脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > 自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめ!家庭用脱毛器の選び方

自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめ!家庭用脱毛器の選び方

自宅で脱毛が可能!中学生・高校生におすすめの家庭用脱毛器

中学生や高校生で脱毛するなんてまだ早いと考えている親御さんもいると思いますが、多感な時期は周りの目も気になり、毛が濃いことがコンプレックスという中学生・高校生は少なくありません。

最近は中学生や高校生でも脱毛が行えるサロンが多くありますが、自宅で脱毛したいと思っている中学生・高校生のために家庭用脱毛器の選び方を紹介したいと思います。

様々な自宅でできる脱毛方法の中でなぜ家庭用脱毛器がおすすめなのかについても解説しているので、自宅で脱毛したい中学生や高校生はもちろん、脱毛サロンに通うのはまだ早いと思っている親御さんも参考にしてください。

どんな脱毛器がおすすめ?中学生・高校生の家庭用脱毛器の選び方

どんな脱毛器を選ぶといいのか、中学生・高校生におすすめの家庭用脱毛器の選び方について解説します。

痛みや脱毛方式で選ぶ

中学生・高校生が自宅で脱毛するための家庭用脱毛器を選ぶ際は、まずは脱毛方式を確認しましょう。家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の主に2種類の脱毛方式があります。

フラッシュ式

フラッシュ式の家庭用脱毛器は毛のメラニン色素に光を当て、毛根にダメージを与えることで脱毛する方式で、一般的な脱毛サロンで使用しているフラッシュ脱毛と同じです。フラッシュ式の家庭用脱毛器は痛みが少なく広範囲を一気に脱毛が行えるという特徴があります。

レーザー式

レーザー式の家庭用脱毛器は毛乳頭にダメージを与える方式の脱毛で、自宅でも使用できるように医療用のレーザー脱毛よりも出力を下げて開発されています。フラッシュ式の家庭用脱毛器よりも痛みが強く、脱毛範囲が狭いため広範囲の脱毛には時間がかかってしまいますが脱毛効果が高いという特徴があります。

家庭用脱毛器は継続して使用することで脱毛効果を得ることができるので、痛みが強く脱毛器を使わなくなってしまうと意味がありません。

一般的な家庭用脱毛器は痛みを抑え肌に負担をかけず脱毛するために、脱毛前後に肌を保冷剤を使用しますが、中には冷却機能が搭載されている家庭用脱毛器もあります。

痛みの感じ方には個人差があるので、自分に合った脱毛方式の家庭用脱毛器を選びましょう。中学生・高校生は大人に比べて肌が敏感なので、肌の色に合わせて自動で出力を調整するタイプの脱毛器ではなく、肌の状態や痛みの感じ方に合わせて自分で出力を調整するタイプの家庭用脱毛器を選ぶといいでしょう。

コスパで選ぶ

できるだけ安い家庭用脱毛器を探しているという方も多いと思いますが、満足できるまで脱毛するには時間がかかるので、購入時の安さだけではなく長い目で見たときにトータルでかかる費用も考えて家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

家庭用脱毛器にはカートリッジの寿命があるものとないものがあります。

カートリッジの寿命がない脱毛器は、本体やバッテリーが壊れない限り使い続けることができますが、カートリッジの寿命があり交換できないタイプの家庭用脱毛器はカートリッジの照射回数を使い切ってしまったら本体を買い替えなければいけません。

カートリッジの交換が可能な脱毛器はカートリッジの寿命がきても取り換えることで繰り返し使えますが、照射回数が少ない脱毛器は頻繁にカートリッジを交換しないといけないので脱毛器本体が安かったとしてもトータルで考える費用がかかっていることもあります。

ただ安いという理由で家庭用脱毛器を選ぶのではなく、照射回数やバッテリーの交換ができるのかできないのかなども考えコスパがいいものを選ぶようにしましょう。

家族で使える家庭用脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器は自宅脱毛の中でも金額が高いので、購入したいけど購入できないと思っている中学生・高校生の親御さんも多いようです。高校生でバイトをしている場合は自分で購入するという方もいるかもしれませんが、中学生や高校生のお小遣いで購入するのは困難です。

家庭用脱毛器には髭脱毛や肌ケアができるものがあるので、家族みんなで使えるような脱毛範囲の家庭用脱毛器を選び家族でシェアするのがおすすめです。

家庭用脱毛器の中には支払い方法によってお得に購入できるものや、クレジットカード払いで最長24回払いできるものもあるので、一気に出費することに抵抗がある方は月々の料金を抑えた支払い方も選べます。

中学生・高校生が自宅で脱毛が行える家庭用脱毛器おすすめ3選!

自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめの家庭用脱毛器を紹介します。家庭用脱毛器の価格、脱毛方式、脱毛範囲などの情報もまとめてあるので参考にしてください。

フラッシュ式家庭用脱毛器

脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボ ホームエディションの購入はこちら!

脱毛ラボホームエディションはフラッシュ式の家庭用脱毛器で、クレジットカード払いやAmazonPay、楽天ペイなどで支払うと本体価格から5,000円割引になります。

脱毛ラボホームエディションはカートリッジを交換することなくほぼ全身の脱毛ができ、連射モードで脱毛すると最短15分で全身1回の脱毛が終わります。カートリッジの交換ができないのでカートリッジの寿命がくると買い替えないといけませんが、照射回数は約30万発なので全身脱毛が300回できます。

脱毛ラボホームエディションには照射出力が5段階あり調整しながら脱毛が行えるだけでなく、脱毛時に肌を冷やす冷却クーリング機能がついており、脱毛前後に保冷剤などを使用しなくても中学生・高校生の肌に負担をかけず、ほとんど痛みを感じることなく自宅で脱毛が可能です。

脱毛ラボホームエディションの脱毛範囲

おでこ・こめかみ・もみあげ・あご周り・小鼻・鼻下・脇・乳輪・胸・お腹・へそ周り・VIO・うなじ・腕・手の甲・指・背中・ヒップ

本体価格 64,980(税別)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発
ランニングコスト カートリッジ交換不可
本体サイズ
総重量
76mm×D171.4mm×H50mm
約277g
使用頻度 2週間に1回(使用間隔は2週間以上あける)
決済方法 クレジットカード決済(一括、3~24回分割)
AmazonPay、楽天ペイ、後払い(手数料無料)

ケノン

ケノンの購入はこちら!

ケノンはフラッシュ式の家庭用脱毛器で、購入時には標準付属品としてスーパープレミアムカートリッジが付いてきます。

ケノンには脱毛範囲・照射回数・効果などが違うスーパープレミアムカートリッジの他にプレミアム・エクストララージ・ストロング・ラージという脱毛用カートリッジがあり、付け替えて使えるという特徴があります。その他にも美顔スキンケアカートリッジも購入できるので、カートリッジを付け替えて美顔器としても使用できます。

ケノンはカートリッジの寿命がきてもカートリッジさえ取り換えれば繰り返し使えます。

照射出力が10段階で調整しながら脱毛できるので、中学生や高校生の敏感な肌でも痛みや部位に合わせて負担をかけずに脱毛できます。

ケノンの脱毛範囲

顔(眉、目、唇は除く)・胸毛・お腹・手の甲・指・モモ・すね・脇・Vライン

本体価格
別売りカートリッジ
69,800円(税込)
7,900円~20,200円(税込)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 50万発~300万発(スーパープレミアムカートリッジ使用時)
ランニングコスト カートリッジ交換可能
本体サイズ
総重量
プローブ重量(脱毛器本体)
215mm×D290mm×H90mm
約1.6kg
120g
使用頻度 2週間に1回(1ヵ月に最大2回まで)
決済方法 代引き引換(手数料無料)銀行振込、クレジットカード(1,2,3回以上の分割、リボ払い)
レーザー式家庭用脱毛器

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの購入はこちら!

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、医療脱毛クリニックで使用されているダイオードレーザーを自宅でも使用できるように設計されたレーザー式の家庭用脱毛器です。

5段階で出力を調整することができる家庭用脱毛器で、カートリッジの交換の必要がないため本体やバッテリーが壊れない限り使い続けることができます。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xはレーザー式の家庭用脱毛器なので、フラッシュ式の家庭用脱毛機に比べて痛みが強いですが、長期的に使用することでクリニックに近い脱毛効果を得ることができます。中学生や高校生の肌は敏感なので最初は弱いレベルの出力から試し、肌の状態や痛みに合わせ出力を上げていくといいでしょう。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの脱毛範囲

腕・脚・手足の指・背中・脇・胸・腹部・Vライン・顔の鼻から下の部分

本体価格 40,530(税込)
脱毛方式 レーザー式
ランニングコスト カートリッジ交換不可
本体サイズ
総重量
38mm×D40mm×H170mm
584g
使用頻度 2週間に1回
決済方法 クレジットカード払い(一括、3~24回分割、リボ払い)代金引換(トリア購入時の手数料660円)

自宅脱毛で家庭用脱毛器が中学生・高校生におすすめの理由

多感な時期の中学生・高校生は、脱毛サロンなどで他人に身体を見せることに抵抗があるとと感じています。また中学生・高校生の親御さんも、脱毛したい気持ちは分かっていても脱毛サロンやクリニックに通うのはまだ早いと思っていることが多いようです。

そこで自宅で脱毛する方法の中で、なぜ家庭用脱毛器がおすすめなのか解説したいと思います。

自宅で脱毛する方法

カミソリ

カミソリは浴室などで使用でき、費用も安く抑えられることから1番手軽に自己処理できますが、脱毛ではなく肌の表面の毛を剃る除毛になります。剃った直後は毛がなくなり肌がきれいになりますが、その効果は半日~1日程度しか続かないので毎日のようにケアする必要があります。

毛抜き

毛抜きは毛を1本1本抜いていくので痛みがあるものの、費用もかからず自己処理でき、一度抜いた毛はなかなか生えてきませんが、埋没毛になったり炎症が起きやすいです。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは脱毛専用に作られたワックスを温めて肌に塗り、しばらくたってから一気に剥がして処理するため脱毛の際に強い痛みを伴います。手頃な値段で購入でき、毛根から毛を抜くのですべすべな肌が2週間~3週間程度続きますが、また新たな毛が生えてくるのでその度に脱毛ワックスをする必要があります。

除毛クリーム

除毛クリームは手頃な値段で購入でき、塗布した後に数分時間を置いてから洗い流すだけで、毛穴の奥までクリームが入り込み毛を溶かして除毛します。カミソリよりは手間がかかりますが、保湿成分が配合されているものが多いので肌への負担を抑えて除毛でき、きれいな肌が3日~1週間程度続きます。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はカミソリや除毛クリームよりも購入費用はかかってしまいますが、サロンやクリニックに通うよりも安い料金でフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が手軽に自宅でできます。

家庭用脱毛器はメラニン色素に反応して光やレーザーを照射し、毛根の中で毛を作るはたらきをしているバルジ領域に対してダメージを与えます。脱毛サロンやクリニックよりも脱毛効果は低いですが、継続して使うことで毛が生えるスピードを遅くしたり、太い毛をだんだん細くするなど脱毛サロンやクリニックに近い脱毛効果が期待できます。

なぜ自宅脱毛で家庭用脱毛器が中学生・高校生におすすめなの?

自宅で脱毛が行える方法には、カミソリ、毛抜き、脱毛ワックス、除毛クリーム、家庭用脱毛器などがありますが、大人よりも肌が敏感な中学生や高校生には家庭用脱毛器がおすすめです。

カミソリ、毛抜き、脱毛ワックスは費用を安く抑えて毛を処理できますが、肌に負担をかけてしまうので肌が敏感な中学生・高校生にはおすすめできません。除毛クリームは肌に優しい成分を配合している商品が多く、1本あたりの値段は高くないので部分的な除毛には使用してもいいと思いますが、3日~1週間ごとに自己処理する必要があるため手間がかかり、全身に使う場合は大量にクリームを使うため費用がかかってしまいます。

なぜ中学生・高校生の自宅脱毛で家庭用脱毛器がおすすめかというと、家庭用脱毛器には自分で出力を調整できるタイプのものがあり、正しい使い方をすれば肌に負担をかけることなく脱毛することができるからです。

他の自宅脱毛に比べると家庭用脱毛器は購入時の出費は大きいですが、正しい使い方をすれば20年以上使えるものが多いです。コスパも良く1度購入してしまえば気になった時に好きな部位を自宅で脱毛することができるので、勉強や部活動に忙しい中学生や高校生にピッタリです。

自宅で脱毛が行える家庭用脱毛器の中学生・高校生の脱毛効果

家庭用脱毛器は自宅で脱毛が行えるように設計されているので、脱毛サロンやクリニックに比べると脱毛効果を感じるまでに時間はかかりますが、フラッシュ式、レーザー式共に使い続けることで少しずつ脱毛効果を実感することができます。

ただし中学生や高校生の時期は、子供から大人の身体に変化する第二次性徴期と言われる時期でホルモンバランスが不安定になっているため一時的に毛が濃くなることがあるようです。

大人のように安定した脱毛効果はすぐに実感できないかもしれませんが、中学生・高校生も長期的に家庭用脱毛器を使用することで毛が生えるスピードを遅くしたり、太い毛をだんだん細くするなどの脱毛サロンやクリニックに近い脱毛効果が期待できます。

中学生・高校生が自宅で家庭用脱毛器を使うときの注意点

中学生・高校生が自宅で家庭用脱毛器を使い脱毛する時の注意点をまとめました。

ホクロやシミに照射しない

家庭用脱毛器はフラッシュ式、レーザー式共に毛のメラニン色素などの黒いものに反応するため、ホクロやシミなどに使用すると強い痛みを感じたり火傷をしてしまう恐れがあります。

中学生や高校生が自宅で家庭用脱毛器を使う場合は、慣れるまでは親御さんと一緒に使用するようにしてください。

日焼けをしない

中学生や高校生は部活動などで屋外で活動することも多いと思いますが、自宅で家庭用脱毛器を使用する場合は、日焼けをしないようにしましょう。

日焼けして敏感になっている肌に家庭用脱毛器を使うと、負担がかかってしまいます。強い痛みを感じたり、火傷をしてしまうこともあるので、屋外で活動する場合は日焼け止めクリームなどを使いUV対策するようにしてください。

もし日焼けをしてしまった場合は、日焼けした部分を避けて家庭用脱毛器を使用するようにしましょう。

脱毛器の脱毛範囲を守る

どの家庭用脱毛器でも全身の脱毛が行えるわけではなく、脱毛器によって照射範囲が違います。中学生・高校生の敏感な肌に負担をかけないためにも説明書などをよく読み、脱毛範囲を守って使用するようにしましょう。

自宅で脱毛したい中学生・高校生におすすめの家庭用脱毛器 まとめ

毛が濃いことがコンプレックスで、他人に肌を見せることに抵抗があると感じている中学生・高校生は少なくありません。

今回は自宅で脱毛したいと思っている中学生や高校生や、子供が脱毛サロンに通うのはまだ早いと考えている親御さんのために、なぜ家庭用脱毛器がおすすめなのか解説し、家庭用脱毛器の選び方を紹介しました。

家庭用脱毛器は購入時の出費は大きいですが、正しい使い方をすれば長年使えコスパも良く、1度購入してしまえば気になった時に好きな部位を自宅で脱毛することができます。

家族でシェアできる家庭用脱毛器もあるので、エキサイトエピで紹介した中学生・高校生が自宅で脱毛できるおすすめの家庭用脱毛器を参考にぜひ検討してみてください。

中高生におすすめ家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」
  • 大手脱毛サロン「脱毛ラボ」が考案!
  • 冷却クーリング機能付きで痛みを軽減
  • 照射レベルに関係なく30万発もの照射が可能!