脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器

おすすめ家庭用脱毛器ランキング紹介!自宅でできる脱毛器の脱毛効果と頻度は?

自宅で脱毛!おすすめ家庭用脱毛器ランキング14選

※この記事では自宅で脱毛が行える脱毛器を「光美容器」または「家庭用光美容器」と表記しています。

自宅で脱毛が行える光美容器の失敗しない選び方を紹介!当サイトでのアクセス数が多い人気のおすすめ家庭用光美容器ランキング14選を発表し、上位の家庭用光美容器の効果を比較しました!

家庭用光美容器にはどのような脱毛効果があり、いつから効果が出るのか、どれくらいの頻度で使えば良いのか、自宅で永久脱毛は行えるのか、メンズでも使えるのかという疑問についても解決!

自宅での光美容器の使い方についても説明しているので、脱毛を行うのが初めての方、経験済みの方を問わず家庭用光美容器選びで悩んでいる方必見です。

家庭用光美容器の選び方と効果(光美容器の種類・使用感・照射範囲)

家庭用光美容器をせっかく買ったのに使わなくなったという事が無いように、まずは家庭用光美容器を買う時に注目すべき3つのポイントを紹介します。

フラッシュ式・レーザー式の物を選ぶ

家庭用光美容器には様々なタイプの種類がありますが、使い続ける事で毛が生えにくくなるような「脱毛効果」が期待できるのは、フラッシュ式の光美容器と蓄熱式レーザーを使用した家庭用光美容器のみです。

肌の表面ではなく毛根にアプローチして、毛の成長を遅らせるような効果が欲しい方はフラッシュ式の光美容器もしくは蓄熱式レーザー式の家庭用光美容器を選びましょう。

その他、サーミコン式・ローラー式・高周波式の機種がありますが、それらは肌の表面の毛を熱線で焼き切ったり直接抜くような除毛効果しかなく、脱毛効果は無いので注意しましょう。

使用感で選ぶ

家庭用光美容器は本体とハンドピース(持ち手)が別れているタイプと、本体一つで脱毛が行えるタイプの2パターンがあります。

本体とハンドピースが別の機種の使用感は持ち手が軽いけど、本体が重いから持ち運びをするのは少し不便。

本体一つでできるタイプは持ち運びが楽で操作性が良いけど少し重いという特徴があるといったように、持ち手のサイズや形式によって使用感は変わるので、自分が使用する場所などを事前に想定しておいて決めると良いでしょう。

家庭用光美容器の照射範囲で選ぶ

それぞれの家庭用光美容器の照射部位に使われているカートリッジにより、一度に照射できる範囲が変わります。

時間がかかりがちな全身脱毛を自宅で行いたい方は、「連続照射機能」「冷却機能」などの照射時間が短縮できるような機能があるか、「広範囲カートリッジ」などの照射面積の広いカートリッジを使用できるかというポイントにも注目して家庭用光美容器を選んでみてください。

おすすめの家庭用光美容器ランキング14選!メーカーや価格は?

おうち時間に脱毛ラボ ホームエディションで脱毛しよう

脱毛ラボの家庭用脱毛器 脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛の光を照射できる脱毛 器です。連射モードを使えば全身のお手入れが15分で完了できて、痛みも感じにくい設計。めんどうなカートリッジ交換 や冷却ジェルも不要だから手軽に使用できます。

脱毛ラボ ホームエ ディションの購入はこちら!

ケノン

ケノンは日本国内で80万台以上の売り上げを誇る、自宅で使える光美容器です。

ケノンにはそれぞれ脱毛範囲・照射回数・効果が違うスーパープレミアム・プレミアム・エクストララージ・ストロング・ラージという5つの脱毛用カートリッジがあります。中でも、エクストララージカートリッジは照射面積が9.25㎠なので、広い部位はかなりの時短が期待できます。

ケノン本体でも照射の強さが10段階で調節でき、脱毛部位・毛の濃さ・肌質・痛みの感じやすさに合わせて効率的に脱毛を行えるので、脱毛が初めての方から経験者の方まで幅広い層におすすめの光美容器です。

ケノンは脱毛用のカートリッジに加えて、エステサロンで行われているような光フェイシャルの効果も期待できる美顔スキンケアカートリッジもあり、美顔器としても使用できるのが特徴です。

価格 69,800円(税込)
脱毛範囲 全身(I・Oライン、目元、眉、唇は不可)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 50万発~300万発(スーパープレミアムカートリッジ使用時)
カートリッジ交換 可(7,900円~20,200円(税込))
本体サイズ
総重量
ハンドピース重量
幅215mm×奥行290mm×高さH90mm
約1.6㎏
120g(幅65mm奥行140mm)
使用頻度 2週間に1回
照射面積 4.5~9.25㎠
付属品 スーパープレミアムカートリッジ、ゴーグル、保冷剤×2、付属品収納ポーチ、取扱説明書兼保証書
メーカー エムテック
生産国 日本

脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは、その名の通り大手脱毛サロンの「脱毛ラボ」がてがけた光美容器です。

脱毛ラボホームエディションでは30万発(全身脱毛約300回分)の照射が可能で、残りの照射可能回数をディスプレイで確認することができます。バッテリー内蔵タイプですが、本体がコンパクトで軽く、気軽に持ち運ぶこともできるので、使いやすさ・手軽さを求める方におすすめの光美容器です。

脱毛と同時に肌を冷やすことができる冷却クーリング機能がついているので、脱毛前後のジェルや冷却作業が必要ありません。

搭載されている連射モードを使えば、VIOを含めた全身の脱毛がおよそ15分で行えるのも脱毛ラボホームエディションの特徴です。

価格 64,980円(税込)
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅76mm×奥行171.4mm×高さ50mm
277g
使用頻度 使用開始から3ヶ月は2週間に1回
以降は1ヶ月に1回
照射面積 4.16㎠
付属品 ゴーグル、電源アダプター、取扱説明書(保証書付き)
メーカー セドナエンタープライズ
※脱毛サロン「脱毛ラボ」の運営元
生産国 日本

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、医療脱毛クリニックでも用いられている蓄熱式ダイオードレーザーを使用できるレーザー式の家庭用光美容器です。

レーザーの威力は家庭用に調整されていますが、長期的に使用を続けることで毛を作る役割を持つ「バルジ領域」を破壊し減毛をすることができます。

レーザー方式のためカートリッジを交換する必要がないので、本体価格以外での追加料金がかからない事がトリアの魅力です。

1回の充電で30分間の時間制限があるので、一気に全身の脱毛を行うというより、日ごとに部位を分けて脱毛を行う事がおすすめです。

価格 40,530円(税込)
脱毛範囲 腕・ワキ・脚・手足の指・背中・胸・腹部・Vライン・顔の鼻から下
脱毛方式 レーザー式
カートリッジ使用回数 カートリッジ交換必要なし
本体サイズ
総重量
幅38mm×奥行40mm×高さ170mm
584g
使用頻度 2~4週間に1回
照射面積 1㎠
付属品 取扱説明書、充電用ACアダプター
メーカー TRIA Beauty,Inc.
生産国 タイ

レイボーテヴィーナス

レイボーテヴィーナスは、様々な美顔器や化粧品を取り扱う「ヤーマン」が販売している光美容器です。

VIOの脱毛が行え、さらに防水機能が付いているためお風呂での使用が可能になりました。

VIライン、Oライン、フェイス用3種類のアタッチメントが付属され、脱毛を行う部位に応じて使い分ける事で効率的に自宅で脱毛を行えます。

単発照射のほかに最大10発の連続照射が可能で、1照射ごとの間隔が0.5秒と短いため、広範囲の脱毛を短時間で行いたい方にもおすすめです。

レイボーテヴィーナスは肌にやさしい「ソフトモード」や照射レベルを自分で設定することもできるので、肌の状態に合わせたストレスフリーの脱毛が自宅で行えます。

専用のアプリと連動するとカートリッジ交換のタイミングや手入れをするタイミングをお知らせしてくれるので、ユーザビリティにも優れています。

価格 99,000円(税込)
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発(照射レベル1使用時)
カートリッジ交換 カートリッジ交換必要なし
本体サイズ
総重量
幅82mm×奥行78mm×高さ203mm
450g
使用頻度 使用開始から2ヶ月は2週間に1回程度
3ヶ月目以降は4~8週間に1回程度
照射面積 記載なし
付属品 フェイスアタッチメント、VIアタッチメント、Oアタッチメント、キャップ、Vデザインツール、キャップ、ACアダプター、取扱説明書(保証書付)
メーカー YA-MAN(ヤーマン)
生産国 日本

ミュゼ脱毛器「SSCエピフォトスキンケアプロ」

脱毛サロンのミュゼが販売している光美容器「SSCエピフォトスキンケアプロ」は家庭用光美容器の中でも珍しいS.S.C方式を採用しています。抑毛効果を持つ粒を含んだ専用のローションを脱毛したい部位に塗り、その上から照射することで脱毛を行います。

肌に直接ではなくジェル越しに光を照射するため痛みが少なく、照射後に保冷材などを使って冷却する必要がありません。

2~3日に1回の頻度で脱毛が行えるので、マメに手入れをするのが好きな方に向いている光美容器です。

SSCエピフォトスキンケアプロは通販サイトや家電量販店等では販売されておらず、ミュゼのサロン限定での販売となります。

価格 本体:64,800円(税込)
専用ローション:3,300円(税込)
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式(S.S.C脱毛)
カートリッジ使用回数 30万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅207mm×奥行69mm×高さ157mm
486g
使用頻度 2日に1回
照射面積 2~3㎠
付属品 Face用アタッチメント、PhotoS用アタッチメント、専用ゴーグル、電源アダプタ、電源コード、取扱説明書
メーカー ミュゼコスメ/musee cosm
生産国 日本

パナソニック光エステES-WP82

パナソニック光エステES-WP82には肌の色に合わせて光の出力レベルを自動で検知してくれる「肌検知センサー」が搭載されています。

カートリッジは本体に内蔵されているため交換をすることはできませんが、ボディ用・フェイス用・ビキニ用といった3つのアタッチメントがあるので、それを付け替えることで部位に合わせた効率的な光脱毛(フラッシュ脱毛)が行えます。

パナソニック光エステには通常照射モードとスピード照射モードの2つが搭載されているので、時間がかかりがちなボディの脱毛もスピーディーに行えます。

価格 メーカー希望小売価格:オープン価格
店等参考価格:69,624円~70,800円(税込)
脱毛範囲 脚、腕、ワキ、手、胸、顔、Vライン
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発(出力レベル5の場合)
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅79mm×奥行56mm×高さ253mm
402g
使用頻度 2~8週間に1回
照射面積 8.3㎠
付属品 専用アタッチメント、ポーチ、ACアダプター、取扱説明書
メーカー Panasonic(パナソニック)
生産国 日本

LAVIE(ラヴィ)

家庭用光美容器LAVIE(ラヴィ)は美顔カートリッジを使用することで光エステも可能なフラッシュ式の光美容器です。美顔カートリッジは脱毛用のカートリッジよりも光の強さが控えめなので、2日に1度の感覚で使用することができます。

肌に優しい作りになっているためVIOを含めた全身脱毛が行えるのがラヴィの魅力です。

ラヴィには動作音を抑えて照射が出来るミュート機能も搭載されているので、夜遅くに脱毛を行いたいと考えている方にぴったりです。

価格 通常 49,800円+税
美顔カートリッジ付き 53,800円+税
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 10.5万発
カートリッジ交換 可(5,000円+税)
本体サイズ
総重量
ハンドピース重量
幅240mm×奥行240mm×高さ100mm
2kg
約136g(幅38mm×奥行145mm×高さ52mm)
使用頻度 2~3週間に1回
照射面積 7.4㎠
付属品 カートリッジ(※)電源コード、冷却パック2個、取扱説明書
メーカー SPREAD
生産国 日本
※通常セットには脱毛カートリッジ1個、美顔セットには脱毛カートリッジ1個と美顔カートリッジ1個が付属されます。

ブラウンシルクエキスパートpro5 PL5137ニューモデル

ブラウンシルクエキスパートpro5のニューモデルは、1秒間に80回肌の色を読み込んで肌の色を見分け、光の強さを10段階で調節するフラッシュ自動調節システムが搭載されています。

ブラウンには通常の照射モードに加え、「やわらかフラッシュモード」、「超やわらかフラッシュモード」というモードがあります。

フラッシュ自動調節システムと3つのモードを掛け合わせることで痛みや肌へのダメージを抑えられるので、脱毛を行った事がない方にもピッタリの光美容器です。

価格 82,280円(税込)
脱毛範囲 ワキ・腕・Vライン・脚・顔(頬骨から下)・背中・胸
脱毛方式 光美容器
カートリッジ使用回数 40万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅70mm×奥行181mm×高さ50mm
275g
使用頻度 使用開始から1~3ヶ月間は1週間に1回
以降は気になる時に
照射面積 6㎠
付属品 アダプター、電源コード、コンパクト(部分用)ヘッド、限定ポーチ(ボックスタイプ)、ジレットヴィーナス女性用カミソリ
メーカー ブラウン(Braun)
生産国 イギリス

レイボーテグランデ

レイボーテグランデはその名の通り照射面積が最大12㎠とかなり広い家庭用光美容器です。

照射間隔も0.5秒と短いので、I・Oラインを除いた全身脱毛がスピーディーに行えます。

レイボーテグランデのヘッド部分は、12㎠を照射できるラージランプの他に、Vラインなどの細かい箇所の脱毛を丁寧に行えるスモールランプや顔のスキンケアができるフェイスランプがあります。

別売りになりますが、関連商品には脱毛後に冷却が出来るクールヘッドがあるので、レイボーテグランデは脱毛からその後のケアまで1台で行えます。

価格 108,000円+税
脱毛範囲 全身(I・Oラインは除く)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 最大20万発
カートリッジ交換 可(7,500円~10,000円+税)
本体サイズ
総重量
ハンドピース重量
幅260mm×高さ125mm
約2.5㎏
300g
使用頻度 使用開始から2ヶ月は2週間に1回
以降は4~8週間に1回
照射面積 最大12㎠
付属品 ラージランプ、スモールランプ、フェイスランプ、ACケーブル、サングラス
メーカー YA-MAN(ヤーマン)
生産国 日本

サイデン スムーズスキンbare plus

サイデンから発売されているスムーズスキンbare plusは1照射がわずか0.6秒ででき、1分間に約100回照射が行えるスピードが魅力の光美容器です。

重量が約200gなので持ち運びやすく、重さによる使用中の負担も少ないのがポイントです。

照射口にはスキントーンセンサーが搭載されており、肌の色を自動で検知しながら照射レベルを調節してくれる機能もあります。

価格 30,800円(税込)
脱毛範囲 全身(I・Oラインは除く)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 100万回
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅80mm×奥行45mm×高さ130mm
約200g
使用頻度 使い始めてから3ヶ月は週に1回
以降は様子を見つつ4~8週間に1回
照射面積 3㎠
付属品 ACアダプター、電源コード
メーカー CyDen(サイデン)
生産国 イギリス

フィリップス ルメアプレステージ

ルメアプレステージは、電気シェーバーなどのボディケア商品を多く販売しているPHILIPSから販売されている家庭用光美容器です。

アタッチメントの切り替えによって照射範囲の変更が可能なので、脱毛を行いたい部位により使い分けると良いでしょう。

連射モードも搭載されているので、スライドしながら照射を行うと照射漏れ無くスピーディーに脱毛を行えます。

価格 オープン価格:54,282円~106,700円(税込)
脱毛範囲 全身(Oライン、目元、乳輪周りは除く)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 25万回
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅97mm×奥行150mm×高さ215mm
495g
使用頻度 最初の4~5回は2週間に1回
以降は4~8週間に1回
照射面積 2㎠~4.1㎠
付属品 電源アダプタ、ポーチ、掃除用クロス、からだ用アタッチメント、顔用アタッチメント、ワキ用アタッチメント、Vエリア用アタッチメント
メーカー PHILIPS(フィリップス)
生産国 オランダ

BiiTo2

BiiTo2は女性特有の柔らかい毛に対応したfemaleモード、男性の濃い毛に対しての照射に適しているmaleモード、肌の弱い部位に対して刺激の少ない光を照射するjuniorモードと3つの照射モードが搭載されています。

家族での利用はもちろん一人で利用する場合も毛の濃い部分はmaleモード、刺激に弱い部分はjuniorモードといったように使い分ける事ができます。

肌に密着していないと照射できない誤照射防止機能や一定時間操作されない状態が続くと自動的に電源がオフになる機能も搭載されています。

価格 54,400円+税
脱毛範囲 全身
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 35万発
カートリッジ交換 不可
本体サイズ
総重量
幅45mm×高さ183mm×奥行78mm
450g
使用頻度 1週間に1回
照射面積 2㎠~3.72㎠
付属品 脱毛フィルター、潤いハリツヤフィルター、肌荒れ防止フィルター、サングラス、ポーチ、ACコード、取扱説明書
メーカー 株式会社NBS
生産国 日本

2PSクリスタル

2PSクリスタルでは照射の威力が分散しにくい単発モードと、4発に分けて照射するため肌への負担が少ない連射モードを利用できます。

オートショット機能がついているため、照射ボタンを押さなくても次の照射位置に滑らすだけで自動的に照射してくれます。

照射レベルは8段階で調節でき、連続照射モードのレベル1では100万発も照射できるので、家族での利用を考えている方にもおすすめの家庭用光美容器です。

価格 64,630円+税
脱毛範囲 全身(目元は除く)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 100万発(連続照射モードのレベル1利用時)
カートリッジ交換 可能
本体サイズ
総重量
ハンドピース重量
幅240mm×奥行220mm×高さ165mm
約1.5㎏
約120g
使用頻度 最初の4回は約2週間に1回
その後は約4週間に1回
照射面積 7.04㎠
付属品 脱毛用カートリッジ、AC電源コード、取扱説明書(保証書付き)、保護用ゴーグル(ポーチ付き)
メーカー Pro-Max社 / 株式会社TUF
生産国 韓国
※このランキングは当サイトへのアクセス数を元に作成しています。

以上が当サイトで推奨する選び方や各ページへのアクセス数を元にした、おすすめの家庭用光美容器人気ランキングです。

1台で脱毛と美顔ケアが同時にできる機種、レーザー脱毛が行える機種など様々なものがあるので、ご自分の用途に合わせて選んでみてください。

人気のおすすめ光美容器の効果・コスパを比較

先ほど紹介した人気光美容器上位3機種の効果やコスパを比較しました。

ケノン 脱毛ラボホームエディション トリア
価格 69,800円(税込) 64,980円(税込) 40,530円(税込)
光美容器の種類 フラッシュ式 フラッシュ式 レーザー
照射可能範囲 全身(I・Oライン、目元、眉、唇は不可) 全身 腕・ワキ・脚・手足の指・背中・胸・腹部・Vライン・顔の鼻から下
照射面積 4.5~9.25㎠ 4.16㎠ 1㎠
1ショットあたりの価格 0.023円~0.14円(スーパープレミアムカートリッジ使用時) 0.21円 (カートリッジの寿命なし)
おすすめポイント カートリッジの種類が豊富 冷却機能付き・全身に対応 唯一のレーザー式で濃い毛に効果的

ケノンは対応の幅が広い

ケノンの強みは、照射部分のカートリッジが交換可能な事です。最初からついているスーパープレミアムカートリッジ以外は別途購入する必要がありますが、カートリッジを変更することで照射範囲や効果が変わります。

照射の威力も10段階で調節でき、照射パワーを左右するコンデンサがケノンには4つ搭載されているので、剛毛部位にも効果が期待できるので対応の幅が広いことが特徴です。

1ショット当たりの価格が安く、カートリッジの買い替えも可能なのでコスパにも優れていると言えます。

家族で共有して使いたい方や部位によってカートリッジを使い分けたい方、光美容器の中でもトップクラスの脱毛効果を実感したい方はケノンを利用してみると良いでしょう。

▶ 様々な毛質・肌質に対応できるケノンの公式サイトはこちら

脱毛ラボホームエディションは全身脱毛が行える

脱毛ラボホームエディションは顔とVIOを含めた脱毛が行えるので、自宅で全身脱毛を行いたい方に向いています。

脱毛サロンと同じ1照射あたり最大2.9ジュール㎠の照射パワーがあり、照射レベルが5段階で調節でき、どのレベルで使用しても30万回照射できます。

顔や指などのデコボコした部位にも効果を発揮しやすい「高機能タッチセンサー」、脱毛と冷却が同時に行える「冷却機能」、脱毛時間を短縮する「連射モード」などサポート機能も豊富なので、脱毛を行うのが初めての方にもおすすめの家庭用光美容器です。

▶ 全身に照射可能!初めての方にもおすすめの脱毛ラボホームエディションはこちら

トリアはレーザー脱毛が行える

レーザー方式の光美容器であるトリアは濃くて太い毛に対して効果が高いことが特徴です。

照射範囲が狭いので広範囲の脱毛を行うとなると時間がかかりますが、照射威力が弱い光美容器ではなかなか抜けにくい部位や、ヒゲに対して使いたいと考えている方に向いています。

最大で約500回の充電が可能で、カートリッジの寿命を気にせず脱毛を行えます。

▶ 太くて濃い毛にも効果的!レーザー脱毛が行えるトリア公式はこちら

家庭用光美容器の疑問を解決!

ここからは家庭用光美容器を利用する際に知っておきたい情報をお伝えします。

自宅での光美容器の使い方と効果を高める方法

脱毛サロンや医療脱毛クリニックではスタッフの手慣れた技術で脱毛を進めてもらう事ができますが、家庭用光美容器の場合は自力で照射を行うので全て自己責任となります。

機種によって家庭用光美容器の起動の仕方やメンテナンスなどは違いますが、家庭用光美容器を使う際に共通して覚えておくべき使い方についてお伝えします。

1~2日前までに脱毛部位をシェービング

家庭用光美容器は毛の黒い部分に反応して照射を行うので、毛が伸びている状態だと毛根に上手く照射ができないため、効果が減少してしまいます。

脱毛時は肌に負担がかかるので、自己処理の際には肌が傷つきやすいカミソリ等を使用せず、家庭用光美容器を使用する1~2日前に電気シェーバーを使って自己処理するようにしましょう。

毛抜きやワックスなどを使用して抜いてしまうのもNGです。

漏れが無いように肌に密着させて照射する

光やレーザーを当てる事を怖がって肌から浮かせた状態で照射をしてしまうと効果が薄れてしまいます。慣れないうちは照射レベルを下げて、照射口をしっかりと肌に密着させた状態で照射をすると脱毛効果を実感できるでしょう。

照射漏れの不安がある方は、連射機能がある機種を使ってスライドするように照射したり、照射範囲の広い光美容器を使うとムラなく照射できます。

使用後のアフターケア

脱毛を行った後は肌がダメージを受けている状態なのでそのまま放置してしまうと肌荒れなどに繋がります。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは光やレーザーで受けた熱を冷ますために、事前にジェルを塗ったり冷却機能付きのヘッドを用いて脱毛しているので、家庭用光美容器を使った後も保冷剤などを使用して肌を冷やし、クリームやオイルを塗って保湿するようにしましょう。

脱毛前後の飲酒、入浴、日焼けは控える

脱毛後の肌がダメージを受けている状態で、体温が上がり血行が良くなると赤みやかゆみの原因にもなります。フラッシュ式の光美容器やレーザー式の家庭用光美容器で脱毛をした日は、お酒を飲んだり長い時間湯船に浸かる事もなるべく控えましょう。

また、日焼けした肌はメラニン色素が多く含まれているため、脱毛時の刺激が強くなったり毛根に上手く照射されずに効果が減少する可能性があるので、家庭用光美容器で脱毛を行う期間中は日焼け止めなどを塗って極力日焼けしないようにしましょう。

家庭用光美容器の脱毛効果!いつから抜ける?

「脱毛効果」に対してはっきりとした定義などはありませんが、脱毛サロンで実感できる「毛が生えるスピードが遅くなる」「生えてくる毛の数が少なくなる」と言った減毛・抑毛の効果は家庭用光美容器でも実感できます。

脱毛効果を実感できるのはいつから?

まず大前提として、脱毛効果を実感するまでは個人差があり、機種によって照射の威力が違います。なのでいつから効果が出るとははっきりとは言えませんが、2~3ヶ月ほど使用を続けると効果があらわれ始める方が多いようです。

また、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで使われている機器とは照射の威力が違うため、家庭用光美容器で同じ回数の脱毛を行ったとしても全く同じような効果は得られないので注意しましょう。

光美容器の使用頻度は?

家庭用光美容器の使用頻度は機種によって前後しますが、およそ2週間以上間隔を空けて使用することが推奨されている機種が多いです。

3ヶ月程使用し、毛が生えてくるスピードが遅くなったり生えてくる量が減ってきたら、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように徐々に使用頻度を減らすようにすると良いでしょう。

中には、早く毛を少なくしたいからと言って毎日のようにやりすぎてしまう人もいますが、沢山使ったからと言って早く脱毛効果が出るわけではありません。過度な使用は肌に負担がかかりすぎて荒れてしまう原因になるので、やりすぎは絶対にNGです。

逆に、まだ充分な効果が出ていないのに脱毛の間隔をあけすぎてしまうと、脱毛効果を実感するまでに時間がかかってしまうので、メーカーが推奨する使用頻度をしっかりと守り、毛の成長するタイミングに合わせて肌を傷めないように脱毛を行いましょう。

家庭用光美容器はVIOやメンズの剛毛に効果ない?

VIO使用可の光美容器を使う

VIOは身体の他の部位よりも毛が太く濃いので、毛が薄い部位の脱毛を行う時よりも効果が出るまでに時間がかかります。

IラインやOラインは粘膜に近い部分で刺激に弱い部位なので、家庭用光美容器でVIOの脱毛を行いたい方は、公式からVIOの脱毛も推奨されている自宅で脱毛を行うと良いでしょう。

今回ランキングで紹介した光美容器の脱毛ラボホームエディションは公式でVIOの脱毛が行えると推奨されています。機器に搭載されている冷却機能で脱毛時の痛みを抑えられて脱毛後の肌の負担も抑えられるので、VIOの脱毛におすすめです。

光美容器はメンズの剛毛に効果ある?

男性は女性よりも毛が濃くて太いだけでなく肌の厚みも違うので、女性が光美容器を使った時よりも満足する効果を得るまでには時間がかかります。

中でも特に剛毛で厄介なヒゲは医療脱毛クリニックで脱毛を行ったとしても効果を満足するまでには1年以上の時間がかかるため、家庭用光美容器で処理する場合にも根気よく照射し続ける必要があります。

その時間を少しでも短縮するために、メンズの髭などの剛毛部位に使用を考えている場合は、レーザー式の光美容器や照射の威力を調節できる光美容器がおすすめです。

家庭用光美容器で全身脱毛は行える?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも、全身脱毛のプランが用意されていますがプランの中に顔やVIOは含まれていないというものもあります。

家庭用光美容器でも照射可能範囲に「全身」と書かれていても顔やI・Oラインなどは除くという機種もあるため、それらの部位を含めた全身の脱毛がメーカーから推奨されている機種をまとめました。

メーカーから全身脱毛が推奨されている家庭用光美容器

機種名 価格 照射面積
脱毛ラボホームエディション 64,980円(税込) 4.16㎠
LAVIE(ラヴィ) 通常 49,800円+税
美顔カートリッジ付き 53,800円+税
7.4㎠
BiiTo2 54,400円+税 2㎠~3.72㎠

以上の3つの機種がメーカーから顔やVIOを含む全身脱毛に対応していると表記されている光美容器です。

脱毛ラボホームエディションやBiito2は冷却機能がついているので照射のたびに部位を冷やす必要がなかったり、LAVIEは照射面積が広いので脱毛を行う時間を短縮できるというメリットがそれぞれの機種にあります。

光美容器を使って自宅で永久脱毛は行える?

自宅で手軽に脱毛効果が実感できることが売りの家庭用光美容器を紹介してきましたが、永久脱毛は行えるのか調べました。

家庭用光美容器で永久脱毛はできない

永久脱毛は、本来資格を持った医療従事者による「医療行為」なので、永久脱毛は医療脱毛クリニックでのみ可能です。

医療脱毛クリニックのレーザーと同じ仕組みで作られているトリアなどのレーザー式の家庭用光美容器でも、照射威力が抑えられているので永久脱毛はできません。

自宅で永久脱毛を行う事はできませんが、レーザー式の光美容器であるトリアや出力の強いフラッシュ式の光美容器を繰り返し使用することで、減毛効果を実感することはできます。

永久脱毛=全く毛が生えてこないというわけではない

永久脱毛と聞くとその後一切毛が生えてこなくなると言うイメージがありますが、実際にはそうではありません。

米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように定義されています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

医療脱毛クリニックで永久脱毛を行ったとしても、その後一切毛が生えてこなくなるという効果があるわけではありません。

新たに毛が生えてくる可能性を0にするというわけではないので覚えておきましょう。

おすすめの光美容器ランキング14選まとめ

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで肌を晒すことに抵抗がある方、予約を取って決められた日時に通うのことが難しい方におすすめなのが家庭用光美容器です。

外出をしなくても自宅で時間に縛られずに脱毛が行えるため、利用者も増えています。

今回紹介したおすすめの家庭用光美容器14種は、使ってすぐに毛が抜けるというものではありませんが、使用を繰り返す事で毛が生えにくくなったり生えるスピードが遅くなる効果があります。

そのためには長期的に使い続ける必要があるので、自分の用途に合わせた家庭用光美容器を選ぶことが重要です。

当サイトで紹介している家庭用光美容器の中で、アクセス数が最も多く人気の光美容器「ケノン」は、カートリッジや光の強さを変える事で照射範囲や威力を変えられる使い勝手の良さが特徴です。

照射威力を強く調節することもできるので太い毛に対しても効果が高く、I・Oラインや目元などを除いた全身脱毛も行えるので、初めて家庭用光美容器を買ってみようと考えている方はもちろん、新しい光美容器に買い替えたいという方にもおすすめです。

当サイト人気No.1家庭用脱毛器ケノン
RECOMMEND関連記事
パナソニック脱毛器はVIOや顔に使える?口コミで効果と痛みもチェックのイメージ
ルメアプレステージの効果や口コミを調査!フィリップス脱毛器はVIOに使える?のイメージ
2PSクリスタルの効果や口コミは?顔やVIOなどの脱毛範囲や使い方も解説!のイメージ
Cyden(サイデン)スムーズスキンbare plusの効果や口コミは?使い方や痛みについて解説のイメージ
脱毛器BiiTo2(ビートツー)の脱毛効果を口コミから解説!VIOや顔への使い方を調査のイメージ
レイボーテヴィーナスはVIOまで使える?ヤーマン光美容器の効果や使い方を解説のイメージ
おすすめの安い家庭用脱毛器3選!コスパ抜群の脱毛器の効果と選び方のイメージ
家庭用脱毛器の価格はいくら?脱毛器の料金と特徴を徹底解説!のイメージ
自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめ!家庭用脱毛器の選び方のイメージ
ミュゼ家庭用脱毛器の効果や口コミを調査!顔やVIOにも使える?のイメージ