脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > 脱毛サロンが倒産する可能性とリスク回避法

脱毛サロンが倒産する可能性とリスク回避法

脱毛サロンで全身脱毛プランを契約すると20万円ほどのお金がかかる場合も多いため、料金を支払ったあとで「契約していた脱毛サロンが倒産してしまったらどうなる」と心配になる人もいるかもしれません。大手の脱毛サロンは小さな脱毛サロンと比べると倒産しづらいと思っている人もいるかもしれませんが、大手脱毛サロンでも倒産してしまうことがあります。

この記事では脱毛サロンに通う際に、契約前に知っておきたい、脱毛サロンの倒産によるリスク回避方法や、契約していた脱毛サロンが倒産してしまった場合の対処方法などについて説明します。

脱毛サロンが倒産してしまった場合の返金は?

脱毛サロンにまとまった金額を払い込んだ後に脱毛サロンが倒産してしまった場合、少額が返金されることもありますが、全額返還されることはないと考えた方がいいかもしれません。支払った脱毛料金の返金が受けられるかどうかは、契約書を見て、「前受金の保全措置」が契約条項に含まれているかどうかを確認して下さい。前受金の保全措置が含まれていれば、支払った料金が返金される可能性があります。

クレジットカードなどで分割払いをしている場合、脱毛サロンが倒産した後に何も手続きをせず放置してしまうと、さらに支払いが続いてしまう危険性があるので、脱毛サロンの倒産を知ったらすぐにカード会社に連絡をとり手続きが必要です。返金ではなく、支払った分の脱毛を受けたい場合の対応は脱毛サロンによってことなり、脱毛を継続できなくなる場合もあれば、同業者からの救済が実施されることもあります。

これまでに行われた救済措置の例としては、契約をそのまま別の脱毛サロンが引き継ぎ、脱毛に通い続けられたり、新たなサロンで契約を優遇 (割引)してもらえるといった例がありますが、事前に決まっていることではなく、それを予測することは困難です。

脱毛サロン契約時にできる倒産のリスク回避策

脱毛サロンの倒産でお金を無駄にしないためには契約時に「大きな契約をしないこと」です。

長期のコースをまとめて契約したほうが、一回当たり脱毛の料金がお得になることが多いですが、脱毛サロンが倒産した場合に対してのリスクヘッジをおこなうなら、長期のコースは避けるのが無難です。 また、支払い方法を「都度払い」や「月額制」など、脱毛を受けた分だけ支払う方法にすれば、脱毛料金を無駄にするという心配もありません。

脱毛サロンで脱毛効果を得るためには、平均的にみると2〜3年間通い続ける必要があります。 仕事や家庭の事情などで脱毛を一時的に中断する人も多いので、コンスタントに通うと2~3年ですむ脱毛プランだったとしても、実際にはもっと長い時間がかかる可能性があります。

契約時に店舗の雰囲気が倒産の心配がなさそうに感じたとしても、3年後やそれ以降の脱毛サロンの状況を見極めることは簡単ではありません。 初来店の時に経営状態が良好でも、脱毛が完了するまでに状況が変わる可能性があります。 倒産する可能性がある脱毛サロンを避けるために、脱毛サロンでチェックしたいポイントをあげていきます。

経営状態を疑うべきサロンの特徴

  • 「現金一括払いにすると割引額がアップします」というキャンペーンが急に始まった
  • 長期契約や物販の営業が過剰に感じられる
  • 大幅に割引をするキャンペーンの数や頻度が多い

上記の3点に当てはまる場合は、注意した方が良い場合があります。 特に、大幅な割引キャンペーンや営業がそれまではなかったのに急に始まった場合、脱毛サロンが利益を上げるための施策が急に必要になった可能性があるため、経営状態に変化があったと考えることもできます。

長期契約に不安を覚えるケース

  • 個人経営などの独立サロンでエステの協会に未加盟
  • 新規オープンで脱毛実績が少ない
  • 小規模な脱毛サロンで、広告宣伝をせずに顧客からの紹介で集客をしていて知名度があまりない

この3点にあてはまるサロンは、「経営状態が急に悪くなる」可能性があります。 小規模なサロンの中には雰囲気が良く通いやすいお店もありますが、経営悪化が心配な人は長期契約を結ぶことは避け、少ない回数のプランなどを選ぶとリスクを抑えられます。

それでも倒産に巻き込まれたら?まずやるべきこと

脱毛サロン契約時の支払いプランを「都度払い」や「月額制」以外を選んだ場合は、誰もがサロン倒産の被害者になる可能性があります。 「自分だけは大丈夫!」と軽く考えず、もし実際に脱毛サロンが倒産してしまった時にどうすれば良いかを考えておくと、いざという時に金銭的なダメージなどを少なく抑えることが可能です。

緊急時の連絡先など

  • 消費生活センターに電話相談をする。局番なしの188で繋がります。
  • AEAエステティック相談センターにアクセス。受け付けは月・水・金の午後(TEL:03-5212-8805)

消費生活センターAEAエステティック相談センターに相談することで、カードの支払いや信販会社とのローン契約の扱い、返金や救済についてなどの具体的な情報を得ることができます。 脱毛サロンの倒産はそれぞれの契約内容によって条件が変わってくるため、臨機応変に行動する必要があります。 相談や手続きは早いほうが良いので、通っている脱毛サロンの倒産を知ったら、緊急時の連絡先に連絡するなどすぐに行動することが大切です。 実際に脱毛サロンの店舗に行って返金などを求めたい人もいるかもしれませんが、脱毛サロンが倒産した場合に店舗に行っても、対応してもらえることは考えにくい為、電話相談の指示に従って行動しましょう。