脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 家庭用脱毛器 > ケノンの脱毛効果を口コミから調査!脱毛回数やカートリッジの詳細などを解説

ケノンの脱毛効果を口コミから調査!脱毛回数やカートリッジの詳細などを解説

人気の高い家庭用脱毛器ケノンの口コミを調査し、実際の脱毛効果や、肌への影響、痛みなどについて調査しました。

ケノンの使い方やお得な購入方法についても紹介しています。

家庭用脱毛器ケノンの特徴!

ケノンは脱毛サロンで使用しているフラッシュ脱毛と同じ光を照射できる日本製の家庭用脱毛器で、80万台以上も売れています。その人気度合いは、楽天やYahoo!ショッピング、amazonといった大手通販サイトで脱毛器ランキング第1位、レビュー件数14万件、満足度98.4%という数字からもうかがえます。

ケノンは脱毛サロンにある業務用脱毛器よりは照射する光のパワーを家庭で安全に使用できるレベルに抑え、自宅にいながら本格的な脱毛を可能にした脱毛器です。

ケノンのセット内容
価格 69,800円(税込)
カラーバリエーション シャインピンク、パールホワイト、シャンパンゴールド、ブラックつや消し
製造国 日本
保証内容 構造上の欠陥があった場合、無料交換対応
本体は1年間。有料での延長保証あり
本体サイズ
総重量
プローブ重量(脱毛器本体)
215mm×D290mm×H90mm
約1.6kg
120g
付属品 専用カートリッジ、サングラス、クーリングパック(保冷剤)、専用ポーチ、電源コード、説明書

ほぼ全身に使用できるケノンの脱毛範囲について

ケノンではほぼ全身の脱毛が行えますが、IラインとOライン、眉毛、目元、唇は使用NGです。人気の脱毛部位である、ワキやVライン、顔、胸毛、お腹、腕、手の甲、指毛、モモ、スネなどの脱毛が可能です。

一般的な家庭用脱毛器では照射がむずかしいとされる、男性のヒゲや指毛などにも照射することが可能です。

ケノンの脱毛可能部位

ワキ・Vライン・顔(眉毛、目元、唇は除く)・胸毛・お腹・腕・手の甲・指毛・モモ・スネなど

ケノンの脱毛NG部位

Iライン・Oライン・眉毛・目元・唇

ケノンでVIO脱毛できる?Vラインはお手入れ可能

ケノンでは人気の脱毛部位の1つである、Vラインのお手入れが可能です。ただし、皮膚が薄く粘膜に近いIラインとOラインに関しては使用が推奨されていません。

Vラインは濃くて太い毛が生えていることが多いので、脱毛する場合は、ストロングタイプ(強力タイプ)のカートリッジを使うことをおすすめします。ストロングタイプは高出力で、毛深い部位も脱毛効果を得られやすいカートリッジです。

Vラインは痛みを感じやすい部位ですが、ケノンであれば自分で出力を調整できるのもうれしいポイントです。

男性でもケノンは使用可能?

ケノンの利用者のうち43%が男性利用者です。ヒゲ、Vライン、すね毛、腕毛、胸毛など男性が脱毛したいと考えている部位はすべて照射することができます。女性に比べて太く濃い毛が多い男性ですが、ストロングカートリッジに交換することで剛毛でもアンダーヘアでもしっかりと脱毛することができます。

4種類あるケノンのカートリッジの種類と特徴を解説

ケノンには、装着するカートリッジが5種類あり、脱毛用が4つ、美顔スキンケア用が1つあります。購入時に付属するプレミアムカートリッジでも充分に脱毛できますが、脱毛したい部位の毛の濃さや面積などにより使い分けるとより効果的に脱毛が行えます。

ケノンのカートリッジ種類と特徴
カートリッジの種類 照射範囲
照射数
特徴
プレミアム(標準付属品) 2.0×3.5cm(7.0㎠)
Lv1 100万発
Lv10 30万発
標準タイプ
・最大照射100万発の長寿命
・全身に広く照射可能。
エクストララージ 2.5×3.7cm(9.25㎠)
Lv1 20万発
Lv10 1万発
広範囲タイプ
・脚、背中、お腹など広い範囲の部位に最適。
ストロング 1.5×3.0cm(4.5㎠)
Lv1 約8.5万発
Lv10 1万発
強力タイプ
・男性の髭、Vライン、脇など剛毛な部位に最適。
・照射面積が小さいので指のような狭い範囲にも使いやすい。
ラージ 2.0×3.5cm(7㎠)
Lv1 20万発
Lv10 1.3万発
標準タイプ
・全身に広く照射可能。
・プレミアムがなくなったあとのスペア用に購入すると良い。
美顔スキンケア 1.5×3.0cm(4.5㎠)
Lv1 20万発
Lv10 約4.2万発
美顔スキンケア用
・脱毛用ではなく光美容を行う為のカートリッジ。
・顔とボディの両方に使える。

4つの脱毛カートリッジでより効率的な脱毛が可能

プレミアムカートリッジ

ケノンの標準付属品であるプレミアムカートリッジは、照射レベルを1にした場合、100万発のショット数(光がピピっと光る1回が1ショット)を使用することが可能、最大レベルのLv10にしても30万発のショット数を利用することができます。公式では脇の脱毛を1回するのに5~10発、両ヒジ下で50~60発、両ヒザ下で100~200発程度のショット数が必要で、3つの部位をLv10で2週間に1度照射してもカートリッジが1年持つ計算になります。

エクストララージカートリッジ

エクストララージは、照射面積が最も広く、広範囲の部位を脱毛するときにとても便利です。太ももや背中、お腹など範囲が広い部位でも、短時間で照射を終えることができます。

ストロングカートリッジ

ストロングは、カートリッジの中で一番出力が強く、脇やVライン、男性の髭といった毛質が太い部位に向いています。出力が強い分、毛深い部位でも脱毛効果を実感しやすくなっています。

ラージカートリッジ

ラージカートリッジは、プレミアムカートリッジが開発される前のバージョンのカートリッジです。プレミアムがなくなった時のスペア用としての位置づけです。

スキンケア用カートリッジ

ケノンは別売りの美顔スキンケア用カートリッジに交換することで、美顔器として利用することが可能です。顔だけでなくボディにも使えるので、全身にエステサロン級の光フェイシャルが体験できます。

光フェイシャルというのは、光の刺激で肌の改善を行なうスキンケアのことです。光の刺激で繊維芽細胞を活性化させることでコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿に関わる成分の生成を促し、肌の質感を向上させる効果が期待できます。美顔スキンケア用カートリッジを使用することで美肌だけでなく、肌のざらつきやくすみが気になる部位のトリートメントも可能です。

ケノンの正しい使い方を解説

ケノンの使い方は、とても簡単です。操作方法はシンプルで、日本語の画面表示も出るので操作に迷うことなく扱えます。

画像引用:ケノン公式サイト
ケノン使用前の準備
  • 前日までに照射したい部位のシェービングを済ませておきます
  • 保冷剤を使用できるように用意しておく
ケノンの使用手順
  1. 電源を入れる
  2. 上下ボタンで強さとレベルの調整(最初はレベル1から様子を見ます)
  3. 保冷剤を肌に当てて10秒程度冷やす
  4. 照射面を肌に密着させ、照射ボタンを押す(ボタンを長押しすると連射できます)
  5. 肌を保冷剤でよく冷やす

上記の流れで、照射箇所をずらしながら全体的に照射していきます。ケノンは照射する光の出力を10段階に細かくレベル設定できます。肌質に合わせて照射レベルを選べるので敏感肌の人や初めての人でも、肌の様子をみながら調整することができます。Lv1が最小レベルの優しい出力で、Lv10はエステ級の強力レベルです。照射レベルは徐々に上げ、肌の状態を見ながら調整してください。早く効果を得たくていきなり高レベルで使用すると思わぬ影響を肌に与えてしまう可能性があります。

ケノンの使用頻度・脱毛間隔ついて

ケノンの使用頻度は2週間に1回!

初の4~5回は2週間に1回のペースでの使用が推奨されています。6回目以降は、お肌の様子を見ながら必要に応じて使用していきます。1ヶ月に最大で2回までの使用が可能となっています。

ケノンは同じ部位に毎日使用しても効果は得られません。推奨されている間隔で照射をしていくのが効果を得ながら安全に使用するためにも大切です。

ケノンのお得な購入方法

ケノンはネット通販のみで購入でき、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、その他家電ショップなど実店舗では販売されていません。

ネット販売では、「ケノン公式サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」「Amazon」で取り扱われています。どこから購入しても同じ価格ですが、付属品や特典などの条件面が少し異なることがあります。

中でもケノン公式サイトが一番キャンペーンの打ち出しが早く、お得な情報が確実に得られます。楽天市場やヤフーショッピングではキャンペーンの更新が遅れたり、アマゾンでは特典がついていないこともあるので、ケノンを買うならまずケノン公式サイトをチェックすることが上手に購入するポイントです。

メルカリやヤフーオークションでの出品もあるようですが、正規品かどうかの信憑性や、最新モデルなのかどうか、万が一の時に保証対象になるのかなど総合的に考えてると公式サイトでの購入が安心です。

痛さや脱毛効果、肌への影響は!?ケノンの口コミを調査!

ケノンについての口コミをピックアップし痛み、脱毛効果、肌への影響に分けて紹介します。

痛さについての口コミは!?ほとんど痛みはなし。

ケノンの刺激はとても弱いので痛みはほぼ感じませんでした。

ケノンは自分で強さを調整できるので、肌と相談しながら自分のペースで脱毛することができ痛くなかったです。

脱毛時の痛さはレーザーが照射される時にチクッとするだけでした。

※大手口コミサイトよりケノンの痛みに関する口コミを一部抜粋させていただいています。
痛みに関する口コミまとめ

ケノンで脱毛した人は「ほとんど痛みを感じない」「少しだけ痛いがちくっとする程度で我慢できる」と答える人のみで、耐えられない痛みがあると答えた人はほとんどいませんでした。

照射するレベルを10段階で変えられるので、痛みを感じない程度に下げて使用すれば、苦痛のない脱毛をすることが可能です。

脱毛効果についての口コミは!?3回目くらいで効果を実感。

1回でキレイにツルツルになるということはありませんが、3回目くらいから効果を感じることができました。

最初に使った時は、照射の強さを弱めに設定したこともあり、思ったよりも脱毛効果を感じませんでした。ですが、2回目の時はするりと毛が抜ける感覚が分かりました。

10回ほど照射した頃には手足など毛が薄い部分はほとんど生えなくなっていました

※大手口コミサイトよりケノンの脱毛効果に関する口コミを一部抜粋させていただいています。
脱毛効果に関する口コミまとめ

ケノンのお手入れは2週間おきくらいで行いますが、効果が出てきたら月に1回程度に間隔をあけて使用している人が多いようです。効果を実感するには2~3回程度の照射が必要なようです。手足は10回程度でほとんど生えなくなってきたという声が上がっているので、2週間おきに照射しても約5ヶ月で脱毛効果を実感できます。※1

※1 効果には個人差があります。

肌への影響についての口コミは!?効果を焦って照射レベルをあげすぎるのは危険

私は基本的には敏感肌ですがケノンは特にトラブルも起こらず使用中です。

しっかりと脱毛部位を冷やしてから照射すると赤くならずに使用できました。

ストロングでレベル10にしてお手入れすると、普通肌で皮膚が強い私でも肌への負担がありました。

※大手口コミサイトよりケノンの肌への影響に関する口コミを一部抜粋させていただいています。
肌への影響に関する口コミまとめ

基本的に肌に優しいつくりにはなっていますが、効果を求めすぎて無理に照射レベルを上げてしまうと肌へ負担をかけてしまうことがあるようです。保冷剤が付属でついているので、使用方法をしっかり守れば問題ないようです。

利用している皆さんも、照射レベルをあげすぎると危ない、ちゃんと冷やさないと赤くなる、など認識をして、気を付けながら続けている方が多いようです。

ケノンの脱毛効果!口コミから見た回数の目安

ケノンはワキやVラインなどの濃く太い毛も、顔や背中などの細くやわらかい産毛にも効果を期待できる家庭用脱毛機です。多彩なカートリッジが用意されているケノンは、脱毛したい部位に合わせてほぼ全身のお手入れができます。

脱毛効果は個人差が大きいのですが、口コミによるとケノンによるお手入れを2~3回ほどおこなうと効果を実感できるようになってきます。

フラッシュ脱毛と同じ原理の家庭用脱毛器なので、照射をして毛がすぐになくなるというわけではなく、時間がたってから脱毛効果が徐々に現れます。

毛をつまんでみたらスルッと抜けるようになったり、次に生えてきた毛がひょろひょろの頼りない毛だったりすることも多くなります。また、毛の生え方や伸び方が遅くなったという声も少なくありません。

10回ほど照射を繰り返すと、部位によってはほとんど毛が生えなくなる場合もあります。2週間おきにケノンでお手入れした場合、10回照射をすると期間としては約5カ月間かかる計算になります。

このほか、肌の調子が整うという効果も期待できます。
以前よりも生えてくる毛が細くなっていくと自己処理の頻度も減るので、カミソリを当て続けて荒れていた肌が徐々に落ち着いてきます。

ケノンで永久脱毛はできない

ケノンは家庭用脱毛機であり、永久脱毛効果はありません。
永久脱毛は、医療脱毛クリニックで行われる高出力の医療レーザーを使う脱毛でのみ可能となっています。法律でも、永久脱毛ができるとうたえるのは医療機関だけと定められています。

ケノンでは永久脱毛はできませんが、繰り返しお手入れをすることで自己処理の頻度を減らすことができ、毛の悩みを軽減することができる家庭用脱毛機です。

家庭用脱毛器を初めて買うならケノンがおすすめ!

ケノンは家庭で安全に脱毛ができると人気の家庭用脱毛器です。口コミからも痛みもあまりなく、脱毛効果にも満足、正しい使用方法で脱毛すれば肌への負担も防げるということがわかりました。さまざまある家庭用脱毛器の中でも1回のお手入れにかかる時間が短く、日本製で扱いやすいといった点から、初めて家庭用脱毛器の購入を考えている人におすすめです。

ケノンをオススメしたいのはこんな人
  • 自分のタイミングでムダ毛処理をしたい人
  • 全身のお手入れに使用したい人
  • 人に肌を触られたり見られたりすることに抵抗がある人
  • 自分でやる手間がかかっても構わない人
  • 脱毛サロンや医療脱毛クリニックが近くにない人
  • 初めて家庭用脱毛器を購入しようと考えている人

記事閲覧数 ランキング