脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > 家庭用脱毛器を比較!5種類の特徴や仕組み・効果の違いは?

家庭用脱毛器を比較!5種類の特徴や仕組み・効果の違いは?

フラッシュ式やレーザー式など5種類の家庭用脱毛器の特徴を比較!

家庭用脱毛器は自宅で脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うのに近い効果を得られるものもあり人気が高いお手入れ方法です。

ケノンやトリア、ノーノーヘアなど知名度の高い脱毛器が増えてきていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では人気の家庭用脱毛器を含む、5種類の家庭用脱毛器がそれぞれどんな特徴があるのかを比較、口コミから人気の家庭用脱毛器も調べてみました。

家庭用脱毛器を比較!5種類の特徴をチェック

家庭用脱毛器には方式の違いで5種類に分けられます。それぞれの仕組みや特徴、どういったお手入れができるのかをまとめました。

家庭用脱毛器の種類 仕組みと特徴
フラッシュ式 脱毛サロンとおなじ方式のフラッシュの光で抑毛、減毛させる
〇 家庭用脱毛器で一番人気が高い
〇 痛みが少ない
〇 お手入れ時間が短くて済む
× 脱毛サロンよりは効果が低い
レーザー式 医療脱毛クリニックと同じ方式のレーザーで脱毛させる
〇 家庭用脱毛器の中では脱毛効果が一番高い
× 照射ヘッドが小さいためお手入れに時間がかかる
× 痛みを伴う
サーミコン式(熱線タイプ) 熱線で毛を焼き切って除毛する
〇 肌に直接触れないため肌ダメージが少ない
〇 お手入れ後のチクチク感がない
× 使用できる部位が限られている
× お手入れに時間がかかる
× 脱毛ではなく除毛
ローラー式 ローラーで毛を挟んで抜き去る
〇 カミソリなどによる除毛と比べると除毛効果が長い
× 連続して抜くため痛みが強め
高周波式(超音波タイプ) 毛をピンセットでつまんで高周波を流し毛を抜き去る
〇 毛抜きよりも毛穴にダメージを与えずに処理が可能
〇 眉毛などの狭い範囲に適している
× 処理に時間がかかる

家庭用脱毛器は脱毛方式の違いによって5種類に分けられます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックと同じ方式のものもありますが、自己処理を少しレベルアップさせる程度の脱毛器もあるので、自分が求める毛の処理度合いに合わせて、どの家庭用脱毛器を選ぶのが良いか決める必要があります。


フラッシュ式家庭用脱毛器は扱いやすくて効果も高い

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、光を毛のメラニン色素に当てて毛根にダメージを与えることで脱毛効果が得られる方式です。

脱毛器の光の照射口が広いため照射面積が広くなり、1部位に照射する回数が少なく、1回の処理が短時間で済みます。レーザー式の家庭用脱毛器と比べて痛みが少ないのも特徴です。

フラッシュ式は多くの脱毛サロンでも使用している光脱毛方式で、家庭用脱毛器ではサロンほどの出力はないものの、実際に使用した人の口コミでは十分に効果を感じているという声が多い脱毛器です。フラッシュ式の家庭用脱毛器はIPL方式が多いですが、脱毛サロンミュゼから出している家庭用脱毛器はSSC方式です。

家庭用脱毛器フラッシュ式のメリット

ほかの家庭用脱毛器と比べたフラッシュ式のメリットをまとめました。

  • 扱いやすい
  • 痛みを感じにくい
  • 脱毛効果・抑毛効果あり
  • 商品が豊富
  • 短時間でお手入れが可能
  • 口コミでの評価が高い

家庭用脱毛器のなかでも特に扱いが簡単で、短い時間でお手入れができるのも人気の理由です。

市販されているフラッシュ式家庭用脱毛器は、価格が1~10万円前後と商品の性能によって幅広く種類も豊富です。

家庭用脱毛器フラッシュ式の代表的な商品

人気の高いケノンや、脱毛サロンの脱毛ラボが出している家庭用脱毛器もフラッシュ式の脱毛器です。


レーザー式家庭用脱毛器は医療脱毛と同じレーザーを使用

レーザー式の家庭用脱毛器は、レーザーを毛のメラニン色素に当てて毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得られる方式です。

レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで使われている脱毛方式と同じもので、フラッシュ式の家庭用脱毛器に比べ出力が強いので得られる効果も高くなります。レーザーの出力は医療脱毛クリニックで照射するほど強くはありません。

家庭用脱毛器レーザー式のメリット

レーザー式の家庭用脱毛器のメリットをまとめました。

  • 医療脱毛と同じレーザーを照射できる
  • 家庭用脱毛器では脱毛効果が一番高い

脱毛効果はほかの家庭用脱毛器の中で一番高い脱毛器です。

ただしメリットは効果の点のみ、フラッシュタイプと比べると、痛みが強い点や、本体が重い点、レーザーの照射面積が狭く1回の処理にかかる時間が長くなってしまうことなど、デメリットも多いです。

レーザー式家庭用脱毛器の価格は、15,000円~50,000円ほどです。

家庭用脱毛器だけど、できるだけ脱毛効果が高い脱毛器を使いたいという方に向いています。

家庭用脱毛器レーザー式の代表的な商品
  • トリア
  • ヤーマンのフォトレーザーシグマ
  • コスメティックレーザー
  • エピラEX

レーザー式の代表となっているのはトリアで、そのほかにはあまり有名な商品はなくバリエーションが多くありません。


サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器は熱で焼き切る除毛スタイル

サーミコン式の家庭用脱毛器でできることは、熱線で毛を焼き切ってムダ毛を処理する脱毛器で、得られる効果は脱毛ではなく除毛です。

サーミコン式の家庭用脱毛器の価格は15,000円~30,000円ほどです。

家庭用脱毛器サーミコン式のメリット

サーミコン式の家庭用脱毛器のメリットをまとめました。

  • お手入れがスピーディー
  • お手入れになれれば痛みがない
  • 除毛効果で一時的につるつるになる

サーミコン式の脱毛器は熱で毛を焼くため、電気シェーバーやカミソリの処理とは違って、痛みがなく、処理後の肌が荒れにくいというメリットがありますが、慣れるまでは肌に熱線を当ててしまう場合があり、痛みを感じることもあります。

電気シェーバーやカミソリのようにスピーディーに処理が進み、除毛効果が得られるので、その場でつるつるの状態にすることができます。

ただしあくまでも除毛ができる家庭用脱毛器なので、お手入れ後はかみそりでお手入れしたのと同じくらいで毛が生えてきます。

家庭用脱毛器レーザー式の代表的な商品
  • ノーノーヘアー
  • SARAIE
  • デピタイム

サーミコン式の代表となっているの脱毛器はノーノーヘアーで、これ以外にあまり多くの種類はありません。


ローラー式の家庭用脱毛器毛を抜き取って除毛

ローラー式の家庭用脱毛器は、電気シェーバーのように肌の上を滑らせることでローラー部分が毛を抜きとり、お手入れができる脱毛器です。

脱毛器のヘッドの大きさの分の毛を一気に抜くことができますが、毛を抜来とっていくので、お手入れには痛みも伴います。

ローラー式の家庭用脱毛器は、13,000円前後で販売されています。

家庭用脱毛器ローラー式のメリット

ローラー式の家庭用脱毛器のメリットをまとめました。

  • 毛を抜きとることによる除毛効果が得られる
  • カミソリよりも除毛効果が持続する
  • 除毛効果で一時的につるつるになる

ローラー式の家庭用脱毛器で得られるのは一時的な除毛効果で、脱毛効果ではありませんが、ムダ毛を剃るのではなく抜きとるため、かみそりで剃る場合よりも除毛効果が持続します。

家庭用脱毛器ローラー式の代表的な商品
  • パナソニック ソイエ
  • ブラウン シルクエピル
  • ヤーマン オプティマ

ローラー式の家庭用脱毛器は、パナソニックやブラウンなど大手メーカーからも出ていて、常にリニューアルを繰り返している脱毛器です。


高周波(超音波)式の家庭用脱毛器は眉毛など小さな部位におすすめ

高周波(超音波)式の家庭用脱毛器は、ピンセット状の部分で毛をつまみ、毛に高周波を流すことで毛根を熱処理して脱毛効果が得られるものです。高周波脱毛の歴史は古く、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも以前から使用されてきた実績のある脱毛法です。

高周波(超音波)式の家庭用脱毛器の価格は1万円前後です。

家庭用脱毛器 高周波式のメリット

高周波式の家庭用脱毛器のメリットをまとめました。

  • 毛を抜きとることによる除毛効果が得られる
  • カミソリよりも除毛効果が持続する
  • 眉や凹凸のある部分などのお手入れがしやすい
  • 痛みがほとんどない

高周波の家庭用脱毛器は痛みがほとんどなく、眉毛やデリケートゾーンなどの凹凸がある部位の脱毛におすすめです。ただし1本1本毛をつまんでお手入れをするので時間と手間がかかります。

家庭用脱毛器 高周波式の代表的な商品
  • エムジョイ
  • チャームエコー

古くから利用されてきた脱毛方法ではありますが、家庭用脱毛器としては数が少なく知名度も低いタイプの脱毛器です。

5種類の家庭用脱毛器で人気が高いのはフラッシュ式

実際に家庭用脱毛器を使用している方にアンケートをとり、どのタイプの脱毛器を使用しているのか調査しました。

結果はフラッシュ式がダントツの人気で全体の4割を占める結果となりました。
手軽で使い勝手の良いケノンの人気によるところが大きいですが、様々なメーカーから販売されていることや、価格の幅が広いことなども人気の理由といえそうです。

永久脱毛効果がある家庭用脱毛器はどれ?

フラッシュ式、レーザー式、高周波(超音波)式の家庭用脱毛は医療脱毛クリニックのレーザーや脱毛サロンのフラッシュの光と同じ光を照射することができます。

しかし、家庭用脱毛器は自分で照射しても危険がないように、弱いパワーしか出すことができない設計になっています。家庭用脱毛器に永久脱毛の効果はありません。

サーミコン式や、ローラー式の家庭用脱毛器は、シェーバーや毛抜きのように今、生えている毛を取り除いているだけなので得られるのは除毛効果のみです。

どの家庭用脱毛器であっても、いったんお手入れを完了してからある程度の時間がたつと、徐々にもとの毛の状態へと戻ってくので、その時は再度お手入れをする必要があります。

痛み軽減にジェルを使用できる家庭用脱毛器はどれ?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは脱毛の施術時にジェルを塗りますが、家庭用の脱毛器を使うときには基本的に必要ありません。

ジェルを使う目的は、脱毛時の痛みの軽減や、熱による肌への負担を減らすためですが、家庭用脱毛器の場合はサロンやクリニックの脱毛器ほどの高い出力を出すことができないので、基本的には不要となっています。

販売されている家庭用脱毛器には専用の保冷剤がセットになっているものがあり、その場合はお手入れをする部分を保冷剤で冷やしてから照射を行うので、ジェルがなくても痛みや肌トラブルを防ぐことができます。

フラッシュ式の家庭用脱毛器ケノンの公式サイトには、高い出力で使用する際には「化粧成分の含まれないクーリングジェルなどをご利用頂いても構いません」と書かれているのでケノンで、あればジェルの使用が可能です。もし痛みが本当に苦手な人や、肌が敏感で不安だという人はケノンなどジェルの使用が可能な家庭用脱毛器を選ぶと良いでしょう。


手軽なフラッシュ式家庭用脱毛器はケノン

記事閲覧数 ランキング