脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > 埋没毛の正しい治し方!毛が埋もれる原因と予防方法・NG処理法も紹介

埋没毛の正しい治し方!毛が埋もれる原因と予防方法・NG処理法も紹介

埋没毛ができやすいヒゲや陰部の対策と埋没毛の予防方法

ヒザやワキ、ヒゲなどの毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛、肌の下で長く伸びていると気になってしまって、毛抜きで肌を傷つけて無理やり取り出したくなりますが、実は強引に引き抜くと埋没毛を繰り返す原因になる場合もあります。

この記事では埋没毛の原因と正しい治し方、予防方法などについて詳しく解説していきます。

埋没毛とは

埋没毛とは、なんらかの原因で毛穴が埋まってしまい、成長した毛が肌の上に出られず、肌の下に埋もれている状態の事で、埋もれ毛とも言います。皮膚のすぐ下に生えているので、毛の黒色が透けて、黒くポツポツと目立つ場合があります。

通常、埋没毛は肌の下に毛が埋まっているだけですが、その部分に細菌などが入り炎症を起こしてしまうと、かゆみが出たり、赤くニキビのように腫れて痛みがでたり、化膿してしまう事もあります。また黒く色が残ってしまう場合もあります。

埋没毛と症状が似ていて間違いやすいものとして、ニキビや毛嚢炎(毛包炎)、粉瘤などがあります。

埋没毛ができやすい部位

ヒザ、ヒザ下、ワキ、Vライン、二の腕、男性のヒゲ

埋没毛になってしまう原因は自己処理?!

毛抜き・カミソリが原因でできる埋没毛

埋没毛は毛穴が埋まってしまう事で毛が肌の上に出てこれなくなる状態ですが、毛穴が埋まってしまう主な原因は、毛抜きやかみそりによる自己処理です。

毛抜きやカミソリを使用して毛のお手入れをした際に肌が傷つき、皮膚が修復する際に毛穴がふさがってしまって、毛が肌の上に出てこれず埋没毛になってしまうことがあります。

またカミソリによるシェービングで、毛の断面がカットされ、とがった状態になり、これが毛穴の内側の壁に突き刺さってしまい、肌の上に出てこれず埋没毛になってしまう場合もあります。

頻繁にシェービングを行う部位ほど、埋没毛になりやすい傾向があります。

ブラジリアンワックスが原因でできる埋没毛

肌に溶かしたワックスを塗って専用のシートを貼り付け、シートとワックスを一緒に引きはがして、同時に毛も抜き去るというお手入れ方法のブラジリアンワックスですが、肌への刺激が強く皮膚に傷ができてしまうことがあります。これによってカサブタができ毛穴がふさがってしまって、毛が肌の上に出てこれず埋没毛になってしまう場合があります。

肌の乾燥が原因でできる埋没毛

肌の乾燥によって古い角質が蓄積され、皮膚が固く分厚くなっていき、毛穴をふさいでしまう場合があります。これによって毛が肌の上に出てこれず埋没毛になってしまうことがあります。

できてしまった埋没毛はムリやり取り出してもいいの?!正しい治し方とNGな処理法

ヒザや腕など目につく場所に埋没毛ができてしまうと、毛抜きなどを使って無理やり取り出したくなってしまいます。皮膚を傷つけて毛がするっと抜けたときは気持ちが良いですが、この方法は正しい治し方と言えるのでしょうか。

ここでは埋没毛の正しい治し方とやってはいけないNGな処理方法について解説します。

埋没毛の正しい処理方法

埋没毛ができてしまった場合、触らずに放っておくと、肌のターンオーバーによって分解され排出されていきます。

毛がそれ以上伸びないところまで放置しておくと、自然に分解され排泄されてしまいます。


引用:「埋没毛の原因と予防」渋谷セントラルクリニックより

正常な肌のターンオーバーは28日周期と言われますが、ストレスや加齢、紫外線などによって乱れることがあるため、埋没毛が治るまでの期間も人によって異なります。

できるだけ早く埋没毛を治したい場合、古い角質を除去したり肌を柔らかくすることができる、ピーリングやスクラブの使用が有効です。

埋没毛の間違った処理方法

皮膚の下に埋もれて黒くポツポツとしている埋没毛は見える場所にできていると、気になってつい抜いてしまいたくなります。スポッと埋没毛を取り出す感覚が気持ちよくて、クセになってしまったという人もいますが、埋没毛を無理やり抜くのは間違った処理方法です。

無理やり毛を取り出す方法は、指でひっかいたり、毛抜きで皮膚ごと引き抜いたりと様々です。
どのような取り出し方であっても無理に肌を傷つけることになるため、毛穴に細菌が入って炎症を起こし毛嚢炎となって腫れてしまう場合があります。

また肌を傷つけて抜いているため、その部分の毛穴がまた埋まってしまい埋没毛を再発することがあります。何度も同じところを触ったり、傷つけたりしていると黒く色が残ってしまう可能性も高くなります。

そのほかのお手入れ方法で埋没毛に適さないものとして、除毛クリームがあります。
除毛クリームを使用したお手入れは、肌の上に生えている毛を溶かして除毛する方法なので、肌の下に埋もれている埋没毛には効果がありません。

放置してはいけない埋没毛とは!?皮膚科での処置が必要なケースも

埋没毛の改善には、触らずに放置することが大切ですが、病院を受診したほうが良いケースもあります。

  • ニキビのように赤く腫れている
  • 痛みがある
  • 熱を持っている
  • しこりがある

痛みがあったり、化膿している場合は、皮膚科などの病院で構成物質や塗り薬を処方してもらう必要があります。悪化すると治りが遅くなったり黒く色が残ってしまうことがあるので、すぐに診察を受けるようにしましょう。

太いヒゲの埋没毛!原因と対策

男性のヒゲも埋没毛になりやすい部位ですが、その原因は髭剃りの仕上げに使用するT字カミソリです。ヒゲを深剃りさせるためにT字カミソリで逆剃りすると、肌が傷つき毛穴がふさがることで埋没毛になってしまいます。

ヒゲの埋没毛を防ぐ対策1つ目は、必ずシェービングフォームを使用し、石鹸や洗顔フォームでの代用はしないようにすることです。
シェービングフォームには髭剃りの際の刺激から肌を守るという役割もあるので、必ず専用のフォームを使用します。

ヒゲの埋没毛を防ぐ対策1つ目は、カミソリの定期的な交換です。
カミソリ自体が劣化していると肌を痛める原因となります。カミソリメーカーが推奨する刃の交換期間は2週間程度です。ただし、切れ味が悪いと感じたり、刃こぼれがある場合は、2週間よりも短くても交換を行うようにしましょう。

ヒゲの埋没毛を防ぐ対策3つ目は、T字カミソリでの逆剃りをしない、です。
逆剃りも肌を傷つけるため、埋没毛の原因になりやすいので、できれば避けてほしいですが、どうしても気になるという時は深剃りしたい部分だけ逆剃りにしてお手入れしてください。

陰部にできた埋没毛!病院での診察が必要な場合も

毛が太いVIOも埋没毛ができやすい部位です。カミソリを使用したシェービングによる刺激や、トイレで拭く際の刺激、下着などとの擦れによる刺激によって、肌が傷つき毛穴が埋まって埋没毛になることがあります。

もし陰部に埋没毛ができた場合は、できるだけ清潔に保ち、細菌が毛穴に入って炎症を起こさないよう注意が必要です。

万が一、陰部に痛みや腫れがあるという場合はできるだけ早く皮膚科や婦人科を受診しましょう。外陰部の腫れは、埋没毛ではない別の病気が原因の可能性もあるため、腫れているなと感じたら、すぐに受診するようにします。

抜くのが楽しいクルクル長い埋没毛!やめるにはどうしたらいい?

肌の下に埋もれて長く伸びた毛を、毛抜きで無理やり抜き取るのが気持ちよくて楽しい!気持ちいい!という人も多いですが、埋没毛を早くキレイになくすには、触らずに放置しておくことが大切。
とはいえ、毛抜きで抜く感覚がクセになっている場合、ダメだと知っていてもやりたくなってしまいます。

毛の自己処理によって埋没毛を繰り返してしまっているなら、脱毛してしまうというのも一つの手です。医療脱毛なら永久脱毛が行えますし、脱毛サロンでの脱毛でも自己処理の回数を減らすことができるので、埋没毛になる可能性を減らすことができます。

埋没毛も脱毛は行える!

脱毛は、医療脱毛なら医療レーザーを照射し、脱毛サロンであればフラッシュの光を照射しますが、どちらも毛の黒色の色素に反応させて脱毛するので、肌の上から黒色が透けて見えている埋没毛であっても照射することが可能です

埋没毛であっても、脱毛効果を得ることはできますが、毛穴が埋まっているため、すぐに毛が抜け落ちることはできません。肌のターンオーバーとともに自然に分解されて排出されるのを待ちます。

すぐに効果が得られないと感じるかもしれませんが、一度脱毛した部位は毛が生えにくくなったり、毛自体が細くなったりするので、今後、埋没毛になる可能性が減ります。
埋没毛を何度も繰り返している場合、その部分が黒っぽく色が残ってしまう事もあるため、脱毛を行って埋没毛を出来にくくするという根本的な対策が有効です。

医療脱毛をする場合は医療脱毛クリニックで行い、そのほかには脱毛サロンで行う美容脱毛があります。

編集部Yuko

脱毛は永久脱毛が行える医療脱毛と、エステティシャンが行ってくれる美容脱毛があり、医療脱毛は医療脱毛クリニックで、美容脱毛は脱毛サロンで行います。

埋没毛を出来にくくする予防方法まとめ

埋没毛をできるだけ作らないようにするための予防方法をまとめました。

埋没毛の予防方法
  • 自己処理は電気シェーバーで行う
  • シェービング後の保湿を徹底する
  • スクラブやピーリングを定期的に行う
  • 脱毛する

女性の体の場合、毛もさほど太くないので、顔そり用の電気シェーバーなどでお手入れすると肌を傷めずにきれいにすることができます。脱毛のヒゲのお手入れのように、どうしてもT字カミソリを使用する必要がある場合は、定期的に刃を交換して肌を傷めないように対策します。

また、毛のお手入れをした後は、肌の保湿ケアをして、ターンオーバーが乱れないようにします。スクラブやピーリングで定期的に角質ケアすることも予防になりますが、頻度が多すぎると逆に肌を痛めてしまうので、推奨される頻度をしっかり確認して使用します。

根本的な改善方法として脱毛も有効です。毛自体の量を減らすことで自己処理を行う回数も減るので、肌への刺激を抑え埋没毛になる可能性を減らすことができます。

編集部Miho

埋没毛の対策方法は触らず放置する事!ただし埋没毛の部位や状態によって病院での診察も必要な場合があるので、見極めが肝心です。