脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > サロン脱毛は痛い?痛くない?部位ごとの痛み比較と痛さ軽減対策!

サロン脱毛は痛い?痛くない?部位ごとの痛み比較と痛さ軽減対策!

サロンで行う脱毛はクリニックでの脱毛に比べると痛みが少ないといいますが実際はどうなのでしょうか。ここでは脱毛部位として人気の高い、全身脱毛やVIO脱毛、ワキ脱毛など、部位ごとの痛みについてそれぞれ解説してきます。

全身脱毛の痛み!箇所によって痛みが違う

脱毛サロンの脱毛方法は、肌に光を照射して毛を減らしていくものです。脱毛時には、一瞬ではありますが、ゴムをはじいたような痛みが出ることがあります。

全身脱毛する場合は、脱毛する箇所によって痛みの感じ方が違います。

毛が細く薄い部分は痛みを感じにくく、毛が太く濃い部分は強い痛みを感じる傾向にあります。

そのため、脱毛部位によっては全く痛みを感じない部位もあれば、痛みを感じる部位もあります。

編集部Chizuru

脱毛には痛みがあるという意見もあるので、全身脱毛なんて耐えられないかも・・・と思ってしまうかもしれませんが、全ての部位に痛みを感じるわけではありません。

VIOの痛み!デリケートだから痛みを感じやすい人が多い

全身脱毛の経験者の声の中には、全身脱毛の中でVIO脱毛は痛みが強く出る部位だったという声が少なくありません。VIOは粘膜に近い部位だけに、光脱毛の刺激についても強く感じる場合が多いです。また、VIOの毛は一本一本が太くて、密集して深く生えているため、痛みが強く出やすいです。

編集部Miho

VIOの脱毛範囲は狭いため、照射の回数は少なくすむ場合もあります。脱毛の時間も短く済むため、痛みを感じる場合でも短時間になります。

ワキ脱毛の痛み!人気の部位も痛みが出やすい

ワキ脱毛は割引キャンペーンが行われていることが多く、初めての脱毛部位として選ぶ人も多い部位ですが、痛みが強く出やすい傾向があります。理由は敏感な場所であること、そして体毛が太く、しかも密集して生えていることにあります。

編集部Chizuru

「色々なパーツの中でワキ脱毛は痛い方」という声がある一方で、「思ったほど痛くなかった」「一瞬のことなので平気だった」という感想もあります。 人によって感じ方はそれぞれですが、ワキは割引キャンペーンを利用して安く脱毛ができるため、一度痛みがどの程度か試してみるのも良いかもしれません。

腕脱毛・足脱毛の痛み!関節に痛みを感じる人もいる

ワキ脱毛やVIO脱毛以外の「痛い部位」としては、肘や膝といった「関節部分の脱毛が痛かった」という声も聞かれます。

編集部Miho

関節は脂肪が少なく、脱毛の痛みが出やすい人がいます。ただ、関節は範囲が狭いため、脱毛も短時間ですみます。

顔脱毛の痛み!皮膚が薄くて痛みを感じやすい

顔に生えている毛は、腕や脚の毛と比べても薄く短い産毛が多いので、痛みを感じにくいと思われるかもしれませんが、「鼻下が痛い」「おでこが痛い」「ピリピリした」などの意見もあるため、人により痛みを感じやすい部位です。

編集部Miho

顔は皮膚自体が薄く敏感なため痛みを感じやすいです。とくに顔のなかでも皮膚が薄い鼻下やおでこに痛みを感じる傾向にはありますが、範囲が狭い部分でもあるので短い時間ですみます。

技術の進歩で脱毛サロンの光脱毛は痛みを感じにくい

脱毛が「痛い」というイメージには、脱毛の歴史が少し関係しています。

痛いイメージはニードル脱毛が原因?

脱毛サロンの光脱毛や、クリニックの医療レーザー脱毛が普及する前は、「ニードル脱毛」が脱毛の主流でした。ニードル脱毛は毛穴にハリを刺し電気を流して毛根にダメージを与える方式のため脱毛効果が期待できる反面、痛みが強く出る場合があります。ニードル脱毛をおこなっている人の中には痛みが原因で脱毛を途中でやめる人もいました。ニードル脱毛が主流だった時代のイメージがあるため、「脱毛=痛い」と思う人が多いのかもしれません。

脱毛サロンの光脱毛は痛みが少ない?

ニードル脱毛の後に普及したのが、痛みが少なく、パーツ毎に料金プランが設定されている光脱毛です。光脱毛は痛みを抑えて脱毛を進めることができる脱毛方法です。光脱毛が登場した後も、さらに痛みを軽減するための研究が重ねられ、脱毛器の進歩は今も続いています。

痛みの軽減ををさらに追及!脱毛器の進化

光脱毛は痛みを軽減して脱毛をおこなうことが可能ですが、今後の脱毛はどう変わっていくのでしょうか?現在は痛みが出ない脱毛方法の研究が進められているため、将来的には痛みの心配をせずに脱毛ができる時代が訪れるかもしれません。痛みが出ない脱毛器が普及するまでは、痛みを少しでも軽減できる脱毛器を用意している脱毛サロンを探したり、痛みを緩和するケアを行ってくれる脱毛サロンを利用すると、快適に脱毛をおこなうことができます。

自分でできる痛み軽減対策!少しでも和らげるためにできることは?

痛みを軽減できる光脱毛器は普及してきました。さらに痛みを感じにくくするために、普段から自分で注意すべき点を見てみましょう。

脱毛の前後の保湿で痛みを軽減

日常的に顔の保湿ケアを朝晩おこなっている人は多いですが、顔以外の部位についてはケアしていないという人も少なくありません。 脱毛時の痛みを抑えたいのであれば、顔に限らず脱毛する部位の保湿ケアをおこなうことが大切です。

脱毛時の痛み軽減には脱毛前後の保湿ケアが有効

脱毛の前日にシェービングを行った後は、脱毛する部位の保湿ケアをおこない、肌のうるおいを保ちましょう。乾燥気味の肌は痛みが出やすいです。 肌がうるおっていると脱毛時の痛みが少なくてすみ、脱毛後の肌荒れなども起きにくいです。脱毛を受けて帰宅した後も同様に、脱毛した部位を保湿することが大切です。


快適に脱毛をおこないたい人は、脱毛の前後だけでなく、普段から身体の保湿ケアをすることが大切です。肌が荒れて脱毛ができず、脱毛に通う期間が長くなるという事態も防げます。

肌が敏感な時は脱毛を避ける

体調がすぐれない時や、生理の前後などは肌が敏感になりやすい時期です。

肌がデリケートな時は痛みを感じやすくなってしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。

サロン脱毛の痛みは我慢できる人が多い?

脱毛サロンの光脱毛は、部位によっては痛みが強めに出ますが、照射が一瞬のため痛みを感じる時間も短いことが多いです。脱毛の痛みが心配で脱毛サロンに通うことをためらっている人は、契約する前に無料カウンセリングの時にテスト脱毛できる場合もある為、一度カウンセリングに行き、テスト脱毛を体験してみるのも手です。

痛みが心配な人は初回キャンペーンの利用も有効

安い料金で脱毛ができる初回キャンペーンを用意している脱毛サロンは多いです。初回キャンペーンは痛みが出やすいワキ脱毛おこなえるものが多いです。 脱毛の痛みが心配な人は、初回キャンペーンで費用を抑えてワキ脱毛を試し、痛みを確認してから他のパーツの脱毛を検討するのも手です。

記事閲覧数 ランキング