脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛部位の料金や脱毛範囲 > 産毛は何回で脱毛できる?サロン・医療脱毛・家庭用脱毛器どれが効果的なのか!

産毛は何回で脱毛できる?サロン・医療脱毛・家庭用脱毛器どれが効果的なのか!

産毛は抜けない?サロン・クリニックでも効果は得られる!効率よく脱毛するコツを紹介

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛は一般的に濃い毛の方が効果を得やすいという特徴があります。これは脱毛器によって毛の黒い色素に反応させて脱毛を行っているためです。

産毛は脱毛しても抜けないという声もありますが、効果を実感するまでに時間がかかっているというだけで、産毛であっても脱毛効果を得ることは可能です。

この記事では、脱毛サロンと医療脱毛クリニック、家庭用脱毛器の3つの脱毛方法が産毛の脱毛に向いているのか、何回くらいで効果を実感できるのかなどについて解説します。


脱毛サロンの光脱毛は産毛に効果がある?

脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)は、IPL脱毛とCCS脱毛、SHR脱毛の3種類の脱毛方式があります。

サロンで昔から使用されているIPLは毛の黒い色に反応させる脱毛方式で産毛への効果を実感するまでに時間がかかりますが、SHR脱毛方式は毛の色素に関係なく脱毛を行うので、産毛の脱毛をおこなうのに適しています。

脱毛サロンでの産毛脱毛にかかる回数

脱毛を完了できる回数は個人差があるためはっきりということができませんが、実際にサロンで産毛の多い顔の脱毛をした人にアンケートを取った結果からサロンでの産毛脱毛にかかる回数を見てみます。

サロンで産毛の多い顔脱毛を行った人が脱毛効果に満足できたのは12回という回答が一番多くみられました。3回、5回、10回が同数で2位となりました。
産毛の気になる顔の脱毛の場合、3回~12回程度の脱毛が必要になるということがわかります。

調査概要

exciteエピ調べ:脱毛アンケート
調査期間:2020年8月20日~2020年8月21日
回答数:200名※
※全回答から対象部位を脱毛した人のみを抽出して集計しています。

脱毛サロンで効率よく産毛の脱毛するコツ

サロンでより効率的に産毛を脱毛したいなら以下の点をチェックしましょう。

  • SHR脱毛を採用しているサロンを選ぶ
  • 月額定額制もしくは通い放題を選ぶ

サロンの脱毛方式は3種類ありますが、その中の一つであるSHR方式は、毛の黒色に反応させる脱毛方法ではないので産毛への効果が高いと言われています。

脱毛サロンでの脱毛は回数制で契約するのが一般的ですが、産毛の脱毛をする場合、効果を実感するまで回数が多く必要になるため、通っている間だけ支払が発生する月額定額制や、回数制限がない通い放題などのプランが向いています。


SHR脱毛を採用しているストラッシュ

ストラッシュではSHR脱毛を採用、公式にうぶ毛の脱毛OK!とうたっています。

脱毛プランには、全身脱毛無制限プラン(通い放題)や全身脱毛月額制プランがあるので、産毛の脱毛をしっかり行いたいという人に向いています。SパーツとLパーツを個別で脱毛できる部分脱毛プランもあり、こちらは回数を決めて脱毛していくことが可能です。

ストラッシュの料金
全身脱毛
無制限プラン(通い放題)
総額 369,800円
全身脱毛
月額制プラン
月額 7,980円
Sパーツ脱毛
(うなじ、おでこ、鼻下など)
6回 16,500円
Lパーツ脱毛
(おしり、おなか、背中など)
6回 32,010円
※料金は全て税抜きで記載しています。

クリニックの医療脱毛は産毛に効果がある?

医療脱毛クリニックで行う脱毛は医療レーザーを使用して行っていきます。レーザーの方式はいくつかありますが、基本的には毛の黒色の色素に照射して脱毛を行うので、産毛のように色素の薄い毛は苦手です。

ダイオードレーザー蓄熱式(SHR方式)というレーザーのみ、毛の色素に関係なく照射するので、うぶ毛の脱毛に向いています。

医療脱毛クリニックでの産毛脱毛にかかる回数

クリニックで産毛の脱毛を行った場合にかかる回数はどのくらいになるのでしょうか。実際に医療脱毛クリニックで産毛が多い顔の脱毛をした人にアンケートを取り満足できた回数について調査してみました。

クリニックでは5回~10回程度の脱毛で顔の脱毛に満足できたと答えた人が多くみられました。クリニックで産毛の多い顔を脱毛した場合、5~10回の脱毛が必要になるということがわかります。

調査概要

exciteエピ調べ:脱毛アンケート
調査期間:2020年8月12日~2020年8月16日
回答数:132名※
※全回答から対象部位を脱毛した人のみを抽出して集計しています。

医療脱毛クリニックで効率よく産毛の脱毛するコツ

医療脱毛クリニックで効率よくうぶ毛の脱毛をするなら以下の点をチェックしてください。

  • ダイオードレーザー蓄熱式(SHR方式)を採用しているクリニックを選ぶ
  • パーツごとの脱毛があるクリニックを選ぶ

ダイオードレーザー蓄熱式が照射できる脱毛器には、メディオスターNextPROや、ソプラノアイス・プラチナム、アリーなどがあります。これらの脱毛器は、産毛を効果的に脱毛していくのに適しています。

1部位から脱毛をすることができるクリニックなら、産毛の気になる部位のみ脱毛を行うことができます。


メディオスターNextPROを採用しているフレイア

フレイアクリニックはダイオードレーザー蓄熱式を照射することができる、メディオスターNeXTPRO<とアリーを採用しています。どこの院で契約を行ってもダイオードレーザー蓄熱式で脱毛を行うことができます。

またフレイアなら1部位からのパーツ脱毛が可能で、1回、5回、8回から選んで脱毛することが可能です。

フレイアクリニックの料金
鼻下 1回 8,000円
5回 24,000円
8回 38,000円
額、ほほ、鼻下
※1パーツのみの価格
1回 8,000円
5回 24,000円
8回 38,000円
うなじ 1回 12,000円
5回 35,000円
8回 56,000円
背中 1回 22,000円
5回 58,000円
8回 92,000円
おしり、おなか
※1パーツのみの価格
1回 16,000円
5回 48,000円
8回 76,000円
※料金は全て税抜きで記載しています。

家庭用脱毛器は産毛に効果がある?

自宅で手軽に使用できる家庭用脱毛器は、自分のタイミングで脱毛ができるので便利なお手入れグッズです。家庭用脱毛器はサロンと同じ仕組みで脱毛を行うもので、毛の黒い色素に反応させて脱毛するため、産毛のような色素の薄い毛にはあまり適していません。
さらに自宅で使用できるよう出力も抑えて設計されているので、より産毛への効果を得るには時間がかかります。

さらに産毛の多い部位である、うなじやお尻、背中といった部位は手が届きにくく、自分でお手入れしにくいといったデメリットもあります。

産毛が多い顔への使用が禁止されている家庭用脱毛器もあるので、顔への使用が可能かどうかについてチェックしてから購入する必要があります。

顔の脱毛に使用できる家庭用脱毛器はこちら!

顔に使える家庭用脱毛器はどれがいい?効果や頻度、やり方を解説


産毛の脱毛をするならサロン・クリニック・家庭用脱毛器のどれがいい?

脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)でも、医療脱毛クリニックで行うレーザー脱毛でも、家庭用脱毛器でも、産毛を脱毛することは可能ですが、満足いくまで行うには回数が多く必要になります。

回数が多く必要という事は脱毛にかかる期間も長く必要になります。どの方法でも産毛を満足いくまで脱毛したいと考えているなら、それなりの回数と期間が必要になると考えておきましょう。

産毛の永久脱毛ができるのは医療脱毛クリニックだけです。永久脱毛効果を求めるならクリニックで産毛の脱毛を行いましょう。

編集部Miho

産毛の多い顔の脱毛について詳しく知りたい方はこちらをチェック!!
顔脱毛プランの料金や回数・特徴を解説!注意点やメリット・デメリットについて


産毛の永久脱毛がでるフレイアクリニックの詳細

フレイアクリニックは産毛の永久脱毛が可能な医療脱毛クリニックです。産毛の脱毛に適しているダイオードレーザーの蓄熱式脱毛器を使用していて、1パーツから脱毛を行うことができる部分脱毛のプランがあります。

産毛が気になる部位が複数ある場合は、腕脱毛セットや顔脱毛セットといったセットプランもあり、広範囲の産毛が気になる場合は、全身脱毛プランも選ぶことができます。