脱毛比較メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛の疑問を解決! > 転勤が多い人でも安心の脱毛サロン選び

転勤が多い人でも安心の脱毛サロン選び

脱毛は1回で終わることは少ない為、ある程度の期間がかかることが多いです。そのため進学や就職、転勤での引っ越しの予定があると脱毛をスタートしづらく、なかなか脱毛を始められないでいるという人も多いと思います。 今回は、転居をする可能性があるけれど脱毛したい時の、押さえておくべきサロン選びのコツを紹介します。

転勤先の脱毛サロンへ移動できる?料金はかかる?

全国的に店舗の展開がある脱毛サロンの場合は、転勤先の近くにもサロンが設置されている可能性があります。グループ内での店舗移動ができる脱毛サロンであれば、転勤先の店舗で脱毛を継続できる場合があります。ただ、全国に店舗がある脱毛サロンでも、店舗の数は地方によって偏りがあるため、人口の少ないエリアにはお店が少ないケースが多いです。

転居することを前提にして脱毛サロンを選ぶ時には、ホームページなどで店舗の数と分布を確認しておくことが重要です。転居先と店舗の所在地が近いかどうかなど、脱毛の継続のしやすさを検討した上でプランを契約すると、転居先で脱毛に通えなくなるというリスクを防げます。移動先が全く読めない場合は、なるべく店舗数が多く、いろんなエリアに店舗がある脱毛サロンを選択しておくと無難です。

脱毛サロンの店舗の移動をおこなう場合や他店舗で脱毛を受ける場合、特に追加の料金がかからない脱毛サロンも多いですが、全てではありません。店舗の移動に手数料がかかるケースもあるので、契約前に確認しておきましょう。移動手数料は1,000円程度ですむ場合もあるため、手数料がかかってもいいからその脱毛サロンに通いたいという人は、移動手数料が許容範囲であるかを検討したうえで契約することが大切です。

移動手数料は、移動後に毎回かかるわけではなく、一度支払えばよいので、移動手数料にこだわらず、お店の雰囲気やコースの内容・料金プランなどが気に入ったサロンを優先するのも手です。

都度払いや月額制プランを利用すれば転勤があっても損しない!

急な転勤で脱毛プランに通えなくなり、解約が必要になる事態を避ける手段として考えられるのが、長期間のプランを契約しないで脱毛サロンに通う方法です。

転勤先に契約している脱毛サロンの店舗があっても、通うのを難しく感じる距離や位置関係になることも考えられます。また、他のチェーンの店舗の方が近くにあり、そちらに通った方が都合がいいということになる可能性もあります。入会金などの初期費用が不要な脱毛サロンも多いため、お金を払って一度入会したから他の脱毛サロンに変えると余計なお金がかかるということもありません。

そのため、通っている間だけ料金を払う都度払いのプランにしておけば脱毛にかかる料金以外の出費をすることもなく、他の脱毛サロンに移ることができます。 都度払いは、脱毛を受ける度に毎回、その分だけ料金を支払うという仕組みで、ヘアサロンや、ネイルサロンなどと同じです。 一回当たりの価格では、複数回通う脱毛プランよりも割高になることが多いですが、回数の縛りがないく、通う回数の自由度が高いことがメリットです。

都度払いは色々なサロンに通って比べてみたり、通うペースを自分で調整したりできる点が魅力なため、引っ越しがなくても通っている人がいます。 ただし、効果的な脱毛のペースが読みづらかったり、通うか通わないかが自分の自由なので、通うのが面倒になる可能性もあり、その点には要注意です。 回数の縛りがない脱毛プランには「月額制」のプランがあります。

脱毛サロンによっては、脱毛回数と総額が決まっていて、分割で月々決まった額を払うプランを「月額制」と呼ぶケースもありますが、転居の予定がある人に向いているのは、総額と脱毛回数の設定がなく、通った分だけ月々の支払いが発生する月額制です。 脱毛サロンとは契約を結び、料金は銀行引き落としなどで支払うので、都度払いよりはサロンとの繋がりができますが、好きなときに通うのをやめられて、解約手数料などもかからないのが魅力です。

ちょっとくらい遠くても平気!そのまま通う人も

転居する場所によっては、もともと通っていた脱毛サロンと距離が離れてしまい通いづらくなる場合もありますが、転居後もそのままもともと通っていた脱毛サロンの店舗を利用し続ける人もいます。脱毛サロンによって脱毛できる頻度はことなりますが、2ヶ月に1回程度のところも多いため、実家に立ち寄るタイミングや、引っ越し前の友人と会うタイミングなど、脱毛以外に店舗近くに行くタイミングを利用して脱毛に行くという方法も手です。他の用事と脱毛のスケジュールを合わせることで、多少距離が遠くなっても手間と感じない可能性もあります。

同じ系列の違う店舗で脱毛する場合、雰囲気がお店によって違う可能性もあるので、店舗を移る場合には、可能であれば事前に移動先店舗を見学しておくと、移動先の店舗の雰囲気になじめるか不安に感じることもありません。脱毛の長期プランを契約中に転勤や引っ越しが決まったら、移動料金を確認した上で転居先に近い店舗に移動するか、契約が残っていても途中で解約するのかを検討する必要があります。残りの脱毛回数によっては、解約よりも移動店舗先で残りの回数の脱毛を受けた方が、お得な場合があります。

解約する場合は解約手数料がかかるため解約手数料の詳細について、契約の段階でしっかりと把握しておくことが重要です。特に転居の可能性がある人は、引っ越しで解約する必要が生じた場合に手数料がいくらで、いくら返金があるのか、契約書を読んで理解しておくと損をするリスクも防げます。