脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > 脱毛後の保湿はなぜ必要?部位別のおすすめケア方法も紹介

脱毛後の保湿はなぜ必要?部位別のおすすめケア方法も紹介

脱毛後の肌には保湿が必要!おすすめケアを部位別に紹介

サロンやクリニックで脱毛をした後は、自宅で保湿ケアを行う必要があります。また脱毛後の肌を健やかに保つためには、体の部位に適したアイテムや方法で保湿することが大切です。

ここでは、脱毛期間中に保湿が必要な理由と、おすすめのケア方法を部位別にご紹介します。

脱毛期間中は保湿するべき?スキンケアの必要性とメリット

サロンやクリニックで脱毛する前と脱毛した後は、自分で保湿ケアを行うことが重要です。なぜ、脱毛期間中に保湿が必要なのか解説します。

効率よく脱毛を行える

サロンやクリニックでの脱毛は、レーザーや光を体毛のメラニン色素にあてることで脱毛処理を行います。照射の際、潤いが保たれ健康な状態の肌であれば、照射するレーザーや光が毛根に届きやすくなります。

一方、乾燥した状態の肌は角質層が厚くなるため、レーザーや光が毛根に届きにくくなります。また、乾燥している肌はバリア機能が低下しており、炎症や火傷などの肌トラブルを起こしやすい状態です。乾燥した肌には、肌トラブルを防ぐために照射レベルを下げて施術することになります。

より高い照射レベルで効率よく脱毛するために、普段から保湿ケアをして肌に潤いを与え、乾燥を防ぐことが大切です。

脱毛時の痛みが軽くなる

肌が乾燥によってバリア機能が低下していると、脱毛時に肌に負担がかかり、痛みを感じやすくなります。
保湿により肌のバリア機能が整うと、照射による外部刺激に対して肌を守ることができ、脱毛時の痛みを軽減することができます。

脱毛後の肌トラブルの可能性が低くなる

光やレーザーを照射して脱毛する際、熱エネルギーが肌の水分を奪うため、肌は乾燥しやすくなります。
普段からの乾燥に加えて施術により乾燥が進めば、些細な刺激にも敏感な状態になり、次のような肌トラブルにつながる可能性があります。

  • 肌のかさつき、粉ふき
  • 肌の炎症、赤み
  • 肌のかゆみ
  • 肌がほてる
  • 乾燥小じわができる

脱毛前や脱毛後に保湿して肌状態を整えておけば、乾燥を防いで肌トラブルの発生リスクを抑えることができます。


Re:cosme編集部
小谷ゆか

保湿を行うことで肌のキメが整うと、脱毛後の仕上がりもより良い印象になります。
肌が乾燥していると新陳代謝が遅れ、古い角質が溜まりやすくなります。角質が溜まった結果、皮膚の下に毛が埋もれてしまい黒っぽく見える埋没毛につながる可能性があるのです。普段のスキンケアで保湿を行えば、埋没毛が気にならない好印象な肌を維持できます。

脱毛後の保湿方法とおすすめアイテム!VIOなど部位別のケア方法は?

脱毛による肌の乾燥やダメージを防ぐためには、部位に合わせてスキンケアアイテムを選び、正しい方法で保湿することが大切です。ここでは、脱毛後の肌の状態と保湿方法を、VIOなどの部位別にご紹介します。

脱毛後の肌の状態

サロンやクリニックで行われる脱毛では、レーザーや光を毛根のメラニン色素にあてます。レーザーや光を毛根のメラニン色素に反応させることで、発生した熱が発毛組織にダメージを与えて脱毛できます。

脱毛すると、レーザーや光の熱によって肌の水分が蒸発しやすくなり、水分量が減ってしまいます。高い出力の熱を照射することでより脱毛効果を実感しやすくなりますが、肌状態によっては軽い火傷のような状態になってしまうこともあるのです。

肌へのダメージを抑えるためには、脱毛前と脱毛後の丁寧な保湿が大切です。

部位別の保湿ケア方法

人の体は部位によって肌の厚みが異なるため、肌状態を整えるためには各部位に適したアイテムを選んで保湿しましょう。
また、脱毛後の肌は乾燥しやすくて敏感な状態になっています。肌トラブルを防ぐためには、新しいものではなく普段から使っている自分の肌に合ったアイテムで保湿するようにしましょう。

顔は、体と比べると皮膚が薄いため外部刺激を受けやすい部位です。化粧水で肌に潤いを与えた後は、水分が蒸発しないように必ず乳液の油分でフタをしましょう。
脱毛後の肌は乾燥しやすくて敏感なので、使用する化粧水や乳液は保湿力が高くて敏感肌の方でも使いやすいものがおすすめです。

VIO

VIOはデリケートな部位であるため、敏感肌用の化粧水やVIO専用の保湿剤を使うことが大切です。Iゾーンは粘膜に近いため、アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。
また、VIOは蒸れやすいため、油分が多いクリームを使うと、油分が酸化して炎症を起こすことがあります。油分が多いクリームを使用する場合は、塗る量を少なめにしましょう。

ボディ

体も顔と同じように、化粧水で潤いを与えてから乳液でフタをするのがおすすめです。1つのアイテムで保湿するなら、水分と油分を含むジェルやミルクローションを使いましょう。
背中を脱毛する場合は、鏡を使って背中を見ながら丁寧に保湿してください。


Re:cosme編集部
小谷ゆか

どの保湿アイテムを使ったらよいかわからないときは、通うサロンやクリニックにあらかじめ確認しましょう。

脱毛前に保湿は必要?前日・当日のスキンケアの注意点

保湿は脱毛した後だけでなく、脱毛する前にも必要です。しかし、施術前日と当日では、スキンケアの注意点が異なります。
より効率よく脱毛するための、施術前日と当日のスキンケア方法を紹介します。

施術前日の夜に保湿!当日は何も塗らない

肌の保湿は施術の前日に行いましょう。しっかり保湿して肌に潤いを与えることで、乾燥を防いでバリア機能を保ち、施術時の痛みを軽減することができます。

しかし、施術当日に保湿ケアを行うと、乳液やクリームの油分などの成分が毛穴をふさいでしまい、レーザーや光が毛根にスムーズに届かなくなることがあります。

効率よく脱毛を行うために、施術当日は肌の保湿をせず、前日までに行うことが大切です。

保湿にはミルクローションやジェルがおすすめ

脱毛前の保湿に油分が多いクリームを使うと、クリームの油分が毛穴をふさいでしまうことがあります。スムーズに脱毛するためには、うるおいを与えながらも余計な油分が肌に残りにくいミルクローションや保湿ジェルがおすすめです。

クリームを使う場合は、油分が少なくて水分の多い、テクスチャーがやわらかいものを選びましょう。



この記事を書いた人:コスメコンシェルジュ 小谷ゆか

美肌作りの専門家による本音の口コミ・体験談が読めるコスメ情報メディアRe:cosme(アールイーコスメ)の編集部員として、コスメ選びの正しい知識やスキンケア・コスメの最新情報を発信しています。