舗移動 可能(転院)

アリシアクリニック

アリシアクリニックの脱毛プランは、全身脱毛とパーツごとに選べる部分脱毛があります。

全身脱毛の脱毛回数は4回の設定になっていますが、5回目以降は50%オフの価格で脱毛が受けられます。

1ヶ月に1回の頻度で通え、全身1回にかかる時間が30分と短いため、脱毛にあまり時間をかけたくない方に向いています。

アリシアクリニック間で移動ができるので、空きがあるクリニックに予約を入れることも可能です。

脱毛範囲 全身脱毛
脱毛料金 全身脱毛(顔・VIO除く)4回158,400円+税
全身脱毛(顔・VIO含む)4回242,400円+税
両ワキ脱毛3回27,300円+税
VIO脱毛3回100,800円+税
脱毛に通う頻度 1ヶ月に1回
麻酔の使用 一部クリニックにて対応あり
シェービングサービス 剃り残し無料対応(うなじ、背中、腰、Oラインのみ)
テスト照射 可能
店舗移動 可能

永久脱毛は自宅でできない!除毛クリームを検討するならコレ

家庭用光美容器はもちろん医療脱毛クリニックは手が出せないという方は、見た目の効果だけでもよいのであれば除毛クリームを検討してみましょう。

Moomo(ムーモ)

ムーモは除毛クリーム独特のツンとした匂いを抑えラベンダーの香りを採用しています。

太く濃い毛にも高い除毛効果が期待でき、毛穴の奥に入り込んで除毛していくので、除毛後の毛穴が目立ちにくくなります。

除毛効果がしっかりありながら、高保湿成分であるシアバターやシソエキス、大豆エキスなども配合し、除毛による肌への負担も軽減できます。

使用後には肌がしっとりする、すべすべになるなどの意見が多くあるので、肌に優しく除毛効果が高いクリームを探している方に向いています。

価格※1 初回980円(税込)
除毛可能範囲 脇・ひじ上下・えり足・胸・お腹・へそ周り・へそ下・手の甲と指・ひざ・ひざ上下・背中・足の甲と指
配合成分 有効成分:チオグリコール酸カルシウム
そのほかの成分:シアバター・シソエキス・大豆エキス
内容量 120g
敏感肌への使用※2
※1)初回980円(税込)は定期コース1回目の価格になり、2回目以降は4,989円(税込)になります。
※2)心配な方はパッチテストを行ってから使用して下さい。

永久脱毛は自宅ではできない?まとめ

自宅でも永久脱毛ができればいいなと思う人は多いと思いますが、実際には医療レーザー脱毛を扱う医療機関でしかできない脱毛法になるため、永久脱毛にこだわるなら医療機関での脱毛が適していると言えます。

しかしどうしても自宅で永久脱毛したいという方は、家庭用の光美容器を検討してみるのもひとつの方法です。

永久脱毛はできませんが、家庭用の光美容器であっても継続的に使用することで毛が気にならなくレベルの脱毛効果が得られます。