脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 除毛クリーム > ムーモ(moomo)除毛クリームの脱毛効果は?使い方や口コミを調査

ムーモ(moomo)除毛クリームの脱毛効果は?使い方や口コミを調査

除毛クリーム・ムーモ(moomo)の特徴と脱毛効果をご紹介しています。

ムーモで脱毛できるのか、実際に使って使い心地や効果を検証・評価し、口コミレビューしています。

ムーモの正しい使い方や、髭・VIOへの使用、売っている場所についても解説しているので、これから購入したい方、使い方に不安のある方は参考にして下さい。

ムーモ除毛クリームの特徴

ムーモは塗って流すだけで簡単に毛が除去できる除毛クリームです。

毛穴の奥まで除毛成分が入り男性の太くて濃いすね毛や脇毛まで除毛できる成分が配合されており、厚生労働省に認められた医薬部外品となっています。

除毛クリームにありがちな独特な匂いを抑え、ラベンダーの香りで除毛中のツンとした匂いを抑えています。

脱毛効果がしっかりありながらも、保湿成分にはシアバターを中心にシソエキスや大豆エキスなども配合されているので、肌に優しく負担がかかりにくい内容でつくられています。

使用後には肌がすべすべになり、しっとりとした効果も期待できます。

価格※1 初回980円(税込)
除毛可能範囲 脇・ひじ上下・えり足・胸・お腹・へそ周り・へそ下・手の甲と指・ひざ・ひざ上下・背中・足の甲と指
配合成分 有効成分:チオグリコール酸カルシウム
そのほかの成分:シアバター・シソエキス・大豆エキス
内容量 120g
敏感肌への使用※2
※1)初回980円(税込)は定期コース1回目の価格になり、2回目以降は4,989円(税込)になります。
※2)心配な方はパッチテストを行ってから使用して下さい。

ムーモの成分から脱毛効果を詳しく解説

ムーモに配合されている有効成分「チオグリコール酸カルシウム」は、毛を構成しているたんぱく質「ケラチン」を分解する働きをします。しっかり塗りこむことで有効成分が毛穴まで入り込み、見えている部分の毛を根元からキレイに除毛してくれます。

たんぱく質を分解するという点で肌への負担が心配されますが、ムーモには「シソエキス」やしっとり系のボディオイル、クリームなどにも使用される保湿成分「シアバター」が配合されています。このシアバターは、保湿力が高く栄養が豊富で人の皮脂と似たオレイン酸を含んでいるため、肌になじみやすく除毛後の肌の潤いを守ってくれる効果が期待できます。

ほかにも抑毛への効果が期待できる「大豆エキス」を配合し、除毛後の状態が長続きするよう作られています。

これらの成分からも、除毛したいけど肌に刺激のあるものは不安という方には、除毛効果もありながら肌への負担を極力抑えられているムーモはおすすめの除毛クリームと言えます。

ムーモで脱毛できるのか?!

ムーモは除毛クリームにあたるため、脱毛サロンに通ったような脱毛効果はありません。

あくまで生えている毛を溶かしてキレイにするものなので、脱毛ではなく除毛になります。多少の個人差はありますが、使用後は約1週間ほど除毛効果が続くとされています。

毛を細く減らしたいという方にはムーモのような除毛クリームは向きませんが、カミソリ負けしやすい方や脱毛までするのは面倒という方には除毛クリームはおすすめです。

ムーモを実際に使って評価!リアルな口コミレビュー

有効成分と保湿成分が配合された除毛クリーム「ムーモ」ですが、実際の使い心地や除毛効果が気になるところです。

そこで、分かりやすい男性の腕毛に実際に使って検証してみたいと思います。

ムーモのパッケージは淡い紫色の可愛らしい見た目で、除毛クリームっぽくないところが嬉しいです。これなら、洗面台の見えるところに置いても恥ずかしくありません。

そして、香りをチェック。

ラベンダーと書かれているとおり、やさしいラベンダーの香りがします。

実際に塗ってみないと分かりませんが、直接嗅いでみても除毛クリーム独特のツンとしたような匂いはほとんどしない印象です。

ムーモを塗る部分はよく洗って汚れを落とし、水分を拭き取っておきます。

塗る前の毛の様子はこんな感じです。

男性の毛にしては薄い方かもしれませんね。

では、ムーモを塗ってみたいと思います!

クリームは硬すぎず柔らかすぎないテクスチャーなので、伸びがよく塗り広げやすいです。塗っている最中に垂れてくることもなく、肌に密着してくれます。

クリームで毛を覆うように多めに塗り広げていき、肌が弱いということなのでとりあえず5分待ってみることにしました。

塗っているときや待っている間はラベンダーの香りが癒され、除毛剤特有のツンとした匂いもほとんどありません。

ひりひりするなどの肌への刺激も感じないとのことで、終始リラックスしながら待てました。

途中、毛の様子を見てみると、少しずつ毛が縮れていくのが分かりました。

5分経過後、毛の様子を確認。

少し強めに拭き取らないと毛が取れませんが、拭き取ったところがキレイになりました。

男性の毛なので5分以上かかるかと思っていましたが、5分で十分そうです。

クリームを全て拭き取ったあとは、お湯でぬるつきがなくなるまで洗い流します。

水分を拭き取り再確認してみると見た目では毛が確認できません。

至近距離で確認してみても毛穴にポツポツ残っていることもないようなので、根元からキレイに除毛できているんだと思います。

そして、触り心地はお肌がすべすべしています。

腕を実験台にされた本人も、脱毛したかのようなキレイさにとても満足している様子で、すべすべになったと喜んでいました。

香りについては賛否が分かれると思いますが、個人的には除毛クリーム独特の刺激臭はほとんど感じず、ラベンダーの香りがとても良かったです。

放置時間は毛の質や量にもよりますが、5分でもかなりキレイになるので肌に負担なく使用できると思います。

ムーモを実際に使って検証してみた結果をまとめると、

  • テクスチャーが塗りやすい
  • 肌に負担なく除毛できる
  • 毛質・量にもよるが男性の腕毛でも5分で十分きれいになる
  • 根元から除毛してくれる
  • 使用後の肌は脱毛したようにしっとりすべすべ
  • ラベンダーの香りでリラックスしながらできる
  • 肌が弱い人でも使える

以上のことが分かりました。

ムーモは肌に負担なく除毛でき、除毛クリーム独特の匂いも抑えられているので、除毛クリームが初めての方や肌に優しく使用できるものを探している方向きだと感じました。

ただし、腕だけじゃなく脚などの他の部位も除毛したいという人は、1本では足りなくなるのでまとめて数本用意しておいた方がよいでしょう。

ポツポツ毛が残る?ムーモの正しい使い方

ムーモは使い方によってはポツポツと毛が残ったりする場合があるようです。きれいに除毛するなら、正しい使い方をしっかり確認してから使いましょう。

敏感肌の方も使える除毛クリームではありますが、心配な方はまずはパッチテストを行ってから使用しましょう。

準備するもの
  • 時間が分かる物
  • スパチュラやヘラ
  • ティッシュ
ムーモの使用手順
  1. 除毛したい部分の汚れや皮脂を落とし、肌の水分はしっかり拭き取る。
  2. 除毛したい部分にスパチュラやヘラなどで1mm~3mm程度の厚さになるように塗る。
  3. 塗り終えたら5分間ほど放置する。
  4. 時間が経ったらティッシュなどで拭き取る
  5. 水かぬるま湯でしっかり流す

ムーモの使用時間は公式には5分と大きく書かれていますが、正しくは5分~10分間までなら時間をおいて良いことになっています。

わきや男性のすねなどの毛が太く濃い部分に使う場合には、10分放置するとキレイに除毛できるようです。

塗る前に肌に水分が残っていたり、ムラ塗りや塗る量が足りないとポツポツした毛が残ってしまったり、きれいに取りきれないということがあります。

きれいに除毛するなら、肌に残った水分はしっかり拭き取ってから塗り始める、たっぷり塗るというこの2つをポイントに使用してみましょう。

VIOや髭の脱毛にもムーモは使えるの?

髭やVIOにもムーモが使えるか気になっている方もいるようですが、結論から言うと髭などの顔やVIOには使用することができません。

まれに使っているという方もいるようですが、肌がとくに敏感な部分である顔やVIOへの使用は肌への影響を考えても危険とも言えます。

使う場合には自己責任にはなりますが、公式でも顔やVIOは不可となっているので、なるべくだったら使用は控えた方が良いでしょう。

定価は1本いくら?ムーモの楽天と公式の値段

ムーモの定価は1本120g入りで7,128円(税込)になります。

購入先は楽天市場と公式サイトで販売があり、各販売店の値段は以下の通りです。

購入先 ムーモの定価 1本120g 7,128円(税込)
楽天市場 1本 3,850円(税込)~7,980円(税込)(※)
3本セット 12,240円(税込)~18,176円(税込)(※)
公式サイト 1本トクトクコース 120g 送料無料
初回 980円(税込) 2回目以降 4,989円(税込)
2+1本トクトクコース 120g×3本 送料無料
初回 1,960円(税込) 2回目以降 9,978円(税込)

楽天市場の最安値の価格を見てみると定価よりも安く販売されていましたが、値段の幅があるのが分かります。そのなかでも本体価格が安いショップは送料が別途に発生するので、総額で4,000円以上かかるようでした。

公式サイトでは、定期購入なら初回は約86%オフの980円(税込)で販売され、1本がプレゼントになる2本+1本のコースでは初回約90%オフで販売されていました。特に2+1本のトクトクコースでは2回目以降でも1本が3,326円の低価格で購入できるので、量をたくさん必要な方は公式の2+1本トクトクコースが最もお得と言えます。

公式サイトの定期購入は5回受け取りが条件になりますが、それ以降は解約や一時停止が可能です。

定期購入に抵抗がなければ、初回の価格から見ても1番お得な購入方法になります。

※2020.9月時点

ムーモを公式で購入した場合の解約方法

ムーモを公式の定期購入で購入した場合の解約方法は、5回目を受けとったあと6回目から解約手続きか可能です。

解約はムーモが届いた7日後から次回発送予定日の10日前までに連絡をします。連絡は電話(0570-065-129)で受け付けており、土日祝日を除いた平日9:00~18:00に連絡することで解約手続きができます。

解約期日が過ぎてしまった場合、次回分が通常通り発送されてしまうので、必ず期日内に連絡しましょう。

市販でも買えるかムーモの売ってる場所を調査

ムーモはドラッグストアやロフトなどの実店舗での市販はなく、購入先は主にインターネットのみになります。

当サイトでは楽天市場と公式をご紹介していますが、そのほかにはAmazonやヤフーショッピング、メルカリなどでも取り扱いがありました。

ネットでしか購入できず実物の確認ができないので、公式以外で購入する場合には信頼できる販売者かを見極めて購入しましょう。

ムーモを使った人の良い口コミ

市販の除毛クリームを使ったことがあるのですが、それに比べるといい匂いで肌にやさしいです。とりあえず腕に試してみましたが、すべすべになるので次は脚にも使ってみようと思います。

痛みや肌が赤くなることもなく使えています。思ったよりキレイに毛が取れるし、使った後はスベスベになっていい感じです!最初はラベンダーの香りで時間を置くと匂いが変化しますが、個人的にはあまり気になりません。

ラベンダーの香りで市販の除毛クリームのような強い匂いはなく、ヒリヒリすることもなかったです。最初なので短めに時間を置いたので毛穴にポツポツ残りましたが、2回目は7分くらいに伸ばしたらきれいに取れました。

カミソリで処理するよりキレイに取れました!分厚めに塗らないと取れませんが、使用後のお肌がしっとりします。脱毛したみたいにキレイになるし、手軽なので続けたいです。

※大手通販サイトの口コミよりムーモに関する口コミを一部抜粋させていただいてます。

ムーモを使った人の悪い口コミ

脱毛も除毛も経験なしですが、腕と指、Vラインに使いました。腕と指はすべすべになりましたが、Vラインは少しジョリジョリが残りました。匂いが気になるけど、慣れれば問題なさそうです。

肌に優しいと書かれていたので買いましたが、塗ってすぐにぴりぴりして慌てて洗い流しました。すぐ流したのに赤くなってしまったので、私には合わないのかもしれません。

口コミが良かったので購入しましたが、パーマ液のような匂いが苦手です。たしかにラベンダーの香りもしますが、良い香りとは思いませんでした。

確かに一時的に毛はなくなりますが、また毛は生えてきます。それに1本が高いので2本目買うか迷います。もう少し安くなってくれたら助かるのに。

※大手通販サイトの口コミよりムーモに関する口コミを一部抜粋させていただいてます。

ムーモを使った人の口コミまとめ

毛穴にポツポツ残ってしまったという人もいましたが、脱毛をしたようにきれいに取れたという人の感想を見ると、塗ってから時間をおくことと、厚めに塗ることでポツポツが残らずキレイに除毛できるようでした。

自己責任でVラインに使ったという意見もいくつか見かけかましたが、キレイには取れないという感想が多い印象でした。しかしムーモは基本的にVラインには使用できないこととなっているので、Vラインなどの肌が弱い部分への使用はあまりおすすめできません。

ムーモの匂いについては意見が分かれており、除毛クリーム自体初めての人はパーマ液のような匂いが気になるという意見もありました。反対に市販の除毛クリームを使ったことがある人からするとそこまで気になる匂いではないとのことでした。匂いについては人それぞれになってしまうのですが、良い香りがするという意見が多く見られました。

除毛クリーム「ムーモ」 -まとめ-

ムーモは、カミソリを使わず毛を溶かして取る除毛クリームです。

保湿成分にはシアバターを配合しているのためか、かゆくなったり赤くなるということもなく除毛後はすべすべするという口コミや、匂いもそれほど気にならないという意見が多く見られました。

肌に負担なく除毛したい、除毛クリームの独特のにおいが苦手という方は、検討してみると良いでしょう。