脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > VIOができる家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みのないやり方や経過を解説

VIOができる家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みのないやり方や経過を解説

種類がたくさんある家庭用脱毛器ですが、選ぶ脱毛器によっては脱毛範囲に違いがあります。

そこで今回は、VIOの脱毛が行える家庭用脱毛器の選び方とおすすめの脱毛器をご紹介します。効果や脱毛の経過、痛みのないやり方を解説し口コミなどもまとめました。VIOをサロンやクリニックで脱毛するのは恥ずかしい、自宅で簡単にVIOができる家庭用脱毛器を探しているという方は参考にして下さい。

VIOができる家庭用脱毛器の選び方

VIOの脱毛が行える家庭用脱毛器を選ぶ際に最低でも抑えておきたいポイントが3つあるので、購入前にチェックしておきましょう!

脱毛方式で選ぶ

現在、販売されている家庭用脱毛器にはレーザー式とフラッシュ式(光)の2種類の脱毛方式があり、痛みや照射面積に違いがあります。

レーザー式・・・照射範囲が狭く痛みを感じやすい。効果を実感しやすい。

フラッシュ式・・・照射範囲が広く痛みを感じにくい。効果はゆるやか。

VIOは毛が太く濃い部分で、さらに痛みを感じやすい部位でもあります。効果を求めるあまりレーザー式を買ったら痛みに耐えられず使用をやめてしまったということもあるので、選ぶ際には脱毛器の脱毛方式をしっかりチェックしましょう!

VラインのみかVIOまで脱毛したいかで選ぶ

家庭用脱毛器よっては、Vラインのみ脱毛が行えたり、VIOまで脱毛が行えたりと脱毛器によって脱毛範囲が異なります。

例えばVラインのみ対応している脱毛器を購入後、IOも脱毛したくなってしまい失敗したという方もなかにはいるようなので、後々のことを考慮するならVIOまで対応の脱毛器を検討してみてもよいでしょう。

VIOまで全身まるごと対応している脱毛器は脱毛ラボ ホームエディションがあげられますが、自分が欲しい脱毛器はVラインまでの対応か、VIOまで対応しているかをしっかり確認しましょう!

機能性で選ぶ

脱毛器によって内蔵されている機能に違いがあり、照射レベルを段階的に調整できるものや連射モードがついているもの、冷却機能がついているものまで様々です。

家庭用の脱毛器は素人でも安全に使えるように作られていますが、VIOは痛みを感じやすい部分になるため、照射前後に保冷剤などで肌を冷やす必要があります。

またVIOは背中などに比べて範囲は狭いですが、1回の照射ごとに冷しながら行うため手間と時間がかかります。

そのため脱毛器自体に冷却機能が付いているものが便利と言えますが、脱毛器によって機能が異なるのでどんな機能が付いているかをよく確認して選びましょう。

VIOができる家庭用脱毛器はコレ!おすすめ4選

たくさん販売されている家庭用脱毛器の中で、VIOができるおすすめの脱毛器をご紹介します!VIOまでできるものと、Vラインのみのものがあるので、それぞれの脱毛器の脱毛範囲もしっかりチェックして下さい。

おすすめNO1!冷却機能でVIOの脱毛が痛くない「脱毛ラボホームエディション」

大手脱毛サロンの脱毛ラボから販売されている家庭用脱毛器です。業務用と変わらないパワーでつくられているので、サロン同様の脱毛効果が期待できます。

片手におさまる大きさで、照射面積が4.16c㎡と広すぎず狭すぎない大きさでVIOなどの細かな部位の脱毛がしやすいです。

カートリッジ交換不要の一体型でこれ一台で全身脱毛300回分の脱毛が行えます。

機能面では冷却クーリング機能が付いているのが最大の特徴で、照射前後の肌の冷却が不要です。

全身まるごと照射でき冷却機能が付いているという点からも、VIOの脱毛にとくに適していると言える製品です。

場所をとらない大きさがいい、片手で簡単に操作ができるものがいい、照射前後の保冷剤の使用が面倒という方に向いている脱毛器です。

脱毛ラボホームエディションの脱毛範囲

VIO・おでこ・こめかみ・小鼻・鼻下・乳輪・胸・お腹・へそ周り・もみあげ・あご周り・ワキ・うなじ・腕・手の甲・指・背中・ヒップ

脱毛ラボホームエディションの特徴
価格 64,980円(税別)
脱毛方式 フラッシュ式
機能 照射レベル5段階調整・連射モード・冷却クーリング・タッチセンサー・照射回数表示
照射回数 30万発 ※カートリッジ交換不要
照射面積 4.16c㎡
推奨使用頻度 使用開始3ヶ月間は2週間に1回
4ヶ月以降は1ヶ月に1回

おすすめNO2!照射回数最多「ケノン」

ケノンは脱毛したい部位や毛の濃さによってカートリッジを使い分けることができ、最大300万発照射できる家庭用脱毛器です。

カートリッジは5種類あり、全ての部位を照射できる「スーパープレミアム」や照射面積の広い「エクストララージ」、Vラインなどの毛が濃い部分に最適な「ストロング」、プレミアムタイプのスペアとして使用できる「ラージ」、光美容として使用できる「美顔スキンケア」と用途によって使い分けができます。

本体には、最大値300万発照射できるスーパープレミアムタイプ付属されていますが、そのほかの4種類は別売りで購入が必要です。

照射レベルが10段階まで調整でき、レベル1でより肌に優しく、レベル10でサロン級の脱毛が行えます。

照射レベルを細かく設定したい、カートリッジは寿命が長いものがいいという人に向いている脱毛器です。

ケノンの脱毛範囲

Vライン・脇・顔(眉、目、唇は除く)・胸毛・お腹・手の甲・指・モモ・すね

ケノンの特徴
価格 69,800円(税込)
脱毛方式 フラッシュ方式
機能 照射レベル10段階調整・自動モード・連射モード・タッチセンサー
照射回数 1万発~300万発(照射レベルとカートリッジにより変動)
照射面積 4.5c㎡~9.25c㎡(カートリッジにより)
推奨使用頻度 2週間に1回

おすすめNO3!レーザー方式を採用「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

トリアは医療脱毛でも採用されている「蓄熱式ダイオードレーザー」と同じレーザーを照射できる家庭用脱毛器です。

照射面積が狭いため、Vライン全て終わるまでに約20分の時間がかかりますが、長期的な使用でクリニックで脱毛したような脱毛効果が期待できます。

レーザー式で痛みを感じやすい脱毛器なので、慣れるまでは低いレベルから使用しましょう。

充電式で1回の使用時間は30分間になるので、ほかの部位も脱毛したい場合は日をずらして行うとよいでしょう。

高い脱毛効果を求めている人、痛みに強い人に向いている脱毛器です。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの脱毛範囲

Vライン・脇・脚・手足の指・背中・胸・腹部・顔の鼻から下

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの特徴
価格 40,530円(税込)
脱毛方式 レーザー式
機能 照射レベル5段階調整
照射回数 制限なし ※カートリッジ交換不要
照射面積 1c㎡
推奨使用頻度 2~4週間に1回

おすすめNO4!照射面積が広く時短「LAVIE(ラヴィ)」

ラヴィ脱毛器は、カートリッジを交換すれば脱毛だけでなく肌のケアもできる家庭用脱毛器です。

本体は240mm×240mm×100mmと大きめですが、脱毛する際には本体と繋がっているハンドピースを使用して照射していきます。照射面積が6c㎡と広めの設計なので照射回数が少なく済み短い時間で脱毛することができます。

レベルを高く設定するほど痛みを感じやすいので、VIOなどの毛が太く濃い部位への使用は、低いレベルから試し照射前と後で保冷剤で肌を冷やすケアが必要です。

7段階の細かいレベル設定ができ、オート照射や連射などの便利な機能も搭載されています。

カートリッジ1個の照射回数が5千~10.5万発と少ないのでカートリッジの寿命は短いですが、VIOまで対応している脱毛器です。

時間をかけずに脱毛したい、肌のケアもしたいという方に向いている脱毛器です。

ラヴィ 光エステ脱毛器の脱毛範囲

VIO・顔・鼻下・うなじ・脇・胸・お腹・へそ周り・へそ下・背中・ひじ上下・手の甲指・腰・ヒザ上下・ヒザ足の甲指

ラヴィ 光エステ脱毛器の特徴
価格 基本セット 49,800円(税別)
美顔カートリッジ付 53,800円(税別)
脱毛方式 フラッシュ式
機能 照射レベル7段階調整・連射モード・オート照射・ミュート・肌センサー・照射回数表示
照射回数 脱毛カートリッジ 5,000発~10.5万発
美顔カートリッジ 6,000発~10.5万発
※カートリッジ交換必要
照射面積 6c㎡
推奨使用頻度 2~3週間に1回

VIOができる家庭用脱毛器を検証

脱毛器によって脱毛範囲に違いがあり、後々を考えるとVIOまで対応している脱毛器を検討してみるとよいです。

上記であげたおすすめの脱毛器のなかでVIOまで対応している脱毛器は、「脱毛ラボホームエディション」と「ラヴィ」の2つになります。

この2つの違いを詳しく検証してみました。

コスパ

脱毛ラボホームエディションとラヴィでは1万円ほどラヴィの方が安いですが、照射回数を確認すると1照射にあたる価格は以下のようになりました。

脱毛器 本体価格 照射回数 1照射あたりの価格
脱毛ラボ ホームエディション 64,980円(税別) 300,000発 0.21円
ラヴィ 光エステ脱毛器 49,800円(税別) 105,000発 0.47円

本体価格だけで見ればラヴィがお得に感じますが、1照射ごとの価格に換算すると30万発照射できる脱毛ラボホームエディションの方が金額的には安くできるということが分かります。

ラヴィは照射レベルを上げるほど照射回数が多く減るので、最高レベル7で照射した場合には1照射あたり9.96円かかる計算になります。

また脱毛ラボホームエディションはカートリッジ一体型なのでカートリッジの交換は必要ありませんが、ラヴィは照射回数を満たせばカートリッジを交換する必要があり、カートリッジ1つに5,000円(税別)の費用がかかります。

脱毛にかかる時間

次に脱毛ラボホームエディションとラヴィの脱毛にかかる時間です。

ラヴィは照射口が広いため脱毛にかかる時間が短いと思えますが、次の照射までに1秒以上(最大レベル7の使用で約8秒)かかることや照射前後に肌の保冷が必要になることを想定すると、1照射ごとにそれなりの時間がかかります。

脱毛ラボホームエディションは冷却クーリング機能が付いていることで照射前後の肌の冷却は必要なく、照射レベルに関係なく次の照射ができるまでにかかる時間はわずか1秒ほどなので、脱毛にかかる時間は短いと言えます。

痛み

最後に、脱毛ラボホームエディションとラヴィの痛みについてです。

どちらの脱毛器もサロンでも使用されるIPL方式の脱毛方式を採用しており、さらに照射レベルを調整できるので、痛みを感じないレベルでの使用が可能です。

どちらも自分の好きなレベルで調整できるので、痛みを最小限抑えるという点ではほぼ同等と言えます。

ただし、VIOは毛が濃く痛みを感じやすい部分になるため、自分で肌を冷やしてから照射する「ラヴィ」か、もともと冷却機能が備わっている「脱毛ラボホームエディション」かで選んでみるとよいでしょう。

VIOができる脱毛器に絞って検証してみましたが、「脱毛ラボホームエディション」と「ラヴィ」では、「脱毛ラボホームエディション」の方がコスパや脱毛にかかる時間は、安く短時間ですむということが分かりました。VIOの脱毛がしたい、全身できる脱毛器を探しているという方は脱毛ラボホームエディションを検討してみるとよいでしょう!

家庭用脱毛器で脱毛する場合のVIOへの効果

VIOは全身の毛に比べても毛が太く濃い部分になり、照射回数を重ねることで脱毛効果が実感できます。

生えるスピードが遅くなる、毛が細くなる、毛量が減るなどの自己処理が楽になるレベルの脱毛効果が期待でき、ムレやかゆみも軽減されます。

家庭用脱毛器のフラッシュ式(光脱毛)は、大手サロンでも多く採用される「IPL方式」のものがほとんどで、肌のトーンアップやキメを整えるなどの効果も期待できます。

VIOの自己処理の回数が減ることによって肌への刺激も減るので、それによる肌への負担も軽減されるでしょう。

薄くなるだけ?家庭用脱毛器でVIOを脱毛した場合の経過

VIOは他の部位に比べても毛が太く濃い部分になるので、毛が薄い部位よりも倍の時間がかかると考えた方が良いでしょう。

毛が薄い部位の一般的な脱毛の経過

・1~2回目・・・約2週間後に毛がポロポロ抜け始める

・3~5回目・・・毛が細くなる。

・6~8回目・・・毛が生えるスピードが遅くなり、自己処理の回数が減ったと感じる

・9~12回・・・毛が生えても細く目立たない程度で、自己処理がほぼ不要になると感じる

毛が薄い部位はこのような経過をたどりますが、VIOはこの倍の時間がかかります。

毛量や太さなど個人差は多少ありますが、回数を重ねるごとに毛質が柔らかくなり、徐々に薄くなっていくので、長期的に使用すると良いでしょう。

家庭用脱毛器でVIOの永久脱毛ができない理由

永久脱毛は毛を生やす組織を壊して行う医療行為にあたるため、専門の医師にしかできない脱毛法になります。

しかし毛が太く濃い部分のVIOを永久脱毛する場合には、料金がかかり痛みが伴うのがデメリットとなります。

家庭用脱毛器はあくまで、抑毛や減毛の効果までで完全に毛をなくすことはできませんが、医療脱毛ほど料金がかからず、自分のペースで脱毛でき痛みが少ないという面ではメリットが大きいと言えます。

毛量を減らしたい、自己処理の頻度を楽にしたいという方は家庭用脱毛器を、完全に毛をなくしたいという方は医療脱毛を視野に入れて検討するとよいでしょう。

    永久脱毛は米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって定義付けられています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態
  • 永久脱毛=永久に毛が生えてこない、という脱毛方法を指すわけではありません。

VIOを脱毛!家庭用脱毛器で痛みのないやり方を解説

VIOの脱毛は出力の弱い家庭用脱毛器でさえ痛みを感じやすい部位なので正しいやり方で行いましょう。

照射前の事前準備としては、VIOをシェービングしておく、保冷剤を使えるようにしておく、この2点です。

次に照射する直前に照射部位を保冷剤で冷やします。そうすることで照射時の痛みが軽減されます。

照射レベルが調整できる脱毛器の場合には、一番低いレベルから照射していき、少しずつレベルをあげていきます。痛みを感じない程度のぎりぎりのレベルで使用すれば痛みなく脱毛を進めることができます。

保冷剤の使用と照射レベルを下げることが痛みなく脱毛するコツです。

家庭用脱毛器でVIOを脱毛した人の口コミを調査!

レベルを自動で調整してくれる脱毛器を買ったら、Vラインの肌が濃いせいか弱いレベルでしか照射されないので物足りません。

VIOもできるかメーカーに問い合わせたところ、Vラインのみしかできないと言われました。自己責任で使えるようですが、怖いのでVラインのみ使用しています。IOまで脱毛したい人はちゃんと調べてから買った方がいいかも。

カートリッジが交換できるタイプを使っています。Vラインをやるときは照射口が狭いカートリッジに交換して使えるので便利です。

※大手口コミサイトより家庭用脱毛器によるVIOに関する口コミを一部抜粋させていただいてます。
口コミのまとめ

家庭用脱毛器によって機能に違いがあり、肌の色に合わせて自動で照射レベルを設定してくれるものもあります。

自動でレベルを調整してくれる点では楽ですが、肌の色が濃くなってしまった部分には弱いレベルで照射されるので物足りないという意見もありました。

照射レベルが自動化されていると肌に優しいというメリットはありますが、自分で自由に調整できないという点がデメリットにもなるようです。

脱毛器によってVラインまでしかできなかったり、照射口の多きさにも違いがあるので、購入の際には脱毛器の機能や脱毛範囲までしっかり確認した方が良いでしょう。

VIOができる家庭用脱毛器 -まとめ-

VIOの脱毛ができる家庭用脱毛器はさまざまなメーカーで販売されています。

脱毛器によってVラインまでのものやVIOまで対応している脱毛器もあるため、まずは「自分が脱毛したい部位」と「脱毛器の脱毛可能範囲」が一致しているかを確認しましょう。

機能性がそれぞれ異なるため、どんな機能が付いているかもしっかり確認するとよいでしょう。


VIOができるおすすめ家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」
  • 大手脱毛サロン「脱毛ラボ」が考案!
  • まるごと全身の脱毛が行える
  • 冷却クーリング機能付きでVIOの痛みを軽減
  • 照射レベルに関係なく30万発もの照射が可能!

記事閲覧数 ランキング