脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > 子どもでも脱毛できるキッズ脱毛

子どもでも脱毛できるキッズ脱毛

痛みの出にくい光脱毛が主流になり、低価格化も進んできた脱毛サロンでの脱毛。体毛に悩みを持つ子ども向けのコースが用意されている脱毛サロンも増加してきています。キッズ脱毛の必要性に疑問を感じる人もいるようですが、需要があるからこそのサービスです。どんな場合に活用されているのか、キッズ脱毛を利用する際の注意点についても解説します。

体毛が悩みに!大人以上に深刻に考えてしまうことも

子どもの体毛の量や生え始める時期は人によって差があります。特に体が急速に成長する時期には、今まで生えていなかったワキの毛に恥ずかしさを感じやすいです。腕や脚の毛深さも、隠すことの難しい部位だけに、深く思い悩む原因になります。人との違いに厳しい子どもの社会では、場合によっては体毛が深刻な悩みに発展する場合もあります。

大人以上に着替えなどで肌を他人に見せる機会が多いのも、体毛で悩むきっかけの1つです。親が体毛の悩みとしっかり向き合っても、子どもが脱毛できるサロンは非常に少なかったため「脱毛」という手段が思い浮かばなかった人も多いのではないでしょうか?

しかし年々、脱毛の価格が全体的に低下するとともに、脱毛することそのものが一般化してきました。それにともなって子供が利用できる脱毛プランも増えてきました

習い事やスポーツが理由でのキッズ脱毛も盛んに

成長時期の個人差で生じる悩み以外にも、子どもの脱毛が必要となるケースはあります。バレエや水泳など、露出の多い恰好でレッスンを受ける場合、身だしなみの一環として子どもが体毛の処理をする場合があります。体質によっては、繰り返す自己処理が肌の負担になり、カミソリ負けや肌荒れが起こってしまう場合もあります。

カミソリによる肌への刺激を避ける1つの方法として子供向けの脱毛があります。対象年齢はサロンによって異なりますが、10歳未満の子供にも対応している店舗も存在します。全身脱毛というよりも、ワキや足といった体毛の目立ちやすい部位に限定して脱毛するケースが主流です。

バレエなどの習い事でプロを目指していたり、アスリートを目指して水泳などのスポーツに取り組んでいる子どもは、カミソリによる自己処理の頻度が多い場合もあるため、脱毛サロンの子供向けプランが選択肢の一つとして有効な場合もあります。

大人とは違う子どもの脱毛!注意すべきポイントは?

一般的な光脱毛の痛みは「ゴムではじかれるような痛み」と例えられることが多く、部位による違いや個人差はありますが、大人でも痛みを感じる場合があります。脱毛サロンでは、子どもの肌に合わせて出力を低く設定して脱毛が可能なため、標準的な出力より痛みを少なくすることができます。感じ方はそれぞれなため、一度試してみた上で、続けるかどうか親子で相談すると、不安を減らして脱毛を始めることが可能です。

痛みを感じない脱毛器を採用しているキッズ対応サロンもあるので、痛みが気になる時には利用を検討するのも手です。脱毛を始めて自己処理が不要になるくらい脱毛効果を感じた場合でも、しばらくすると再び毛が生えてくるということがあります。これは身体の変化に伴って起きることもあり、子供の成長期においては少なくないため、毛が再び生えてしまった場合は脱毛を再開する必要があります。子どもが脱毛サロンに通うにあたっての、最終的な判断は親がすることが多いですが親が主導で脱毛することは、なるべく避けた方がいいと考えられています。

子ども本人が体毛を気にしていて無くしたいと思い、脱毛を理解した上で脱毛を受けることが重要と考え、本人に直接意思確認がとれなければ脱毛をしないという方針の脱毛サロンもあります。まずは親子でしっかり話し合った上で、脱毛サロンのカウンセリングを受けるようにする必要があります

脱毛は体毛の悩みがある子どもにとって悩みを改善するために有効な手段の一つですが、身体に全く負担がないわけではありません。まずは電気シェーバーや体毛の自己処理用のグッズなど、肌への負担が少ない方法を取り入れてみてから脱毛を考えるのがおすすめです。

記事閲覧数 ランキング