脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛部位の料金や脱毛範囲 > VIO脱毛の料金やVラインの形・痛みについて!プラン選びの基準も解説

VIO脱毛の料金やVラインの形・痛みについて!プラン選びの基準も解説

VIO脱毛はどこでするべき?サロンやクリニック・自宅脱毛の特徴や脱毛料金についてまとめました

VIO脱毛は、脱毛サロンや、医療脱毛クリニック、また自宅でも行うことが可能です。

この記事ではサロンやクリニックでおこなうVIO脱毛と、自宅でのVIO脱毛の特徴を紹介し、どのような人に向いているかを解説します。

さらにサロン・クリニックのVIO脱毛プランについて、料金や脱毛範囲・形などをまとめています。

VIO脱毛を安さだけで選んでいいのかといった、プラン選びのポイントについても説明しているので参考にしてください。

VIO脱毛をどこでする?サロン脱毛・医療脱毛・自宅脱毛の特徴と向いている人

サロンやクリニック、自宅で家庭用脱毛器を使っておこなうVIO脱毛の、それぞれの特徴と向いている人について解説します。

サロンやクリニック、自宅でおこなうVIO脱毛の特徴は以下です。

サロン・クリニック・自宅での脱毛の特徴
VIO脱毛をおこなう場所 特徴
脱毛サロン メリット
  • ・出費を抑えて専門のスタッフに脱毛してもらえる
  • ・痛みの少ない脱毛器で脱毛がおこなえる

デメリット
  • ・移動が必要
  • ・スタッフにVIOを見られる
医療脱毛クリニック メリット
  • ・永久脱毛がおこなえる
  • ・脱毛で肌に問題が起きた際は常駐する医師に無料で治療してもらえる
  • ・麻酔が使用できる

デメリット
  • ・移動が必要
  • ・まとまった費用が必要
  • ・スタッフにVIOを見られる
自宅での脱毛(家庭用脱毛器) メリット
  • ・移動せずに家で脱毛がおこなえる
  • ・VIOを人に見られなくて済む
  • ・自分の好きなタイミングで脱毛がおこなえる

デメリット
  • ・IラインとOラインが照射できない脱毛器が多い
  • ・照射面積が小さい脱毛器が多いため時間がかかる場合がある
※永久脱毛は脱毛後1ヶ月経過して毛の再生率が20%以下である状態を指します。

サロンやクリニック、自宅での家庭用脱毛器を使用しておこなうVIO脱毛は、それぞれ脱毛効果や移動の有無、脱毛がおこなえる範囲といった点で違いがあります。

メリットやデメリットを踏まえたうえで、それぞれの脱毛がどんな人に向いているかをまとめました。

サロンでのVIO脱毛が向いている人
  • ・出費を抑えながら専門のスタッフに脱毛してもらいたい人
  • ・痛みを軽減して脱毛を行いたい人
  • ・移動が苦ではない人

サロンでの脱毛は、脱毛の研修を積んだスタッフに行ってもらえるのが大きな特徴です。

自分では目視しづらいVIOラインもしっかりと照射してもらうことが可能です。

また、サロンは割引キャンペーンなどを豊富に展開していることが多いため、割引を活用すれば出費を抑えて専門のスタッフに脱毛してもらえます。

痛みの少ない脱毛器を導入しているサロンも多いため、VIO脱毛の痛みが心配な人にサロン脱毛は向いています。

クリニックでのVIO脱毛が向いている人
  • ・VIOの永久脱毛を行いたい人
  • ・脱毛で肌に問題が生じた際に医師の治療を受けたい人
  • ・麻酔を使用し痛みを抑えて脱毛したい人

クリニックで使用する医療レーザーは永久脱毛(※)がおこなえるため、VIOの永久脱毛をおこないたい人にはクリニックが向いています。

※永久脱毛は脱毛後1ヶ月経過して毛の再生率が20%以下である状態法を指します。

脱毛時には脱毛範囲への照射によって少なからず肌への負担が生じ、時には肌が荒れることがありますが、クリニックには医師が常駐しており、脱毛によって肌に問題が生じた場合に無料で治療や薬の処方を行ってもらえます。

脱毛後の肌荒れなどが心配で、脱毛後のケアを手厚くしたいという人にクリニックでのVIO脱毛は向いています

脱毛の痛みが強く出やすいとされているVIO脱毛に麻酔が使用できるのもクリニックの大きな特徴です。痛みを軽減してVIOの永久脱毛をすることができます。

家庭用脱毛器を使用した自宅でのVIO脱毛が向いている人
  • ・場所の移動をせず家で脱毛したい人
  • ・VIOを人に見られたくない人

家庭用脱毛器を使用した自宅での脱毛は、外出せずに家で脱毛がおこなえるのが大きな特徴です。

移動時間や交通費などを気にせず、気が向いたときにVIO脱毛をすることができます。

自宅でのVIO脱毛は、一切人に見られずにおこなえるため、VIOを人に見られるのが嫌だという人にも向いています。

編集部Miho

専門のスタッフにしっかり脱毛してもらえるサロンと、永久脱毛がおこなえるクリニック、また自宅で気軽に脱毛がおこなえる家庭用脱毛器、それぞれの特徴をふまえてどれが自分に合っているかを考えよう!

自宅での脱毛はワックス脱毛もある!向いている人は?
自宅で行う脱毛には、ワックスを使用して毛を引き抜くワックス脱毛もあります。
出費を抑えて手軽にVIO脱毛を行うことが可能なため、まとまった費用が用意できないけれど家で脱毛したいという人向きです。
ただし、ワックス脱毛はテクニックが必要で、脱毛時の痛みが出やすいといった特徴もあります。

VIO脱毛のプラン選び!安さや形・痛みなど選ぶポイントをチェック

VIO脱毛のプランを選ぶポイントについて解説します。

プラン選びの主なポイントは以下です。

VIO脱毛プランを選ぶポイント
  • 料金で選ぶ
  • 形やザイン・脱毛範囲で選ぶ
  • 脱毛器の種類で選ぶ
  • 痛みの少なさで選ぶ

料金で選ぶ

VIO脱毛プランの料金はサロンやクリニックによって様々です。

予算が限られている中でVIO脱毛を行いたいという人は、安さを基準に選ぶのも手です。

脱毛料金が安い場合でも、シェービング料金や予約キャンセル料が有料など、追加料金がかかるケースもあるため、脱毛にかかる諸々の費用を抑えたい人は追加料金の有無もポイントになってきます。

形やデザイン・脱毛範囲で選ぶ

VIO脱毛はサロンやクリニックによってVラインの形や照射してもらえる範囲がことなります。

そのため、クリニックやサロンを選ぶ際に、Vラインを自分の希望する形にできるかどうかや、希望する範囲が含まれているかどうかを基準に選ぶのもポイントです。

Vラインの形にはベーシックな逆三角形の他、ハート形や楕円型、その他自分のオリジナルのデザインにできるところもあります。

粘膜は照射対象に含まれている場合と含まれていない場合があり、クリニックは照射対象となっていることが多いです。

自分の希望する脱毛範囲を明確にして、希望に合った脱毛がおこなえるところを選んでください。

脱毛器の種類で選ぶ

サロン・クリニックによってVIO脱毛に使用している脱毛器はことなります。

脱毛器ごとに特徴も違い、対応している毛質や痛みの少なさなどがことなるため、脱毛器の種類をお店選びの基準にするのも手です。

痛みの少なさで選ぶ

VIO脱毛をどこでするか選ぶ際のポイントとして、痛みを軽減して照射できるかどうかは1つの基準になります。

脱毛の痛みの感じ方は個人差があるため、VIO脱毛が痛いかどうかを一概に断言することはできませんが、一般的に粘膜が含まれているVIOは身体の中でも痛みが出やすい部位とされています。

痛みを軽減してVIO脱毛を行いたい人は、痛みの少ない脱毛器を使用しているかや、麻酔が使用できるかどうかをチェックしてみてください。

サロンのVIO脱毛!プランの料金や形・特徴について

サロンのVIO脱毛プランの料金や脱毛範囲・Vラインの形などについて解説していきます。

VIO脱毛プランはサロンによって料金に違いがあり、また脱毛がおこなえる範囲や選べるVラインの形もことなります。

自分の予算内でVIO脱毛がおこなえるか、また希望する部位が脱毛範囲に含まれているかなど、サロンごとの特徴を確認することが大切です。

VIO脱毛プランの回数と料金

当サイトで掲載しているサロンで用意されていることが多いVIO脱毛6回プランの料金をまとめました。

それぞれのサロンが予算内で脱毛がおこなえるかどうか確認して下さい。

サロンのVIO脱毛6回プランの料金表
サロン/プラン 料金
ストラッシュ/
ハイジニーナ脱毛
42,980円
ミュゼ/
ハイジニーナ7VIO
脱毛コース
55,200円(※1)
脱毛ラボ/
Mパーツ
54,000円
ジェイエステティック/
デリケート5
44,700円
TBC/
VIO5プラン
56,100円
※価格はすべて税抜です。
(※1)レギュラープラン、アプリダウンロード後の価格です。

サロンのVIO脱毛6回プランの料金は40,000円台と50,000円台が多くありました。

VIOの脱毛範囲とVラインの形をチェック

サロンそれぞれのVIO脱毛の範囲と、選べるVラインの形をまとめました。

同じVIOの脱毛プランでも照射対象となっている部位や、Vラインの形はサロンによって微妙に違いがあるため、希望する部位が脱毛範囲に含まれているかが大切なポイントとなってきます。

VIOの脱毛範囲とVラインの形まとめ表
サロン/プラン 脱毛範囲 Vラインの形
ストラッシュ/
ハイジニーナ脱毛
Vライン
・足の付け根、トライアングルゾーン、トライアングルゾーンの上

Iライン
性器周辺

Oライン
肛門まわり
・スクエア
・逆三角形
・ミニ逆三角形
・Iライン
・楕円
・その他希望する形
ミュゼ/
ハイジニーナ7VIO
脱毛コース
Vライン
トライアングル上下、へそ下、足の付け根の上、足の付け根

Iライン
性器周辺

Oライン
ヒップ奥
希望する形
(自己処理した形)
脱毛ラボ/
Mパーツ
Vライン
足の付け根、ショーツで隠れる部分

Iライン
性器周辺

Oライン
肛門まわり
希望する形
(自己処理した形)
ジェイエステティック/
デリケート5
Vライン
トライアングル上下、足の付け根

Iライン
性器周辺

Oライン
肛門まわり
希望する形
(自己処理した形)
TBC/
VIO5プラン
Vライン
足の付け根上部、足の付け根、トライアングル

Iライン
性器周辺

Oライン
肛門まわり
希望する形
(自己処理した形)

トライアングルは、左右の足の付け根に挟まれた逆三角形のエリアのことです。サロンによってトライアングルを上と下に分けている場合があります。

足の付け根上とは、左右の足の付け根の延長線上にある、左右腰骨あたりのエリアです。

Vラインの形は、ほとんどのサロンで希望する形にすることができます。

自己処理した毛の形に合わせて照射してもらえるため、脱毛する前日に希望する形に自己処理していってください。

シェービングサポートの有無と料金

サロンごとのシェービングサポートについてまとめました。

サロンによって自己処理のそり残しを無料でシェービングしてくれる場合や、有料となる場合、サポートしてもらえる部位が限定的な場合があります。

シェービングが苦手な人は、サロンを選ぶ際にシェービングサポートの有無や料金も確認してください。

シェービングサポートの有無と料金まとめ表
サロン名 シェービングサポートの内容
ストラッシュ そり残し無料サポート、Oラインは自己処理しなくても無料対応
ミュゼ ヒップ奥の剃り残しのみ無料でサポートあり
脱毛ラボ 1回1,364円(税抜)でサポート
ジェイエステティック 手の届きにくい部位は無料でサポート
TBC 手の届きにくい部位は無料でサポート
※無料となるのは回数パックプランの場合です。月額制プラン、都度払いプランは1回1,000円(税抜)かかります。

シェービングはOラインのような手の届きにくい部位についてはサポートしてくれるサロンがほとんどでした。

サロンごとにシェービングサポートの内容がことなり、部位によって対応しているサロンや有料でサポートしてくれるサロンもあります。

シェービングが苦手で自己処理のそり残しの対応を手厚くしてもらいたい人は、シェービングサポートの内容もサロン選びのポイントになります。

脱毛器の種類と痛み

当サイトで掲載しているサロンについて、使用している脱毛器の種類と特徴をまとめました。

脱毛器によって痛みが少ないものや、色黒の肌にも対応しているものなど特徴がことなります。

痛みが心配な人は痛みが少ない脱毛器を使用しているサロンをチェックするなど、自分に合った脱毛器を使用しているかも確認しておくことが大切です。

脱毛器の種類と特徴
サロン 脱毛器の種類 特徴
ストラッシュ SHR脱毛(脱毛方式)がおこなえる脱毛器
  • ・痛みが少ない
  • ・色黒の肌に照射可能
  • ・2週間に1度脱毛をおこなえる
ミュゼ SSC脱毛(脱毛方式)がおこなえる脱毛器
  • ・痛みが少なめ
脱毛ラボ SSC脱毛(基本)の脱毛器とSHR脱毛の脱毛器 SSC
  • ・痛みが少なめ

SHR
  • ・痛みが少ない
  • ・色黒の肌に照射可能
  • ・2週間に1度脱毛をおこなえる
ジェイエステティック 自社開発の脱毛器
  • ・熱さが少ない
  • ・痛みが少ない
TBC 自社開発の脱毛器
  • ・黒色に反応して脱毛する

痛みを軽減して脱毛がおこなえる脱毛器や、熱さを感じにくい脱毛器など肌への刺激を抑制できるタイプもあるため、肌への影響が心配な人は脱毛器の種類も大切なポイントになってきます。

編集部Miho

サロンは麻酔がないから、痛みが心配な場合は痛みの少ない脱毛器を使用しているかどうかをチェックしよう!また脱毛器の出力を調整することで痛みが軽減できる場合もあるから、カウンセリング時にスタッフに相談してみて!

VIO脱毛6回が42,980円のストラッシュ

ストラッシュはVIOの脱毛がおこなえるハイジニーナ脱毛6回プランが42,980円(税抜)で、脱毛1回あたり7,163円(税抜)となります。

Vラインの形はスクエア、逆三角形、ミニ逆三角形、Iライン、楕円などから選ぶことができ、希望すればその他の形にしてもらうこともできます。

SHR脱毛という脱毛方式を採用した脱毛器を使用しており、痛みを軽減してVIO脱毛がおこなえるのも特徴的です。

VIO脱毛がおこなえるサロンの特徴について詳しく知りたい方はこちら

VIO脱毛おすすめサロン4選!VIO脱毛のやり方や痛みについて解説

クリニックのVIO脱毛!料金や形・特徴について

クリニックのVIO脱毛の料金や脱毛範囲、Vラインの形など特徴について解説していきます。

VIO脱毛の料金はクリニックによって大きく差があるため、自分の予算に収まるかどうか確認しておくことが大切です。

脱毛範囲や、選べるVラインの形もクリニックによってことなるため、大切なポイントとなります。

VIO脱毛プランの回数と料金を解説

VIO脱毛プランの料金について解説します。

クリニックによって何万円も料金に開きがあるため、自分の予算内に収まるかどうかチェックしてみてください。

当サイトで掲載しているクリニックのVIO脱毛プランの料金一覧が以下です。

クリニックのVIO脱毛プランの料金一覧表
クリニック/プラン 料金
レジーナクリニック/
VIO脱毛セット
5回:84,000円
リゼクリニック/
VIO脱毛セット
5回:92,800円
アリシアクリニック/
VIOコース
3回:100,800円
フレイアクリニック/
VIO脱毛セット
5回:85,000円
SBC湘南美容クリニック/
VIO脱毛
6回:49,091円
※価格はすべて税抜です。

当サイトで掲載しているクリニックのVIO脱毛プランで多い回数は5回でしたが、3回や6回などその他の回数プランを用意しているクリニックもありました。

VIO脱毛5回プランの料金は80,000円台から90,000円台のサロンが多くありました。

VIOの脱毛範囲とVラインの形をチェック

クリニックのVIO脱毛の範囲と選択できるVラインの形をまとめました。

VIOの脱毛範囲はクリニックによって微妙にことなり、Vラインの形は複数選べるクリニックとほとんど選べないクリニックがあります。

希望する範囲を照射できるか、自分の希望する形にVラインを脱毛してもらえるかどうかを確認してください。

VIOの脱毛範囲とVラインの形まとめ表
クリニック/プラン 脱毛範囲 Vラインの形
レジーナ
クリニック/
VIO脱毛セット
Vライン
足の付け根に沿ったライン

Iライン
足の付け根陰部や粘膜に近い部分

Oライン
肛門の周り
・ナチュラル
・トライアングル
・オーバル
・スクエア
・ハイジニーナ
・その他希望する形
リゼ
クリニック/
VIO脱毛セット
Vライン
左右の腰骨の上を結んだ線より下部から、脚の付け根のラインより上部まで

Iライン
女性器の周囲と女性器と肛門の間の部分開業

Oライン
肛門を中心に半径2センチの部分
※Oライン(肛門周り)以外のお尻は含まれません
・逆三角形
・細逆三角形
・I型
・細I型
・全体を照射
・オリジナル
アリシア
クリニック/
VIOコース
Vライン
骨盤・ソ径部ライン内側

Iライン
脚の付け根から内側

Oライン
肛門から半径3㎝
希望する形
(自己処理した形)
フレイア
クリニック/
VIO脱毛セット
Vライン
腰骨から足の付け根のラインまで

Iライン
性器周りと性器から肛門まで(肛門は除く)

Oライン
肛門の半径約2cmまで
・ナチュラル
・トライアングル
・オーバル
・スクエア
・ハイジニーナ
・その他希望する形
SBC湘南美容
クリニック/
VIO脱毛
Vライン
足の付け根のラインと左右の腰骨をつないだラインに囲まれた範囲

Iライン
足の付け根陰部

Oライン
肛門の周り

鼠径部
足の付け根
・毛の周りを整える
・全ての毛を照射

VIOの脱毛範囲はクリニックごとに微妙にことなり、粘膜まで照射してもらえるクリニックや鼠径部までが範囲になっているクリニックなどがあります。

Vラインの形は、元々のVラインの形を整えるクリニックと、いくつかのデザインから選べるクリニック、オリジナルのデザインにできるクリニックがありました。

VIO脱毛の範囲に自分の希望する部位が含まれているかどうかや、Vラインを自分の希望に合った形にできるかどうかを確認して契約ください。

シェービングサポートの有無と料金

クリニックごとのシェービングサポートについてまとめました。

自己処理のそり残しをスタッフにシェービングしてもらえるシェービングサポートの有無は、自己処理が苦手な人にとって大切なポイントとなります。

サポートしてもらえる範囲や、サポートの料金もクリニックごとに違いがあるため確認が必要です。

シェービングサポートの有無と料金まとめ表
クリニック名 シェービングサポートの内容
レジーナクリニック そり残しや手の届かない部位のシェービング無料
リゼクリニック そり残しや手の届かない部位のシェービング無料
アリシアクリニック Oラインはそり残しの対応が無料
その他部位:3,636円(税抜/予約1回あたり)
フレイアクリニック そり残しのシェービング無料
SBC湘南美容クリニック そり残しは1部位につき500円でサポート

そり残しのシェービングサポートは、無料のクリニックと有料のクリニックがありました。

Oラインのような手の届かない部位については自己処理をしていかなくてもシェービングしてもらえるクリニックがあります。

毛の自己処理が苦手な人でシェービング料金がかかるのが嫌な人は、そり残しのシェービングサポートを無料で行ってもらえるかをチェックしてください。

脱毛器の種類と痛み

当サイトで掲載しているクリニックについて、使用している脱毛器の種類と特徴をまとめました。

脱毛器によって痛みの少なさや、対応している毛質がことなります。

痛みが心配な人は、痛みが少ない脱毛器を使用しているかどうか、また効果が気になる人はVIOの濃い毛に対応している脱毛器を使用しいているかどうかを確認することが大切です。

脱毛器の種類と特徴
クリニック名 脱毛器の種類と特徴
レジーナクリニック ソプラノアイス・プラチナム
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが少ない

ジェントルレーズプロ
  • ・濃い毛に対応可
  • ・痛みはやや弱い
リゼクリニック メディオスターNeXTPRO
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが少ない

ライトシェアデュエット
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが弱い

ジェントルYAG
  • ・太く濃い毛に適している
  • ・痛みが強い
アリシアクリニック ソプラノチタニウム
  • ・太く濃い毛に適している
  • ・痛みが弱い

スプレンダーX
  • ・太く濃い毛に適している
  • ・痛みがやや弱い

ジェントルレーズプロ
  • ・濃い毛に対応可
  • ・痛みがやや弱い

ライトシェアデュエット
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが弱い
フレイアクリニック メディオスターNeXTPRO
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが弱い

アリー
  • ・濃い毛や薄い毛に対応可
  • ・痛みが弱い
SBC湘南美容クリニック ジェントルレーズプロ
  • ・濃い毛に対応可
  • ・痛みはやや弱い

IPL方式の脱毛器
  • ・濃い毛に適している
  • ・痛みがやや強い

クリニックごとに使用している脱毛器の種類はことなり、対応している毛質や痛みなど、その特徴も違いがあります。

VIOに生えているような濃い毛の脱毛に適した脱毛器や、濃い毛と薄い毛のどちらにも対応している脱毛器を使用しているクリニックが多いです。

クリニックで使用している脱毛器の中には、痛みが少ない脱毛器もあるため、痛みが心配な人は脱毛器の痛みの少なさを基準に選ぶのも手です。

VIO脱毛は痛い?クリニックの麻酔と痛みの軽減方法

痛みの感じ方は個人差があるため脱毛の痛みについて一概に断言することはできません。

ただVIO脱毛は粘膜の近くや粘膜を照射するため、一般的に全身の中でも痛みが出やすい部位とされています。

クリニックでは痛みが心配な人に向けて麻酔を用意しているため、麻酔を使用してVIO脱毛の痛みを軽減することができます。

クリニックごとの用意されている麻酔の種類と料金をまとめました。

麻酔の種類と料金まとめ表
クリニック 麻酔の種類と料金
レジーナクリニック 無料の麻酔クリームあり
リゼクリニック
  • ・麻酔クリーム…1回/3,000円(税抜)
  • ・笑気麻酔…30分/3,000円(税抜)
アリシアクリニック
  • ・塗り麻酔…1部位/3,000円
  • ・笑気麻酔…1回/10,000円
フレイアクリニック 無料の麻酔クリームあり
SBC湘南美容クリニック 笑気ガス麻酔:1回2,000円
※価格はすべて税抜です。

麻酔の種類は皮膚に塗るタイプの麻酔クリームと、吸入器で吸うガスタイプの笑気ガス麻酔の2種類があります。

麻酔クリームは無料のクリニックと有料のクリニックがありました。

笑気ガス麻酔は有料のクリニックがほとんどで、麻酔の料金は1,000円程度~3,000円程度です。

編集部Yuko

肌が乾燥している時や体調不良時に脱毛をすると痛みが出やすいから、普段から肌の保湿を心掛けたり体調不良時に脱毛を避けたりすることでVIO脱毛の痛みを軽減できるよ!

レジーナクリニックはVIO脱毛5回が84,000円

レジーナクリニックのVIO脱毛5回プランは84,000円(税抜)で、脱毛1回あたり16,800円(税抜)で行えます。

Vラインの形はベーシックな5種類から選べるほか、オリジナルデザインにすることが可能です。

粘膜に近い部分や粘膜部分も照射できるなど脱毛範囲の自由度が高いのが特徴的です。

痛みが心配な人は無料の麻酔クリームを使用できるのもポイントです。

クリニックのVIO脱毛についてくわしく知りたい方はこちら

VIO脱毛プランがある医療脱毛クリニック6選!料金や脱毛範囲・痛みについて

デリケートゾーンの脱毛!肌への影響をチェック

VIOは皮膚が薄く、粘膜もあるデリケートな部位なため、脱毛による肌への影響も少なからずあります。

デリケートゾーンの脱毛で肌へどのような影響があるかと、対処方法をまとめたので脱毛による肌への影響が心配な人は参考にしてください。

肌への影響について

VIO脱毛で起こる可能性がある肌への影響は以下です。

脱毛による肌への影響
  • 毛穴にプツプツと跡が残る
  • 肌に赤みがでる
  • 乾燥する
毛穴にプツプツと跡が残る

VIOの脱毛後には毛穴にプツプツと跡が残る場合があります。

照射の刺激を受けたことによって一時的に毛穴に赤みが出ますが、時間とともに薄くなっていく場合が多いです。

ただ、いつまでも照射の跡が残っている場合は脱毛したクリニックに相談してください。

肌に赤みがでる

脱毛後は肌全体に赤みがでる場合もあります。一時的なもので、数時間~1日程度で薄くなることがほとんどです。

ただし、何日たっても赤みが引かない場合や、赤みがかなり濃く感じる場合はクリニックに相談し、医師による治療を受けてください。

乾燥する

デリケートなVIOの脱毛に限らず、脱毛をすると肌は乾燥しやすくなります。

脱毛をした後に保湿ローションなどで脱毛部位を保湿することで乾燥を防ぐことができます。

デリケートゾーンが脱毛後に荒れた場合の対処法

サロンでは脱毛後に保湿ジェルを塗布して肌のケアをしてくれるところが多いです。

またクリニックと提携しているサロンの場合、脱毛によって肌が荒れた際に医師に診てもらえることがあります。

クリニックの場合は医師が常駐しているため、脱毛で肌に問題が生じた場合、医師による診察と治療を受けられます。

脱毛後の肌荒れなどが心配な人は、どのようなアフターケアをしてもらえるかを確認しておくことも大切です。

自宅でVIO脱毛する方法

VIO脱毛は、サロンやクリニックだけでなく自宅でおこなうことも可能です。

方法によって、メリットやデメリットがあるため、自宅でのVIO脱毛を検討している人は参考にしてみて下さい。

自宅でVIO脱毛をおこなう方法は主に以下の2つがあります。

自宅でVIO脱毛する方法
  • 家庭用脱毛器
  • ワックス脱毛

家庭用脱毛器

家庭用の脱毛器であれば、サロンやクリニックに移動する必要がなく、自宅でいつでもVIO脱毛をおこなえます。

ただし、家庭用脱毛器の場合、自分の目で脱毛部位を確認しながら照射をおこなうので、サロンやクリニックでスタッフに照射してもらうよりも大変な面もあります。

自分で確認しながらVIO脱毛をしたいという人は、家庭用脱毛器を選択するのも手です。

VIO脱毛に適した家庭用脱毛器について詳しく知りたい方はこちら

VIOができる家庭用脱毛器おすすめ4選!痛みのないやり方や経過を解説

ワックス脱毛

ワックスを使用して脱毛をおこなうワックス脱毛も、自宅でVIO脱毛をおこなうことができます。

ワックス脱毛はワックスを脱毛部位に塗布してはがし、毛根から毛を引き抜く方法で、2~3週間は毛の少ない状態を保つことができます。

出費を抑えてVIO脱毛をすることができますが、少しテクニックが必要なことと、毛を引きぬく際に痛みが出やすいという特徴があります。

編集部Yuko

自宅でVIO脱毛をする方法は主に2種類あるよ!メリットやデメリット、それぞれの特徴をふまえて自分に合った方法を選ぼう!

VIO脱毛の気になるポイント

男性はVIO脱毛ができますか?
男性用の脱毛サロンや医療脱毛クリニックでVIO脱毛を行うことができます。

女性のサロンやクリニックよりも数は少ないですが、男性のサロンやクリニックもあり、VIO脱毛を行うことができます。
ヒゲ脱毛や全身脱毛などとともにVIO脱毛も需要があります。

VIO脱毛の前の自己処理はどのようにすればいいですか?
ハサミと電気シェーバーで処理します。

VIOの毛が長い場合は最初にハサミで毛を短くカットし、電気シェーバーでシェービングするとスムーズに処理できます。

VIO脱毛の場合、毛の自己処理がしてある部分を照射してもらえることが多いので、自己処理の際は希望する形に毛を残してください。

Oラインは手が届きにくい部位のため、シェービングをしていかなくてもスタッフにシェービングをしてもらえるところがほとんどです。

VIOの毛の自己処理をするとチクチクしますが、予防できますか?
VIO用の電気シェーバーでチクチク感を軽減することができます。

脱毛前の毛の自己処理は電気シェーバーが推奨されていますが、VIOの毛の自己処理をする際は、VIO用の電気シェーバーを使用すると毛が肌に当たってチクチクするのを予防できます。

通常の電気シェーバーは刃で毛をカットしていきますが、VIO用の電気シェーバーは熱を使って毛をカットするため、カットした毛の先端が丸くなりチクチク感を減らせます。

VIO脱毛の時にスタッフに見られるのが恥ずかしいです。何か対処してくれますか?
体にタオルをかけて、照射する部位だけタオルをずらしながら脱毛してもらえます。

VIO脱毛の際は、照射しない部分はタオルで隠れており、照射する場所だけタオルを少しずつずらしながら脱毛を行ってもらえるため、恥ずかしさが軽減します。
さらに脱毛中は顔にタオルをのせるか、目にゴーグルを当ててもらう場合がほとんどのため、脱毛している様子が自分では見えず、恥ずかしさを感じにくくなっています。


レジーナクリニックはVIO脱毛5回が84,000円

レジーナクリニックのVIO脱毛5回プランの料金は84,000円(税抜)で、脱毛1回あたり16,800円(税抜)です。

Vラインの形は5種類から選べ、さらに自分のオリジナルデザインにしてもらうこともできます。

レジーナは粘膜部分も照射可能で、脱毛範囲の自由度が高いのが特徴的です。

痛みが心配な人は無料の麻酔クリームが利用できます。

記事閲覧数 ランキング