脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の脱毛効果と頻度は?おすすめ脱毛器ランキングを紹介

手軽に脱毛できるおすすめ家庭用脱毛器ランキング5選

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行かなくても自宅で手軽に脱毛できるのが家庭用脱毛器です。

フラッシュ方式やレーザー方式など機種によって脱毛効果が違い、それにより脱毛の頻度や料金は大きく変わります。

そこで今回は家庭用脱毛器にはどのような脱毛効果があり、どれくらいの頻度で使えば良いのか、永久脱毛はできるのか、メンズでも使えるのかという疑問について解決!
失敗しない家庭用脱毛器の選び方を紹介し、当サイトでのアクセス数が多い人気の家庭用脱毛器ランキング5選を発表します!

家庭用脱毛器の使い方についても説明しているので、脱毛初心者、経験者問わず家庭用脱毛器選びで悩んでいる方必見です。

家庭用脱毛器の脱毛効果は?

まずは家庭用脱毛器ではどんな脱毛効果を実感できるのか、説明していきます。

家庭用脱毛器の脱毛効果

「脱毛効果」に対してはっきりとした定義などはありませんが、脱毛サロンで実感できる「毛が生えるスピードが遅くなる」「生えてくる毛の数が少なくなる」と言った減毛・抑毛の効果は家庭用脱毛器でも実感できます。

家庭用脱毛器は機種によって脱毛方式が違いますが、このような脱毛効果がある機種はフラッシュ式とレーザー式の家庭用脱毛器です。

この2つの脱毛器はメラニン色素に反応して光やレーザーを照射し、毛根の中で毛を作るはたらきをしているバルジ領域に対してダメージを与えられるので、脱毛効果が期待できます。

家庭用脱毛器はこの他にもサーミコン式・ローラー式・高周波式の機種がありますが、これらの効果は、毛を直接抜いたり一時的に肌の表面から毛を無くす「除毛効果」なので覚えておきましょう。

永久脱毛は家庭用脱毛器でもできる?

永久脱毛は永久に毛が生えてこないという意味ではなく、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように定義されています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

永久脱毛は、本来資格を持った医療従事者による「医療行為」なので、医療脱毛クリニックに通う事で永久脱毛をする事が可能ですが、脱毛サロンや家庭用脱毛器で同じ効果を得る事は出来ません。

医療脱毛クリニックのレーザーと同じ仕組みで作られているレーザー式の家庭用脱毛器でも、照射威力が抑えられているので永久脱毛は不可能ですが、繰り返し使用することで自己処理がいらないくらいのレベルまで減毛をすることは可能です。

メンズが家庭用脱毛器を使用しても脱毛効果ある?

女性に比べてメンズの毛は太くて濃いので、女性が使用した時よりも満足する効果が出るまでには時間はかかりますが、照射の出力等を調整することで充分に脱毛効果を得られます。

男性の毛の中で最も剛毛で厄介なヒゲも、照射威力の強いフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器であれば、繰り返して使用することで減毛効果が期待できます。

やりすぎ注意!家庭用脱毛器の使用頻度は?

家庭用脱毛器の使用頻度は機種によって前後しますが、およそ2週間以上間隔を空けて使用することが推奨されている機種が多いです。

3ヶ月程使用し、毛が生えてくるスピードが遅くなったり生えてくる量が減ってきたら、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように徐々に使用頻度を減らすようにすると良いでしょう。

中には、早く毛を少なくしたいからと言って毎日のようにやりすぎてしまう人もいますが、沢山使ったからと言って早く脱毛効果が出るわけではありません。過度な使用は肌に負担がかかりすぎて荒れてしまう原因になるので、やりすぎは絶対にNGです。

逆に、まだ充分な効果が出ていないのに脱毛の間隔をあけすぎてしまうと、脱毛効果を実感するまでに時間がかかってしまうので、メーカーが推奨する使用頻度をしっかりと守り、毛の成長するタイミングに合わせて肌を傷めないように脱毛していきましょう。

おすすめの家庭用脱毛器ランキングTOP5!

おうち時間に脱毛ラボ ホームエディションで脱毛しよう

脱毛ラボの家庭用脱毛器 脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛の光を照射できる脱毛器です。連射モードを使えば全身のお手入れが15分で完了できて、痛みも感じにくい設計。免田宇なカートリッジ交換や冷却ジェルも不要だから手軽に使用できます。

▶ 脱毛ラボ ホームエディションの購入はこちら!

ではここからは先ほど紹介した選び方を元に、当サイトでもアクセス数の多い人気のおすすめ家庭用脱毛器5種を紹介していきます!

1位 ケノン

▶ ケノンの詳細を公式サイトでチェック!

ケノンは日本国内で80万台以上の売り上げを誇るフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

ケノンにはそれぞれ脱毛範囲・照射回数・効果が違うスーパープレミアム・プレミアム・エクストララージ・ストロング・ラージという5つの脱毛用カートリッジがあります。中でも、エクストララージカートリッジは照射面積が9.25㎠なので、広い部位はかなりの時短が期待できます。

ケノン本体でも照射の強さが10段階で調節でき、脱毛部位・毛の濃さ・肌質・痛みの感じやすさに合わせて効率的に脱毛を進められるので、脱毛初心者の方から経験者の方まで幅広く利用できます。

ケノンは脱毛用のカートリッジに加えて、エステサロンで行われているような光フェイシャルの効果も期待できる美顔スキンケアカートリッジもあり、美顔器としても使用できるのが特徴です。

価格 69,800円(税込)
脱毛範囲 全身(I・Oライン、目元、眉、唇は不可)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 50万発~300万発(スーパープレミアムカートリッジ使用時)
カートリッジ交換 可(7,900円~20,200円(税込)
本体サイズ
総重量
ハンドピース重量
幅215mm×奥行290mm×高さH90mm
約1.6㎏
120g(幅65mm奥行140mm)
使用頻度 2週間に1回
照射面積 4.5~9.25㎠

2位 脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは、その名の通り大手脱毛サロンの「脱毛ラボ」がてがけたフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

脱毛ラボホームエディションでは30万発(全身脱毛約300回分)の照射が可能で、残りの照射可能回数をディスプレイで確認することができます。バッテリー内蔵タイプですが、本体がコンパクトで軽く、気軽に持ち運ぶこともできるので、ユーザビリティに優れています。

脱毛と同時に肌を冷やすことができる冷却クーリング機能がついているので、脱毛前後のジェルや冷却作業が必要無いことも脱毛ラボホームエディションの特徴です。

価格 64,980円(+税)
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅76mm×奥行171.4mm×高さ50mm
277g
使用頻度 使用開始から3ヶ月は2週間に1回
以降は1ヶ月に1回
照射面積 4.16㎠

3位 トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、家庭用脱毛器の中で唯一医療脱毛クリニックで用いられる蓄熱式ダイオードレーザーを使用できる機種です。

レーザーの威力は家庭用に調整されていますが、長期的に使用を続けることでバルジ領域を破壊し、自己処理がいらなくなるレベルまで減毛をすることが期待できます。

レーザー方式のためカートリッジを交換する必要がないので、本体価格以外での追加料金がかからない事がトリアの魅力です。

1回の充電で30分間の時間制限があるので、一気に全身を脱毛するというより、日ごとに部位を分けて脱毛する事がおすすめです。

価格 40,530円(税込)
脱毛範囲 腕・ワキ・脚・手足の指・背中・胸・腹部・Vライン・顔の鼻から下
脱毛方式 レーザー式
カートリッジ使用回数 カートリッジ交換必要なし
本体サイズ
総重量
幅38mm×奥行40mm×高さ170mm
584g
使用頻度 2~4週間に1回
照射面積 1㎠

4位 パナソニック光エステ

パナソニック光エステには肌の色に合わせて光の出力レベルを自動で検知してくれる「肌検知センサー」が搭載されています。

カートリッジは本体に内蔵されているため交換をすることはできませんが、ボディ用・フェイス用・ビキニ用といった3つのアタッチメントがあるので、それを付け替えることで部位に合わせた効率的な脱毛ができます。

パナソニック光エステには通常照射モードとスピード照射モードの2つが搭載されているので、時間がかかりがちなボディの脱毛も時短することも可能です。

価格 メーカー希望小売価格:オープン価格
店等参考価格:69,624円~70,800円(税込)
脱毛範囲 脚、腕、ワキ、手、胸、顔、Vライン
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発(出力レベル5の場合)
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅79mm×奥行56mm×高さ253mm
402g
使用頻度 2~8週間に1回
照射面積 8.3㎠

5位 ブラウンシルクエキスパートpro5

ブラウンシルクエキスパートpro5は、1秒間に80回肌の色を読み込んで肌の色を見分け、光の強さを10段階で調節するフラッシュ自動調節システムが搭載されています。

ブラウンには通常の照射モードに加え、「やわらかフラッシュモード」、「超やわらかフラッシュモード」というモードがあります。

フラッシュ自動調節システムと3つのモードを掛け合わせることで痛みや肌へのダメージを抑えられるので、脱毛初心者の方にもピッタリの家庭用脱毛器です。

価格 メーカー希望小売価格:オープン価格
店等参考価格:64,800円~65,339円(税込)
脱毛範囲 ワキ・腕・Vライン・脚・顔(頬骨から下)・背中・胸
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 40万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅70mm×奥行181mm×高さ50mm
275g
使用頻度 使用開始から1~3ヶ月間は1週間に1回
以降は気になる時に
照射面積 6㎠
※このランキングは当サイトへのアクセス数を元に集計しています。

以上が当サイトで推奨する選び方を元にした、おすすめの家庭用脱毛器人気ランキングTOP5です。

1台で脱毛と美顔ケアが同時にできる機種、レーザー脱毛ができる機種など様々なものがあるので、ご自分の用途に合わせて選んでみてください。

正しい家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器は1度使えば終了というわけではなく、脱毛効果を得るには継続して使用する必要があります。

「せっかく買ったのに使わなくなった」という事が無いように、まずは家庭用脱毛器を買う時に注目すべき3つのポイントを紹介します。

コスパで選ぶ

家庭用脱毛器で照射の際に使用するカートリッジ部分は、消耗品なのでいずれ買い替える必要があります。カートリッジ部分が交換可能の家庭用脱毛器であれば、カートリッジ部分を買い替えるだけで済みますが、交換不可の家庭用脱毛器は機種ごと買い替える事になります。

機種によりカートリッジの使用回数や料金が定められているので、家庭用脱毛器を選ぶ時は本体価格だけでなく、カートリッジにかかる料金や照射可能回数なども踏まえたうえで検討しましょう。

照射時間で選ぶ

家庭用脱毛器は脱毛方式や付属のカートリッジによって照射範囲が決まっており、もちろんその範囲が狭いと1回の脱毛にかかる時間が増えます。

フラッシュ式やレーザー式の家庭用の脱毛器の場合、1度照射したら数秒のインターバルがあるので、シェービングで自己処理をする時よりも時間がかかってしまいます。

家庭用脱毛器で時間がかかりがちな全身脱毛をしたいと考えている方は、「照射時間が短縮できるような機能があるか」、「広い範囲を照射できるカートリッジがあるか」等を重視して家庭用脱毛器を選んでみてください。

使用感で選ぶ

家庭用脱毛器は本体とハンドピース(持ち手)が別れているタイプと、本体一つで脱毛ができるタイプの2パターンがあります。

本体とハンドピースが別の物は持ち手が軽いから使っていて疲れないが、持ち運びをするのは少し不便。

本体一つでできるタイプは持ち運びが楽で操作性が良いが、バッテリーが内蔵されているため少し重いという特徴があるので、自分が使用する場所などを事前に想定しておいて決めると良いでしょう。

部位や毛質での家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器は機種により脱毛ができる範囲に違いがあります。脇やVIO、ヒゲなど濃い毛に向いているタイプ、顔まで脱毛できるタイプなどさまざまあります。家庭用脱毛器選びで失敗しないためには、まず自分が希望する脱毛部位が脱毛できるかどうかをよく確認してください。

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器

VIO脱毛は家庭用脱毛器でも行えますが、太く濃い毛が生えていてかつデリケートな部位です。VIOが脱毛可能範囲に含まれていない家庭用脱毛器もあります。また痛みを感じやすい部位なので、痛みについても要チェックです!

以下の記事でVIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器と痛みを感じにくい脱毛方法についても解説してます。

VIOができる家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みのないやり方や経過を解説

脇脱毛ができる家庭用脱毛器

脇も顔や背中と比べると太く濃い毛が生えている部位です。また照射面積は狭いので取り回しのしやすい小さいヘッドが装着されていると脱毛しやすい傾向があります。

脇に使える家庭用脱毛器を探している方は次の記事を参考にして下さい。

脇におすすめな家庭用脱毛器とは?脱毛効果と自宅でのやり方を解説

顔脱毛ができる家庭用脱毛器

顔は薄い産毛が多く生えている部位で、目の周りや鼻、口の周りなど敏感な部位が多くあるため、機種により脱毛可能範囲が大きく変わります。

機種毎の顔の脱毛範囲や失敗しない選び方については次の記事で解説してます。

顔に使える家庭用脱毛器はどれがいい?効果や頻度、やり方を解説

剛毛の方に向いている家庭用脱毛器

剛毛なんだけど脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うのではなく、家庭で脱毛したいと考えている方も多いと思います。

次の記事では剛毛の方におすすめの家庭用脱毛器を紹介すると共に、脱毛器の選び方や効果が実感できるまでの期間について解説しています。

剛毛に効果ある家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みを抑える方法も紹介

男性向けの家庭用脱毛器

男性の毛質は女性と大きく違います。そのため女性用のイメージが強い家庭用脱毛器を使っても効果が得られるのか不安な方も多いと思います。

次の記事で男性におすすめの家庭用脱毛器を解説しています。

メンズ向け家庭用脱毛器おすすめ5選!すね毛・VIO・顔に効果ある?

ヒゲが脱毛できる家庭用脱毛器

ヒゲは他の部位と比べると太くて濃い毛が生えるので、脱毛効果を実感するまでに一番時間がかかってしまう部位です。

次の記事ではヒゲ脱毛におすすめの機種や、ヒゲ脱毛痛みなどについて解説しています

ヒゲに効果のある家庭用脱毛器3選!自宅で脱毛できる男性向けおすすめ機種

脱毛初心者必見!家庭用脱毛器の使い方

脱毛サロンや医療脱毛クリニックではスタッフの手慣れた技術で脱毛を進めてもらう事ができますが、家庭用脱毛器の場合は自力で照射を行うので全て自己責任となります。

機種によって家庭用脱毛器の起動の仕方やメンテナンスなどは違いますが、家庭用脱毛器を使う際に共通して覚えておくべき使い方をお伝えします。

1~2日前までに脱毛部位をシェービング

家庭用脱毛器を使用する時には脱毛部位を事前に自己処理しておく必要があります。

脱毛時は肌に負担がかかるので、自己処理の際には肌が傷つきやすいカミソリ等を使用せず、家庭用脱毛器を使用する1~2日前に電気シェーバーを使って自己処理するようにしましょう。

家庭用脱毛器は毛の黒い部分に反応して照射を行うので、毛抜きやワックスなどを使用して抜いてしまうのもNGです。

使用後のアフターケア

脱毛を行った後は肌がダメージを受けている状態なのでそのまま放置してしまうと肌荒れなどに繋がります。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは光やレーザーで受けた熱を冷ますために、事前にジェルを塗ったり冷却機能付きのヘッドを用いて脱毛しているので、家庭用脱毛器を使った後も保冷剤などを使用して肌を冷やし、クリームやオイルを塗って保湿するようにしましょう。

脱毛前後の飲酒、入浴、日焼けは控える

脱毛後の肌がダメージを受けている状態で、体温が上がり血行が良くなると赤みやかゆみの原因にもなります。家庭用脱毛器で脱毛をした日は、お酒を飲んだり湯船に浸かる事もなるべく控えましょう。

また、日焼けした肌はメラニン色素が多く含まれているため、脱毛時の刺激が強くなったり毛根に上手く照射されない可能性があるので、家庭用脱毛器で脱毛をする期間中は日焼け止めなどを塗って極力日焼けしないようにしましょう。

おすすめの家庭用脱毛器ランキングTOP5まとめ

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで肌を晒すことに抵抗がある方、予約を取って決められた日時に通うのことが難しい方におすすめなのが家庭用脱毛器です。

外出をしなくても自宅で時間に縛られずに脱毛ができるため、利用者も増えています。

今回紹介したおすすめの家庭用脱毛機5種は、主にフラッシュ方式、レーザー方式の機種なので、使ってすぐに毛が抜けるというものではありませんが、使用を繰り返す事で毛が生えてきにくくなったり生えるスピードが遅くなる効果があります。

そのためには長期的に使い続ける必要があるので、自分の用途に合わせた家庭用脱毛器を選ぶことが重要です。

当サイトで紹介している家庭用脱毛器の中で、アクセス数が最も多く人気のケノンは、カートリッジや光の強さを変える事で照射範囲や威力を変えられる使い勝手の良さが特徴です。

I・Oラインや目元などを除いた全身脱毛もできるので、初めて家庭用脱毛器を買ってみようと考えている方はもちろん、新しい脱毛器に買い替えたいという方にもおすすめです。

当サイト人気No.1家庭用脱毛器ケノン
RECOMMEND関連記事
自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめ!家庭用脱毛器の選び方のイメージ
ミュゼ家庭用脱毛器の効果や口コミを調査!顔やVIOにも使える?のイメージ
家庭用脱毛器を比較!5種類の特徴や仕組み・効果の違いは?のイメージ
ヒゲに効果のある家庭用脱毛器3選!自宅で脱毛できる男性向けおすすめ機種のイメージ
剛毛に効果ある家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みを抑える方法も紹介のイメージ
顔に使える家庭用脱毛器はどれがいい?効果や頻度、やり方を解説のイメージ
メンズ向け家庭用脱毛器おすすめ5選!すね毛・VIO・顔に効果ある?のイメージ
脇におすすめな家庭用脱毛器とは?脱毛効果と自宅でのやり方を解説のイメージ
レイボーテグランデの口コミから効果や痛みを調査!顔やVIOへの使い方や価格は?のイメージ
VIOができる家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みのないやり方や経過を解説のイメージ

記事閲覧数 ランキング