脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > おすすめの安い家庭用脱毛器3選!コスパ抜群の脱毛器の効果と選び方

おすすめの安い家庭用脱毛器3選!コスパ抜群の脱毛器の効果と選び方

コスパ抜群!おすすめの安い家庭用脱毛器

脱毛は脱毛サロンや医療クリニックでするものというイメージがあると思いますが、サロンやクリニックでは脱毛料金が高額になってしまうことがあるため、家庭用脱毛器を使い自宅で脱毛を行うという方も増えています。

ここでは安い家庭用脱毛器を購入する際に失敗しないための選び方や注意点などについてまとめています。おすすめの安い家庭用脱毛器も紹介しておいるので、ぜひチェックしてみてください。

どんな脱毛器がおすすめ?安い家庭用脱毛器の選び方・注意点

値段だけを重視して安い家庭用脱毛器を選んでしまうと、脱毛効果が得られなかったりコスパが悪く失敗してしまうことがあります。

そこで、どんな脱毛器がおすすめなのか安い家庭用脱毛器の選び方や選ぶ際の注意点について解説します。

脱毛方式と脱毛効果をチェック!

家庭用脱毛器の脱毛方式には様々な方式がありますが、使い続けることで毛が生えにくくなるなどの脱毛効果が期待できるのは、フラッシュ式とレーザー式の脱毛器です。

フラッシュ式

毛のメラニン色素に光を当て毛根にダメージを与えて脱毛を行うのがフラッシュ式の家庭用脱毛器です。レーザー式の脱毛器ほどの効果は期待できませんが、痛みが少なく広範囲の脱毛を一気に行えるという特徴があります。脱毛サロンで導入されている脱毛機はほとんどがこのフラッシュ式で、自宅に居ながら脱毛サロンと同じような効果が期待できます。

レーザー式

毛乳頭にダメージを与え脱毛を行うのがレーザー式の家庭用脱毛器です。医療用レーザーよりも出力を下げて開発されているので家庭でも安全に使用できます。フラッシュ式の脱毛器よりも痛みが強く脱毛範囲は狭いですが、高い効果が期待できます。

家庭用脱毛器は継続して使用することで脱毛効果を得ることができます。

ただ脱毛器本体の値段が安い家庭用脱毛器を購入してしまうと、効果を実感できなかったり、強い痛みに耐えられず脱毛器を使用することがなくなってしまうと意味がないので、脱毛方式をチェックして選ぶようにしましょう。

コストパフォーマンスをチェック!

安い家庭用脱毛器にはカートリッジに寿命があるものとないものがあります。

カートリッジ交換可能な脱毛器

カートリッジ部分は消耗品なので寿命がきたら交換が必要ですが、安い家庭用脱毛器でカートリッジ交換が可能な場合はカートリッジさえ取り換えればくり返し使えるのでコスパがいいでしょう。

しかし脱毛器本体が安くカートリッジ交換可能な脱毛器でも、照射可能な回数が少ないとカートリッジを交換する頻度が高くなりコスパが悪くなってしまいます。

家庭用脱毛器を1人で使用するのか家族でシェアするのかによって必要な照射回数は変わりますが、30万回の照射で全身脱毛が約300回可能なので、照射可能な回数が30万回以上の家庭用脱毛器がおすすめです。

カートリッジ交換ができない脱毛器

カートリッジ交換ができない脱毛器は、脱毛器自体が安くても照射回数を使いきってしまうと本体自体を買い替えないといけないので、照射回数が少ないとコスパが悪くなってしまいます。

カートリッジの交換ができない脱毛器は脱毛機本体の値段の安さだけではなく、照射可能な回数が30万回以上の脱毛器を選ぶようにしましょう。しかし、ただ照射可能な回数が多いだけの脱毛器では週に何回も照射しないといけなくカートリッジの消耗が早くコスパが悪いだけでなく、1照射あたりの出力が弱く脱毛効果を得られない可能性があります。

カートリッジ交換ができない脱毛器を選ぶ場合は、脱毛器本体の安さだけにこだわらずコスパや脱毛効果を重視し、脱毛サロンで使用している業務用の脱毛機と同じようなパワーがある家庭用脱毛器がおすすめです。

カートリッジの寿命がない脱毛器

カートリッジの寿命がない脱毛器は、本体やバッテリーなどが故障しない限り使い続けることができます。レーザー式の安い脱毛器でもカートリッジの寿命がありませんが、医療脱毛クリニックで用いられる蓄熱式ダイオードレーザーを使用した家庭用脱毛器は継続して使うことで脱毛効果を得られるのでおすすめです。

照射できる範囲をチェック!

家庭用脱毛器はそれぞれ照射できる範囲が違いうので、脱毛器の照射可能な部位を確認してから購入するのがおすすめです。

顔やVIOを含む全身に使える脱毛器もありますが、顔やVIOには使用できないもの、顔やVIOの一部のみ使用不可なものなど脱毛器によって様々です。

ただ値段だけを重視して安い脱毛器を選んでしまうと、自分が脱毛したい部位が脱毛範囲に含まれていない事もあるので注意しましょう。

脱毛を行っているうちに他に脱毛したい部位が出てくるかもしれません。家族や夫婦で使用する場合はもちろん、自分のみで使用する場合も顔やヒゲ、VIOなど全身に使用できる脱毛器がおすすめです。

使いやすさと機能をチェック!

家庭用脱毛器の中には何種類かのカートリッジやアタッチメントが付いていたり、追加で購入できるものもあります。

スムーズに脱毛を行うためには、値段だけを重視して安い脱毛器を選ぶよりも照射面が大きいものや部位ごとに適したカートリッジやアタッチメントがある脱毛器や照射漏れを防ぐためにも本体のアーム部分が持ちやすい脱毛器がおすすめです。

照射レベルを肌の色に合わせて自動調整するものもありますが、照射レベルを自分で調整できる脱毛器は部位や肌の調子に合わせて自分で調整しながら脱毛を行えます。

冷却機能が付いているものや、凹凸部分にも反応しやすい高性能なセンサーが付いているものもあるので、脱毛器本体の安さだけではなく機能などもチェックして使いやすそうな脱毛器を選ぶようにしましょう。

安すぎる脱毛器には注意!

大手通販サイトのAmazonや楽天などでは、照射可能な回数が多いのに1万円前後で購入できる安い家庭用脱毛器があります。

照射回数が多く安い家庭用脱毛器はコスパがいいように思えますが、照射面積が狭いものや使用頻度が多く週に何度も照射する必要があるものがありました。

照射面積が狭いものや使用頻度が多い脱毛器はカートリッジの消耗も激しくコスパが悪いだけでなく、脱毛を行う回数も増え手間がかかります。また使用頻度が多い脱毛器は照射出力も弱めに作られており脱毛効果が期待できないものがあります。

脱毛効果が期待できる家庭用脱毛器でも、脱毛サロンや医療クリニックの脱毛料金に比べると安く購入できます。脱毛器本体の値段だけを重視して1万円前後の安すぎる脱毛器を購入してしまうと、コスパが悪かったり脱毛効果を得られず後悔してしまうことがあるので注意が必要です。

コスパ抜群!おすすめの安い家庭用脱毛器3選

コスパ抜群のおすすめの家庭用脱毛器を3種類ご紹介します。

家庭用脱毛器の本体の値段、脱毛方式、カートリッジ使用回数などについてもまとめているので、脱毛器を選ぶ際の参考にしてください。

フラッシュ式の家庭用脱毛器

ケノン

ケノンは日本製のフラッシュ式の家庭用脱毛器で、国内だけで80万台の売り上げを誇ります。

ケノンは脱毛範囲や効果が違うスーパープレミアム・プレミアム・エクストララージ・ストロング・ラージという脱毛用カートリッジが5種類と、エステサロンで行われているような光フェイシャルの効果が期待できる美顔スキンケアカートリッジが1種類あります。

購入時にはスーパープレミアムカートリッジが付いており、照射レベルも10段階で調節でき、最大の照射レベルでも50万回の照射が可能で1照射あたりの値段が1.396円です。業務用脱毛機と同じようなパワーがあり、10日に1回のペースで1人で使用すると約33年間使うことができるのでコスパにも優れています。

カートリッジの交換が可能なので、カートリッジさえ取り換えればくり返し使うことができ、I・Oラインや顔の一部を除きほぼ全身の脱毛が可能なので家族でシェアして使用することができます。

本体の値段 69,800円(税込)
脱毛範囲 全身(I・Oライン、目元、眉、唇は不可)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 50万発~300万発(スーパープレミアムカートリッジ使用時)
1照射あたりの値段 0.139円(最大照射レベルの場合)
1照射あたりの出力 非公開
カートリッジ交換 カートリッジ交換可能7,900円~20,200円(税込)
本体サイズ
総重量
幅215mm×奥行290mm×高さH90mm
約1.6㎏
使用頻度 2週間に1回(1ヵ月に最大2回まで)
照射面積 7.0㎠(スーパープレミアムカートリッジ)
脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは日本製のフラッシュ式の家庭用脱毛器で、脱毛サロンである脱毛ラボが研究開発しました。

脱毛ラボホームエディションには、冷却クリーン機能が付いているので脱毛前後に保冷剤などで冷やす必要がありません。高機能タッチセンサーを搭載しているので顔・指・背中などの凹凸部分も反応しやすいという特徴があります。

照射レベルは5段階で調整することができ、脱毛サロンと同じ1照射あたり最大2.9ジュール/cm2の業務用パワーがあり、どのレベルで使用しても30万回の照射が可能です。照射回数を使い切ると本体を買い直す必要がありますが、30万発は全身脱毛が300回できる照射回数なので1人で使用すると約20年間使うことができ、コスパも脱毛サロンの約1/4です。カートリッジを交換することなく、顔やヒゲ、VIOを含む全身の脱毛を行えるので親子や夫婦で使用できます。

本体の値段 64,980(税別)
脱毛範囲 全身(顔・VIO含む)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ使用回数 30万発
1照射あたりの値段 0.238円
1照射あたりの出力 最大2.9ジュール/cm2
カートリッジ交換 カートリッジ交換不可
本体サイズ
総重量
幅76mm×奥行171.4mm×高さ50mm
277g
使用頻度 2週間に1回(使用間隔は2週間以上あける)
照射面積 4.16㎠

レーザー式の家庭用脱毛器

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは医療脱毛クリニックで用いられる蓄熱式ダイオードレーザーを使用した家庭用脱毛器です。

トリアのレーザーは家庭でも照射できるように設計されているため医療で使用されているレーザーよりは弱いですが、最大22ジュール/cm2のダイオードレーザーを搭載しているので長期的に使用することで医療クリニックに近い効果が期待できます。レーザー式の家庭用脱毛器のためカートリッジの交換をする必要がなく、本体やバッテリーが壊れない限り使い続けることができるので本体以外に追加料金がかからずコスパも抜群です。

充電式の脱毛器で1回の充電で30分間使用することができますが、照射範囲が狭く一気に広範囲の脱毛は行えないので、部位を分けて数日かけで全身を照射するといいでしょう。

本体の値段 40,530円(税込)
脱毛範囲 腕・ワキ・脚・手足の指・背中・胸・腹部・Vライン・顔の鼻から下
脱毛方式 レーザー式
カートリッジ使用回数 最大22ジュール/cm2
1照射あたりの値段 0.238円
1照射あたりの出力 最大2.9ジュール/cm2
カートリッジ交換 カートリッジ交換必要なし
本体サイズ
総重量
幅38mm×奥行40mm×高さ170mm
584g
使用頻度 2~4週間に1回
照射面積 1㎠

安くても効果ある?おすすめ家庭用脱毛器の脱毛効果

安い家庭用脱毛器の中には、照射可能な回数が少なかったり1照射あたりの出力のレベルが低い脱毛器があります。照射可能な回数が少なすぎると脱毛効果を実感できないうちに照射可能な回数を使いきってしまい、1照射あたりの出力のレベルが低い脱毛器では太い毛などへの脱毛効果は期待できません。

しかしコスパ抜群で脱毛効果が期待できる家庭用脱毛器もあります。

家庭用脱毛器はフラッシュ式やレーザー式などの脱毛法式にかかわらず、脱毛サロンや医療クリニックと比べると脱毛効果は低いので医療脱毛のような効果を得ることはできませんが、フラッシュ式の家庭用脱毛器もレーザー式の家庭用脱毛器も、継続して使用することで脱毛効果を実感することができます。

ただ脱毛器本体が安いという理由で家庭用脱毛器を選ぶのではなく、照射可能な回数や1照射あたりの出力レベルが脱毛サロンと同じパワーがあるかを確認して、脱毛器本体の安さだけで判断せず脱毛効果が期待できるコスパがよい脱毛器を選ぶようにしましょう。

1照射あたりの出力レベルを公表していない脱毛器の場合は、使用頻度が多いほど照射出力も弱めに作られている可能性があるので、頻繁に照射を行うものではなく2週間に1回程度のものを選ぶといいでしょう。

安い家庭用脱毛器では永久脱毛が行えない?

永久脱毛と聞くと一切毛が生えてこなくなるというイメージがあると思いますが、実は永久脱毛は、その後一切毛が生えてこなくなるという意味ではありません。

米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように定められています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

永久脱毛とは資格を持った医療従事者による医療行為なので、安い家庭用脱毛器だけではなく医療レーザーと同じ仕組みで作られているレーザー式の家庭用脱毛器でも永久脱毛は行うことができません。

おすすめの安い家庭用脱毛器3選!まとめ

安い家庭用脱毛器を購入する際に失敗しないための選び方や注意点などについてまとめ、おすすめの家庭用脱毛器を紹介しました。

脱毛器本体の値段を重視して安いだけの家庭用脱毛器を選ぶと、実際にはコスパが悪かったり脱毛効果が得られず失敗してしまうことがあります。脱毛器の脱毛方式、照射可能な回数や1照射あたりの出力レベルが業務用に近いのかなどをチェックして脱毛効果が期待できるコスパのよい家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

コスパ抜群!おすすめの安い家庭用脱毛器
脱毛器 価格と詳細 おすすめポイント

ケノン
69,800円(税込)
フラッシュ方式
コード式
最大照射レベル10で50万回の照射が可能!

脱毛ラボ ホームエディション
64,980円(税別)
フラッシュ方式
コード式
1照射あたり12ジュールで脱毛サロンと同じ業務用パワー!

トリア
40,530円(税込)
レーザー方式
充電式
カートリッジを交換せずに使い続けられるレーザー式の脱毛器!