脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > ヒゲに効果のある家庭用脱毛器3選!自宅で脱毛できる男性向けおすすめ機種

ヒゲに効果のある家庭用脱毛器3選!自宅で脱毛できる男性向けおすすめ機種

自宅で髭脱毛ができる家庭用脱毛器3選

朝のヒゲ剃りの頻度を減らすため、剃刀やシェーバーによるダメージを抑えるためという理由から、自宅で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器を使って髭脱毛を検討する男性は増えています。

そこで今回は、ヒゲに対して効果のある脱毛器はどのような特徴があるのか、おすすめ機種はなんなのか、使う時にはどんなことに注意すればいいのか、痛みはあるのかという疑問に対してエキサイトエピが解説していきます!

ヒゲ脱毛に効果がある家庭用脱毛器の特徴

男性のヒゲのは他の部位に比べて太くて濃いので、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛しても効果が実感できるまでに一番時間がかかる部位です。

そんな剛毛部位に対して効果を発揮できる家庭用脱毛器には以下のような特徴があります。

レーザー式脱毛器

レーザー式の家庭用脱毛器は、医療脱毛クリニックでも使われている「蓄熱式ダイオードレーザー」を使用しています。

毛のメラニン色素に反応してレーザーを照射すると言う仕組みはフラッシュ式と同じですが、毛根の奥にある「バルジ領域」と呼ばれる毛を作る組織を破壊するので、髭の生えるスピードが遅くなる効果に加えて、生えてくるヒゲを減らす効果があります。

照射の威力は家庭向けに調整されているため、医療脱毛クリニックで照射をした時と全く同じ効果が出るというわけではありませんが、レーザー式脱毛器は自宅でお手軽に髭脱毛を行うことができます。

フラッシュ式脱毛器

ヒゲに効果のある家庭用脱毛器の特徴として、レーザー方式の他にフラッシュ方式を利用している脱毛器があげられます。

フラッシュ式の家庭用脱毛器は脱毛サロンで利用されているIPL(Intense Pulsed Light)という毛のメラニン色素に反応する光を利用して照射を行います。

毛を作る組織にダメージを与えるので、繰り返し使うことでヒゲの生えるスピードが遅くなるような効果が期待できます。

コスパが良いもの

上記の2つは家庭用脱毛器の「脱毛方式」について触れましたが、自宅で家庭用脱毛器を使ってヒゲ脱毛をする時はコスパが良いものを選ぶことも大切です。

最初に説明しましたが、ヒゲは男性の身体の中でも最も脱毛に時間がかかる部位です。そのため、何度も照射を繰り返して使い続ける必要がありますが、家庭用脱毛器の多くは照射回数が定められています。その回数は機種に装着するカートリッジや照射レベルに関して変動し、照射可能回数内で満足できなかった場合はカートリッジ、または機種ごと買い替える必要があります。

そのため、ヒゲ脱毛に効果のある脱毛器を選ぶ際にはそういったランニングコストを踏まえた上で選ぶと良いでしょう。

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器3選

上記のヒゲ脱毛に効果のある脱毛器の3つの特徴を踏まえたうえで、おすすめの機種3選を紹介します!

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリアは家庭用脱毛器の中で唯一レーザー方式を利用した脱毛ができます。

レーザー式脱毛のヒゲに対する効果は上記でも説明した通り、毛のバルジ領域を破壊する効果があります。トリアの場合はそのレーザーの威力を5段階で調節する事ができるため、自分の肌の強さやヒゲの濃さに合わせて効率的に脱毛を行うことができます。

照射に使用するレーザーに使用制限は無く、バッテリーが続く限り使用を続ける事ができるのでコスパが良いのも魅力です。

価格 40,530円(税込)
脱毛方式 レーザー式
照射可能回数 バッテリーが尽きるまで(約500回充電可能)
使用頻度 2~4週間に1回
照射面積 1㎠
追加費用 無し

ケノン

ケノンは利用者のうち43%が男性と言われており、髭脱毛に利用する方が多いです。

ケノンは照射部分のカートリッジを交換することが可能で、その中でもヒゲに最も効果が高いのは照射威力の強いストロングカートリッジです。その他のカートリッジも照射範囲が広いため、鼻下の部分だけでなくあご下やフェイスラインのヒゲも、ムラなくスピーディーに脱毛ができます。

ケノンには照射威力を10段階で調節する機能があります。脱毛をするのが初めてだと言う方は最初は低出力から始めた方が安全ですが、ヒゲの脱毛をする時はなるべく強めの威力で照射することを推奨します。

価格 69,800円(税込)
脱毛方式 フラッシュ式
照射可能回数 50万発~300万発(スーパープレミアムカートリッジ使用時)
1万発~8.5万発(ストロングカートリッジ使用時)
使用頻度 2週間に1回
照射面積 4.5~9.25㎠
追加費用 カートリッジ交換費用(7,900円~20,200円(税込)

脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは、大手サロンの「脱毛ラボ」が販売している家庭用脱毛器です。VIOを含めた全身の脱毛が可能で、ヒゲにももちろん照射できます。

脱毛ラボホームエディションには高機能タッチセンサーがついており、他の脱毛器ではなかなか脱毛しづらいデコボコ部分にも照射がしやすいので、あごひげの脱毛にも向いています。

脱毛の前後は、照射部分を冷やす必要がありますが、脱毛ラボホームエディションには脱毛しながら冷却できる冷却クーリング機能が搭載されているので、1回の脱毛が短時間で終わる事も特徴です。

価格 64,980円(税込)
脱毛方式 フラッシュ式
照射可能回数 30万発
使用頻度 使用開始から3ヶ月は2週間に1回
以降は1ヶ月に1回
照射面積 4.16㎠
追加費用 なし(照射可能回数を越えたら買い替え)

家庭用脱毛器をヒゲに使う時の注意点

家庭用脱毛器を使用して自宅で髭脱毛をする前に、注意しておくべきポイントをお伝えします。

事前にシェービングを済ませる

髭の生えるスピードにもよりますが、脱毛をする直前ではなく当日の朝、もしくは前日の夜に電気シェーバー等を使ってヒゲをシェービングしておきましょう。

最初に説明したように、脱毛器は黒い部分に反応して照射を行うので、伸びっぱなしの状態だと上手く照射ができません。

毛抜きでヒゲを抜いてしまうのも脱毛効果が無くなってしまうだけでなく、肌へダメージを与えてしまう事になるのでNGです。

脱毛後はしっかり冷やす

脱毛は肌にフラッシュやレーザーを当てるため熱によるダメージを受ける事になります。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも、脱毛の前後にジェルを塗ったり、冷却ヘッド等を使って脱毛箇所を冷やします。

特にヒゲは強い威力で照射する必要があり、他の部位よりも熱をたくさん受ける事になるので、保冷剤などを使用して照射前と照射後にそれぞれ10秒ずつ冷やすようにすると良いでしょう。

脱毛終了後は赤みを抑えるためにも、化粧水や保湿クリームを塗っておくと良いでしょう。

日焼けはNG

サロンやクリニックでは日焼けをしていると脱毛を拒否される事も多いのですが、それは日焼けした状態の肌は通常の肌よりもダメージに敏感になっているからです。

光はメラニン色素に反応するため痛みも感じやすくなり、肝心の毛根に対しても集中して照射しづらくなるため、脱毛効果も下がります。

脱毛をしている間は、日焼けサロンなどで焼くことはもちろんNG、そして外出する際には極力日焼け止めを塗って日焼けしないように心掛けましょう。

ヒゲに家庭用脱毛器を使った時の痛みは?

脱毛の痛みには個人差があるので、「痛い」「痛くない」とははっきりとは断言できませんが、フラッシュ式のものよりもレーザー式の脱毛器の方が効果が高い分痛みが出やすいのは事実です。

特に髭の部分は毛が密集しているため痛みが出やすく、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と表現する人が多いです。

今回当サイトで紹介した3つの脱毛器は、それぞれ照射威力の調節が可能なので、最初のうちは低いレベルで照射し、慣れてきたら段々レベルを上げる事を推奨します。

自宅でヒゲ脱毛ができる家庭用脱毛器まとめ

ヒゲは脱毛効果を実感するまでにかなりの時間がかかる部位なので、脱毛器を継続して使い続ける事が重要です。

レーザー式は効果が高いものの痛みが少しある、フラッシュ式は痛みは少ないが効果が出るまでに時間がかかるといった特徴もあるので、まずは脱毛方式から機種を選んでみると良いでしょう。

なかなか効果が出ないからと言って毎日のように照射をしても効果が早く出るわけではありません。過剰な仕様は肌への負担になってしまうので、メーカーの推奨する使用頻度をよく守り自宅で脱毛を行いましょう。

ヒゲ脱毛ができるおすすめ家庭用脱毛器
脱毛器 価格と詳細 おすすめポイント

トリア
40,530円(税込)
レーザー方式
バッテリーが尽きるまで使用可
唯一のレーザー方式
ヒゲに対する効果が高い
追加費用も無し

ケノン
69,800円(税込)
フラッシュ方式
1万~300万発照射可能
カートリッジ変更可能
顔周りのヒゲも素早く脱毛
照射威力を10段階で調節可能

脱毛ラボ ホームエディション
64,980円(税別)
フラッシュ方式
30万発照射可能
アゴ付近も照射しやすい
冷却機能つき

記事閲覧数 ランキング